UIElement.OnAccessKey(AccessKeyEventArgs) メソッド

定義

この要素に対して有効なアクセス キーが呼び出されたときのクラス処理を提供します。Provides class handling for when an access key that is meaningful for this element is invoked.

protected:
 virtual void OnAccessKey(System::Windows::Input::AccessKeyEventArgs ^ e);
protected virtual void OnAccessKey (System.Windows.Input.AccessKeyEventArgs e);
abstract member OnAccessKey : System.Windows.Input.AccessKeyEventArgs -> unit
override this.OnAccessKey : System.Windows.Input.AccessKeyEventArgs -> unit
Protected Overridable Sub OnAccessKey (e As AccessKeyEventArgs)

パラメーター

e
AccessKeyEventArgs

アクセス キー イベントのイベント データ。The event data to the access key event. イベント データは、呼び出されたキーを報告し、これらのイベントの送信を制御する AccessKeyManager オブジェクトが、このアクセス キーの呼び出しを他の要素にも送信したかどうかを示します。The event data reports which key was invoked, and indicate whether the AccessKeyManager object that controls the sending of these events also sent this access key invocation to other elements.

注釈

UIElement クラス、またはその他の場所に実際の AccessKey イベントは存在しません。これは、のハンドラーを発生させたりアタッチしたりすることができます。There is no actual AccessKey event in the UIElement class, or elsewhere, which you can raise or attach handlers for. 代わりに、イベントは専用のマネージャークラス (AccessKeyManager) によって生成されます。このクラスは、入力モデル全体に適用されるアクセスキーを検索するためにすべての入力を後処理します。Instead, the event is originated via a dedicated manager class, AccessKeyManager, which post-processes all input to search for access keys that are applicable to the entire input model.

注意 (継承者)

UIElement でのこのメソッドの既定の実装では、Focus()を呼び出すことによって、この要素にキーボードフォーカスを設定します。The default implementation of this method in UIElement sets keyboard focus to this element (by calling Focus()). ユーザー補助のシナリオでは想定される動作なので、フォーカスがある場合、実装はこの動作を perpetuate 必要があります。Implementations should perpetuate this behavior if they are focusable, because it is an expected behavior for accessibility scenarios. 基本実装では、渡されたイベントデータに対しては何も実行されず、それ以上イベントは発生しません。フォーカスを設定するだけです。Note that the base implementation does nothing with the passed event data and raises no further event; it just sets the focus.

適用対象