UIElement.Opacity プロパティ

定義

UIElementユーザー インターフェイス (UI)user interface (UI) に表示する際に、その全体に適用される不透明度率を取得または設定します。Gets or sets the opacity factor applied to the entire UIElement when it is rendered in the ユーザー インターフェイス (UI)user interface (UI). これは依存関係プロパティです。This is a dependency property.

public:
 property double Opacity { double get(); void set(double value); };
[System.Windows.Localizability(System.Windows.LocalizationCategory.None, Readability=System.Windows.Readability.Unreadable)]
public double Opacity { get; set; }
member this.Opacity : double with get, set
Public Property Opacity As Double

プロパティ値

不透明度率。The opacity factor. 既定の不透明度は 1.0 です。Default opacity is 1.0. 予期される値は 0 0 ~ 1.0 です。Expected values are between 0.0 and 1.0.

属性

注釈

1.0 既定値は、UIElement クラスのこの依存関係プロパティの初期メタデータによって提供される既定値です。The 1.0 default value is the default provided by the initial metadata of this dependency property on the UIElement class. その他の派生クラスは、クラスコンストラクター内からメタデータをオーバーライドすることによって、この既定値を変更する可能性があります。Other derived classes may potentially change this default value by overriding the metadata from within their class constructor.

要素が表示されている場合 (IsVisibletrue) を除き、Opacity の値は実際のレイアウトには適用されません。The value of Opacity won't be applied to actual layout unless the element is also visible (IsVisible is true).

Opacity は、要素ツリーの下位にある親要素から子要素に適用されますが、入れ子になった不透明度設定の可視効果は、個々の子要素のプロパティ値には示されません。Opacity is applied from parent elements on down the element tree to child elements, but the visible effects of the nested opacity settings aren't indicated in the property value of individual child elements. たとえば、リストに 50% (0.5) の不透明度が設定されており、そのリスト項目の1つに独自の不透明度が 20% (0.2) に設定されている場合、そのリスト項目に対する net visible opacity は 10% (0.1) のようにレンダリングされますが、リスト項目 Opacity プロパティのプロパティ値はそのままです。クエリする場合は0.2 です。For instance, if a list has a 50% (0.5) opacity and one of its list items has its own opacity set to 20% (0.2), the net visible opacity for that list item will be rendered as if it were 10% (0.1), but the property value of the list item Opacity property would still be 0.2 when queried.

宣言または評価された不透明度が0の場合でも、要素は入力イベントとコマンドに参加し、フォーカスを決定できる可能性があります。Even if the declared or evaluated opacity is 0, an element still participates in input events and commands, and is potentially focusable. この側面は便利な場合があります。たとえば、不透明度ゼロのオブジェクト (図形など) を使用して、透明な要素を持つ基になるオブジェクトをマスクすることができます。This aspect can be useful, for instance you can use an opacity-zero object (such as a shape) for masking underlying objects with transparent elements. 不透明度ゼロオブジェクトは、基になる領域のすべての入力イベント処理を処理できます。The opacity-zero object can then handle all the input event processing for an underlying area. ただし、オブジェクトまたは図形の Background または Fill は、Transparentている場合でも値に設定する必要があります。そうしないと、ヒットテストが有効にならず、イベントは受け取りません。However, the Background or Fill of the object or shape should be set to a value, even if it is Transparent, otherwise hit testing is not enabled, and no events are received.

依存プロパティ情報Dependency Property Information

識別子フィールドIdentifier field OpacityProperty
メタデータプロパティが true に設定されるMetadata properties set to true なしNone

適用対象

こちらもご覧ください