UIElement.ManipulationInertiaStarting イベント

定義

入力デバイスが操作中に UIElement オブジェクトとの接続を失い、慣性による処理が開始されると発生します。

public:
 event EventHandler<System::Windows::Input::ManipulationInertiaStartingEventArgs ^> ^ ManipulationInertiaStarting;
public event EventHandler<System.Windows.Input.ManipulationInertiaStartingEventArgs> ManipulationInertiaStarting;
member this.ManipulationInertiaStarting : EventHandler<System.Windows.Input.ManipulationInertiaStartingEventArgs> 
Public Custom Event ManipulationInertiaStarting As EventHandler(Of ManipulationInertiaStartingEventArgs) 

イベントの種類

EventHandler<ManipulationInertiaStartingEventArgs>

次の例は、イベント ハンドラーを示し、慣性の間に使用される移動、拡大、回転に必要な減速 ManipulationInertiaStarting を設定します。 この例は、「チュートリアル: 初めてのタッチ アプリケーションの作成 」の大きな例の一部です

void Window_InertiaStarting(object sender, ManipulationInertiaStartingEventArgs e)
{

    // Decrease the velocity of the Rectangle's movement by 
    // 10 inches per second every second.
    // (10 inches * 96 pixels per inch / 1000ms^2)
    e.TranslationBehavior.DesiredDeceleration = 10.0 * 96.0 / (1000.0 * 1000.0);

    // Decrease the velocity of the Rectangle's resizing by 
    // 0.1 inches per second every second.
    // (0.1 inches * 96 pixels per inch / (1000ms^2)
    e.ExpansionBehavior.DesiredDeceleration = 0.1 * 96 / (1000.0 * 1000.0);

    // Decrease the velocity of the Rectangle's rotation rate by 
    // 2 rotations per second every second.
    // (2 * 360 degrees / (1000ms^2)
    e.RotationBehavior.DesiredDeceleration = 720 / (1000.0 * 1000.0);

    e.Handled = true;
}
Private Sub Window_InertiaStarting(ByVal sender As Object,
                                   ByVal e As ManipulationInertiaStartingEventArgs)

    ' Decrease the velocity of the Rectangle's movement by 
    ' 10 inches per second every second.
    ' (10 inches * 96 pixels per inch / 1000ms^2)
    e.TranslationBehavior.DesiredDeceleration = 10.0 * 96.0 / (1000.0 * 1000.0)

    ' Decrease the velocity of the Rectangle's resizing by 
    ' 0.1 inches per second every second.
    ' (0.1 inches * 96 pixels per inch / (1000ms^2)
    e.ExpansionBehavior.DesiredDeceleration = 0.1 * 96 / (1000.0 * 1000.0)

    ' Decrease the velocity of the Rectangle's rotation rate by 
    ' 2 rotations per second every second.
    ' (2 * 360 degrees / (1000ms^2)
    e.RotationBehavior.DesiredDeceleration = 720 / (1000.0 * 1000.0)

    e.Handled = True
End Sub

注釈

イベント ManipulationInertiaStarting は、操作中にユーザーが画面からすべての指を持ち上げるときに発生します。 たとえば、ユーザーが画面全体に を "スロー" した場合、ユーザーは に触れてアクションを開始し、画面を指で短い距離だけ移動してから、 を UIElement UIElement 離します UIElement 。 ユーザーが要素を解放すると、慣性が開始され、 ManipulationInertiaStarting イベントが発生します。 は UIElement 、 要素で ManipulationDelta 慣性が発生しているというイベントを引き続き受信します。

このイベントを使用して、慣性の動作を指定できます。 たとえば、慣性が始まるときに使用される初期速度を設定できます。 慣性の量を指定するには、目的の減速を設定するか、目的の配置を設定します。 これらの値は、操作の種類 (翻訳、展開、回転) ごとに個別に設定できます。 詳細については、「ManipulationInertiaStartingEventArgs」を参照してください。

操作の詳細については、「入力の概要」 を参照してください。 操作に応答するアプリケーションの例については、「チュートリアル: 初めてのタッチ アプリケーションの作成 」を参照してください

ルーティングされたイベント情報

識別子フィールド ManipulationInertiaStartingEvent
ルーティング戦略 バブル
代理人 EventHandler<TEventArgs> 型の ManipulationInertiaStartingEventArgs

適用対象