UIElement.MouseRightButtonUp イベント

定義

この要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの右ボタンが離されたときに発生します。

public:
 virtual event System::Windows::Input::MouseButtonEventHandler ^ MouseRightButtonUp;
public event System.Windows.Input.MouseButtonEventHandler MouseRightButtonUp;
member this.MouseRightButtonUp : System.Windows.Input.MouseButtonEventHandler 
Public Custom Event MouseRightButtonUp As MouseButtonEventHandler 

イベントの種類

MouseButtonEventHandler

実装

注釈

このルーティング イベント は、要素ツリーを介したバブル ルートに従っているようですが、実際には、各 によって要素ツリーに沿って発生および再評価される直接ルーティング イベントです UIElement

このイベントは、基になるイベントのマウス ボタンの詳細を報告するいくつかの関連イベントの 1 つで、イベント ルートに沿って各要素によって処理される添付イベント Mouse.MouseUp です。

このイベントのイベント データは、基になるイベントのイベント データを公開 Mouse.MouseUp します。 そのイベントがイベント ルートに沿って処理済みとしてマークされている場合、マウス ボタン固有のイベントは引き続き発生します。ただし、マウス ボタン固有のイベントのハンドラーは、 を明示的に呼び出して追加する必要があります。イベントのリスナーとして指定するには、既に処理済みとしてマークされているイベントを処理するオプションを指定します AddHandler 。 [処理済み] をマークすると、基本的に、ルートに沿って、およびすべての関連イベントに対して、それ以上のすべてのリスナーに対して処理済み MouseRightButtonUp Mouse.MouseDown としてマークされます。

概念的には、このイベント (および の他のマウス ボタン イベント) は、マウスの "サービス" (クラスによって提供されるサービス定義) UIElement と考 Mouse えてください。 イベントにより、イベント データ内の元のマウス イベントのマウス ボタンの状態 (左から右、上へ) を確認する必要がないという利便性が向上します。 非標準ボタンの状態の確認など、より高度なシナリオでは、 の API ではなく、 クラスで API を使用する Mouse 必要がある場合があります UIElement

ルーティングされたイベント情報

識別子フィールド MouseRightButtonUpEvent
ルーティング戦略 直接
代理人 MouseButtonEventHandler
  • 派生 OnMouseRightButtonUp クラスでこのイベントのクラス処理を実装するには、 をオーバーライドします。

適用対象

こちらもご覧ください