UIElement.InputHitTest(Point) メソッド

定義

現在の要素の原点からの指定した相対座標にある、現在の要素内の入力要素を返します。Returns the input element within the current element that is at the specified coordinates, relative to the current element's origin.

public:
 System::Windows::IInputElement ^ InputHitTest(System::Windows::Point point);
public System.Windows.IInputElement InputHitTest (System.Windows.Point point);
member this.InputHitTest : System.Windows.Point -> System.Windows.IInputElement

パラメーター

point
Point

この要素内のオフセット座標。The offset coordinates within this element.

戻り値

指定した位置にある子要素。The element child that is located at the given position.

注釈

IInputElement が戻り値の型として返されるのは、その型が UIElementContentElementの両方に共通のインターフェイスであるためです。IInputElement is returned as the return type, because that type is a common interface for both UIElement and ContentElement. 次に、戻り値の型を適切にキャストするか、IInputElement インターフェイスで定義されている特定のメンバーに対してインターフェイスインスタンスを使用します。You can then cast the return type appropriately, or use the interface instance for certain members that are defined by the IInputElement interface.

このメソッドは、通常、アプリケーションコードからは呼び出されません。This method typically is not called from your application code. このメソッドを呼び出すことができるのは、マウスデバイスロジックの再作成など、既に存在する低レベルの入力特徴を大量に再実装する場合のみです。Calling this method is only appropriate if you intend to re-implement a substantial amount of the low level input features that are already present, such as recreating mouse device logic.

IContentHost は、同じシグネチャを持つ InputHitTest メソッドをコントラクトします。これは、一部の要素が明示的に実装することを選択します。IContentHost contracts an InputHitTest method with the same signature, which some elements choose to implement explicitly.

適用対象