UIElement.OpacityMask プロパティ

定義

この要素の描画されるコンテンツのアルファ チャネル マスクに適用される Brush 実装として、不透明マスクを取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。

public:
 property System::Windows::Media::Brush ^ OpacityMask { System::Windows::Media::Brush ^ get(); void set(System::Windows::Media::Brush ^ value); };
public System.Windows.Media.Brush OpacityMask { get; set; }
member this.OpacityMask : System.Windows.Media.Brush with get, set
Public Property OpacityMask As Brush

プロパティ値

Brush

不透明マスクに使用するブラシ。

次のマークアップの例では、 ImageBrush 不透明度マスクが別のに適用されて Image います。

<!-- With the Opacity Mask-->
<Image
  Height="150"
  Width="200"
  Source="sampleImages/Waterlilies.jpg"
  HorizontalAlignment="Left"
  Margin="10"
  Grid.Column="2" Grid.Row="1">
  <Image.OpacityMask>
    <ImageBrush ImageSource="sampleImages/tornedges.png"/>
  </Image.OpacityMask>
</Image>

注釈

このプロパティは、指定されたに対してアルファチャネル値が何であるかを使用し Brush ます。 Brushレンダリングされたコンテンツ (赤、緑、または青) のその他のチャネルは無視されます。

この目的で最も一般的なのは、 Brush ImageBrush vignette などのさまざまな写真マスク手法で使用できるです。 ただし、定義された (など) はすべて Brush LinearGradientBrush 使用できます。

Extensible Application Markup Language (XAML) では、このプロパティ値は、抽象クラスの各実装に固有のインライン構文を使用でき Brush ます。 詳細については、「 純色とグラデーションによる塗りつぶしの概要」を参照してください。

依存プロパティ情報

識別子フィールド OpacityMaskProperty
メタデータプロパティがに設定される true なし

適用対象

こちらもご覧ください