UIElement.CommandBindings UIElement.CommandBindings UIElement.CommandBindings UIElement.CommandBindings Property

定義

この要素に関連付けられている CommandBinding オブジェクトのコレクションを取得します。 CommandBinding は、この要素のコマンド処理を有効にし、コマンド、コマンドのイベント、およびこの要素によってアタッチされるハンドラーの間の関連を宣言します。

public:
 property System::Windows::Input::CommandBindingCollection ^ CommandBindings { System::Windows::Input::CommandBindingCollection ^ get(); };
public System.Windows.Input.CommandBindingCollection CommandBindings { get; }
member this.CommandBindings : System.Windows.Input.CommandBindingCollection
Public ReadOnly Property CommandBindings As CommandBindingCollection

プロパティ値

次の例では、追加、CommandBindingマークアップを使用してウィンドウにします。 なおXAML、CommandBindingCollectionマークアップには、要素として宣言されていないコレクション オブジェクトが、このプロパティは、型によって推論され、1 つ以上を持つプロパティ要素の値を設定するCommandBinding要素。

<Window.CommandBindings>
  <CommandBinding Command="ApplicationCommands.Open"
                  Executed="OpenCmdExecuted"
                  CanExecute="OpenCmdCanExecute"/>
</Window.CommandBindings>

詳細については、XAMLのコレクションの構文を参照してくださいXAML 構文の詳細します。

次の例は、基本的に同じコードで実行します。

// Creating CommandBinding and attaching an Executed and CanExecute handler
CommandBinding OpenCmdBinding = new CommandBinding(
    ApplicationCommands.Open,
    OpenCmdExecuted,
    OpenCmdCanExecute);

this.CommandBindings.Add(OpenCmdBinding);
' Creating CommandBinding and attaching an Executed and CanExecute handler
Dim OpenCmdBinding As New CommandBinding(ApplicationCommands.Open, AddressOf OpenCmdExecuted, AddressOf OpenCmdCanExecute)

Me.CommandBindings.Add(OpenCmdBinding)

注釈

もう 1 つの一般的な方法を設定する、CommandBindingsコレクションは、使用するCommandManagerメソッド プログラムを使用します。

XAML プロパティ要素の使用

<object>
  <object.CommandBindings>
    oneOrMoreCommandBindings
  </object.CommandBindings>
</object>

XAML 値

oneOrMoreCommandBindings 1 つまたは複数CommandBinding要素。 これらの必要がありますが、Command属性、既知のコマンドに設定され、に対して属性が設定、CanExecuteExecutedハンドラーの実装。 詳細については、「CommandBinding」を参照してください。

適用対象

こちらもご覧ください