UIElement.IsEnabledCore プロパティ

定義

派生クラス内で IsEnabled の戻り値になる値を取得します。Gets a value that becomes the return value of IsEnabled in derived classes.

protected:
 virtual property bool IsEnabledCore { bool get(); };
protected virtual bool IsEnabledCore { get; }
member this.IsEnabledCore : bool
Protected Overridable ReadOnly Property IsEnabledCore As Boolean

プロパティ値

要素が有効な場合は true、それ以外の場合は falsetrue if the element is enabled; otherwise, false.

注意 (継承者)

このプロパティの既定の実装では、値がキャッシュされ、この要素の親要素が有効になっているかどうかも計算されます。The default implementation of this property caches the value and also calculates whether the parent element of this element is enabled. (親が有効になっていない場合、子要素を実用的な ユーザー インターフェイス (UI)user interface (UI)で効果的に有効にすることはできません)。この実装をオーバーライドする場合は、この動作を維持するために基本実装を呼び出すようにしてください。(If the parent is not enabled, the child element cannot be effectively enabled in practical ユーザー インターフェイス (UI)user interface (UI).) If you choose to override this implementation, make certain that you call the base implementation to preserve this behavior.

ScrollBar クラスは、このプロパティの既存のオーバーライド実装を提供します。The ScrollBar class provides an existing override implementation of this property. この上書きは、コンテンツプレゼンテーション領域内のコンテンツが使用可能な領域を超えているかどうかを判断します。This override determines whether the content inside the content presentation area exceeds the available area. コンテンツが領域を超えている場合は、スクロールバーの部分が有効になります。If the content does exceed the area, the scrollbar portion is enabled. それ以外の場合、スクロールバーは有効になりません。Otherwise, the scrollbar is not enabled.

適用対象

こちらもご覧ください