UIElement.MouseRightButtonDown UIElement.MouseRightButtonDown UIElement.MouseRightButtonDown UIElement.MouseRightButtonDown Event

定義

この要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの右ボタンが押されたときに発生します。Occurs when the right mouse button is pressed while the mouse pointer is over this element.

public:
 virtual event System::Windows::Input::MouseButtonEventHandler ^ MouseRightButtonDown;
public event System.Windows.Input.MouseButtonEventHandler MouseRightButtonDown;
member this.MouseRightButtonDown : System.Windows.Input.MouseButtonEventHandler 
Public Custom Event MouseRightButtonDown As MouseButtonEventHandler 

実装

注釈

このルーティング イベント要素ツリー ルートをバブルに従うよう、直接ルーティング イベントが発生し、それぞれで、要素ツリーに沿って reraised を実際にはUIElementします。Although this routed event seems to follow a bubbling route through an element tree, it actually is a direct routed event that is raised and reraised along the element tree by each UIElement.

このイベントは、基になるのマウス ボタンの詳細を報告する複数の関連イベントのいずれかのMouse.MouseDown添付イベントをイベント ルート上の各要素によって処理されるは、そのイベント。This event is one of several related events that report the mouse-button specifics of an underlying Mouse.MouseDown event, which is an attached event that is processed by each element along an event route.

このイベントのイベント データは、基になるイベントのデータを公開Mouse.MouseDownイベント。The event data of this event exposes the event data of the underlying Mouse.MouseDown event. そのイベントがイベント ルート上で処理済みとしてマークすると、マウス ボタンの特定のイベントも発生します。ただし、明示的に呼び出すことによって、マウス ボタンの特定のイベント ハンドラーを追加する必要がありますAddHandler、処理済みとしてマークされているイベントを処理するために、イベント リスナーをするためには、オプションを使用します。If that event is marked as handled along the event route, the mouse-button specific events are still raised; however, handlers of the mouse-button specific events must be added by explicitly calling AddHandler, with the option to handle events that are already marked as handled, in order to be listeners to the event. マークした場合MouseRightButtonDown、処理は本質的にマークしてMouse.MouseDown経路、さらにすべてのリスナーは自動的に処理およびすべての関連するイベントです。If you mark MouseRightButtonDown handled, you are essentially marking Mouse.MouseDown handled for all further listeners along the route, and on all related events. これは、可能性がありますが含まれていますクラス ハンドラーが生成されたイベントにはなどMouseDoubleClickします。This possibly includes class-handler generated events such as MouseDoubleClick.

概念的には、このイベントと考える (とその他のマウス ボタンのイベントのUIElement) マウス「サービス」にする (によって提供されるサービスの定義で、Mouseクラス)。Conceptually, think of this event (and other mouse-button events on UIElement) to be a mouse "service" (with the service definition provided by the Mouse class). イベントは、イベント データの元のマウス イベントのマウス ボタンの状態 (左、右、上下) を確認する必要がないという利便性を追加します。The event adds the convenience of not needing to check the mouse button states (left-right, up-down) of the original mouse events in the event data. 非標準のボタンの状態のチェックより高度なシナリオを使用する必要があります、APIAPIs上、Mouseものではなくクラスに対するUIElementします。For more advanced scenarios, such as checking for states of non-standard buttons, you might need to use the APIAPIs on the Mouse class rather than those on UIElement.

右側のボタンのマウス イベントは、アプリケーションのシナリオでネイティブ処理を頻繁にあります。Right button mouse events frequently have native handling in application scenarios. たとえば、マウスの右ボタンを押したままは、コンテキスト メニューを表示することがあります。For instance, a right mouse button down might display a context menu. 参照してくださいContextMenu の概要します。See ContextMenu Overview.

ルーティングされたイベント情報Routed Event Information

識別子フィールドです。Identifier field MouseRightButtonDownEvent
ルーティング方法Routing strategy 直接Direct
DelegateDelegate MouseButtonEventHandler
  • オーバーライドOnMouseRightButtonDown派生クラスでは、このイベントに対するクラス処理を実装します。Override OnMouseRightButtonDown to implement class handling for this event in derived classes.

適用対象

こちらもご覧ください