UIElement.InvalidateVisual メソッド

定義

要素の描画を無効にして、新しい完全なレイアウト パスを強制します。Invalidates the rendering of the element, and forces a complete new layout pass. レイアウト サイクルが完了した後に、OnRender(DrawingContext) が呼び出されます。OnRender(DrawingContext) is called after the layout cycle is completed.

public:
 void InvalidateVisual();
public void InvalidateVisual ();
member this.InvalidateVisual : unit -> unit
Public Sub InvalidateVisual ()

注釈

このメソッドは InvalidateArrange を内部的に呼び出します。This method calls InvalidateArrange internally.

このメソッドは、通常、アプリケーションコードからは呼び出されません。This method is not generally called from your application code. WPF フレームワークレベルのレイアウトシステムは、要素のビジュアルツリー内の変更に対して独自の処理を行います。また、必要に応じて、このメソッドに相当するものを呼び出します。The WPF framework-level layout system does its own handling of changes in the visual tree of an element, and would be calling the equivalent of this method when necessary already. このメソッドの呼び出しは、高度なシナリオに対してのみ必要です。Calling this method is necessary only for advanced scenarios. このような高度なシナリオの1つとして、Freezable にない依存関係プロパティの PropertyChangedCallback を作成する場合や、変更時にレイアウトに影響を与える派生クラス FrameworkElement する場合があります。One such advanced scenario is if you are creating a PropertyChangedCallback for a dependency property that is not on a Freezable or FrameworkElement derived class that still influences the layout when it changes.

適用対象

こちらもご覧ください