UIElement.OnIsStylusDirectlyOverChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs) UIElement.OnIsStylusDirectlyOverChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs) UIElement.OnIsStylusDirectlyOverChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs) UIElement.OnIsStylusDirectlyOverChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs) Method

定義

この要素上でハンドルされない IsStylusDirectlyOverChanged イベントが発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

protected:
 virtual void OnIsStylusDirectlyOverChanged(System::Windows::DependencyPropertyChangedEventArgs e);
protected virtual void OnIsStylusDirectlyOverChanged (System.Windows.DependencyPropertyChangedEventArgs e);
abstract member OnIsStylusDirectlyOverChanged : System.Windows.DependencyPropertyChangedEventArgs -> unit
override this.OnIsStylusDirectlyOverChanged : System.Windows.DependencyPropertyChangedEventArgs -> unit
Protected Overridable Sub OnIsStylusDirectlyOverChanged (e As DependencyPropertyChangedEventArgs)

パラメーター

注釈

この仮想メソッドが発生したときの値、IsStylusDirectlyOver依存関係プロパティの値が変化します。 仮想メソッドでは、最初に発生しますが、必要に応じて、イベント データを操作できます。 次に、IsStylusDirectlyOverChanged同じイベント データ インスタンスをイベントが発生します。 イベントは、ルーティング イベントではないことを確認します。 そのため、クラスのハンドラーで処理されるようにマークすることはできません。

このメソッドには、既定の実装がありません。 継承の中間クラスには、このメソッドを実装があります、ために、実装の基本実装を呼び出すことをお勧めします。 呼び出すことができます基本前に、または後、特別な処理の要件に応じて。

適用対象