UIElement.ManipulationStarting UIElement.ManipulationStarting UIElement.ManipulationStarting UIElement.ManipulationStarting Event

定義

操作プロセッサを初めて作成するときに発生します。

public:
 event EventHandler<System::Windows::Input::ManipulationStartingEventArgs ^> ^ ManipulationStarting;
public event EventHandler<System.Windows.Input.ManipulationStartingEventArgs> ManipulationStarting;
member this.ManipulationStarting : EventHandler<System.Windows.Input.ManipulationStartingEventArgs> 
Public Custom Event ManipulationStarting As EventHandler(Of ManipulationStartingEventArgs) 

次の例では、イベントのイベント ハンドラー、ManipulationStartingイベントとセット、ManipulationContainer操作の座標は親要素に対する相対的なように操作イベントを受信する親要素にします。 この例の例ではチュートリアル。初めてのタッチ アプリケーションを作成するします。

void Window_ManipulationStarting(object sender, ManipulationStartingEventArgs e)
{
    e.ManipulationContainer = this;
    e.Handled = true;
}
Private Sub Window_ManipulationStarting(ByVal sender As Object, ByVal e As ManipulationStartingEventArgs)
    e.ManipulationContainer = Me
    e.Handled = True
End Sub

注釈

ManipulationStartingイベントを持つ要素で発生する、IsManipulationEnabledプロパティに設定trueにユーザーの指が。 既定では、後続の操作イベントを持つ要素を基準とした操作の位置を報告IsManipulationEnabled設定trueします。 設定を位置は別の要素を基準としたことを指定することができます、ManipulationContainerプロパティ。 たとえば、要素の親に対する相対的な操作を行うことができます。

イベント ハンドラーでは、次を実行することもできますManipulationStarting:。

操作の詳細については、次を参照してください。、入力の概要します。 操作に応答するアプリケーションの例は、次を参照してください。チュートリアル。初めてのタッチ アプリケーションを作成するします。

ルーティングされたイベント情報

識別子フィールドです。 ManipulationStartingEvent
ルーティング方法 バブル
Delegate EventHandler<TEventArgs> 型の ManipulationStartingEventArgs

適用対象