UIElement.OnMouseLeftButtonDown(MouseButtonEventArgs) メソッド

定義

この要素上で未処理の MouseLeftButtonDown ルーティング イベントが発生したときに呼び出されます。Invoked when an unhandled MouseLeftButtonDown routed event is raised on this element. このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。Implement this method to add class handling for this event.

protected:
 virtual void OnMouseLeftButtonDown(System::Windows::Input::MouseButtonEventArgs ^ e);
protected virtual void OnMouseLeftButtonDown (System.Windows.Input.MouseButtonEventArgs e);
abstract member OnMouseLeftButtonDown : System.Windows.Input.MouseButtonEventArgs -> unit
override this.OnMouseLeftButtonDown : System.Windows.Input.MouseButtonEventArgs -> unit
Protected Overridable Sub OnMouseLeftButtonDown (e As MouseButtonEventArgs)

パラメーター

e
MouseButtonEventArgs

イベント データを格納している MouseButtonEventArgsThe MouseButtonEventArgs that contains the event data. このイベント データは、マウスの左ボタンが押されたことを報告します。The event data reports that the left mouse button was pressed.

注釈

MouseLeftButtonDownイベントはバブルルートを移動するように見えますが、実際には間接的に移動します。The MouseLeftButtonDown event appears to travel a bubbling route but actually travels in an indirect way. Mouse.MouseDown は、バブルルーティングされる基になるイベントです UIElement 。イベントルートに沿って、それぞれが同一の処理を使用して直接ルーティングイベントを発生させ MouseLeftButtonDown ます。Mouse.MouseDown is the underlying event that is bubble routed, and each UIElement along the event route uses identical handling to raise the direct routed event MouseLeftButtonDown. MouseLeftButtonDownこの要素の目的のためにイベントを処理済みとしてマークできますが、処理された状態は、イベントルートに沿った他の要素には perpetuate ません。Although you can mark the MouseLeftButtonDown event as handled for purposes of this element, the handled state does not perpetuate to other elements along the event route. ただし、一般的なインスタンスハンドラー (が指定されていないもの) が呼び出されないようにするために、イベントを処理済みとしてマークすることもでき handledEventsToo ます。However, you might want to mark the event as handled in order to prevent general instance handlers (those that did not specify handledEventsToo) from being invoked.

での一般的なマウスイベント処理の既定の実装では、 UIElement をリッスン Mouse.MouseDown し、適切なローカルイベントに変換します。The default implementation for general mouse event handling in UIElement listens for Mouse.MouseDown and converts it to an appropriate local event. このロジックをオーバーライドする場合は、派生クラスを作成する必要があります。If you want to override this logic, you must create a derived class. 派生クラスの静的コンストラクターで、の代替クラスハンドラーを登録し Mouse.MouseDown ます。In the static constructor of your derived class, register an alternative class handler for Mouse.MouseDown. UIElement オーバーライドすることにより、のマウス処理動作を変更することはできません OnMouseLeftButtonDownYou cannot change the mouse handling behavior of UIElement by overriding OnMouseLeftButtonDown.

または、特定のマウス状態のイベント処理を変更するために、このメソッドをオーバーライドすることもできます。Alternatively, you can override this method in order to change event handling for a specific mouse state. 基本実装の呼び出しを選択するかどうかは、シナリオによって異なります。Whether you choose to call the base implementation depends on your scenario. Base を呼び出さないと、を呼び出すことが期待される先祖クラスで、そのマウスイベントの既定の入力処理が無効になり OnMouseLeftButtonDown ます。Failing to call base disables default input handling for that mouse event on ancestor classes that also expect to invoke OnMouseLeftButtonDown. たとえば、派生クラスのから派生 Button し、 OnMouseLeftButtonDown 基本実装を呼び出さずにオーバーライドできます。ただし、このオーバーライドによってイベントは無効になります。 ClickFor example, you can derive from Button and override OnMouseLeftButtonDown in your derived class without calling the base implementation; however, this override disables the Click event.

適用対象