UIElement.QueryCursor イベント

定義

カーソルの表示が要求されると発生します。Occurs when the cursor is requested to display. このイベントは、マウス ポインターが別の位置へ移動するたびに要素上で発生します。したがって、場合によってはカーソル オブジェクトを移動先の位置に基づいて変更する必要があります。This event is raised on an element each time that the mouse pointer moves to a new location, which means the cursor object might need to be changed based on its new position.

public:
 event System::Windows::Input::QueryCursorEventHandler ^ QueryCursor;
public event System.Windows.Input.QueryCursorEventHandler QueryCursor;
member this.QueryCursor : System.Windows.Input.QueryCursorEventHandler 
Public Custom Event QueryCursor As QueryCursorEventHandler 

注釈

このイベントは、このクラスの Mouse.QueryCursor 添付イベントのエイリアスを作成し、UIElement が基本要素として継承されている場合に、QueryCursor がクラスメンバーリストの一部になるようにします。This event creates an alias for the Mouse.QueryCursor attached event for this class, so that QueryCursor is part of the class members list when UIElement is inherited as a base element. QueryCursor イベントにアタッチされるイベントハンドラーは、基になる Mouse.QueryCursor アタッチされるイベントにアタッチされ、同じイベントデータインスタンスを受け取ります。Event handlers that are attached to the QueryCursor event are attached to the underlying Mouse.QueryCursor attached event and receive the same event data instance.

このイベント名によって参照されているカーソルは、必ずしもテキストカーソル (挿入ポイントとも呼ばれます) ではありません。The cursor being referred to by this event name is not necessarily the text cursor (sometimes known as the insertion point). 代わりに、このコンテキストのカーソルは、Windows プログラミングにおけるいくつかの入力関連のデバイスまたは概念に関連する、画面上のグラフィカルな表示を宣言するオブジェクトです。Instead, the cursor in this context is the object that declares the onscreen graphical display related to several possible input-related devices or concepts in Windows programming. このオブジェクトは、WPF の Cursor クラスによって表されます。That object is represented by the Cursor class in WPF. WPF 入力システムでは、マウスポインターの画面上の位置を表すときに、このカーソルを変更できます。The WPF input system enables you to change this cursor when it represents the onscreen position of the mouse pointer. Cursors 列挙体の定義済みの値を使用することも、カスタムカーソルをイメージファイルとして宣言することもできます。You can use predefined values from the Cursors enumeration, or you can declare a custom cursor as an image file.

QueryCursor イベントのリッスンは、カーソル管理の効率的な手法ではありません。Listening for the QueryCursor event is not an efficient technique for cursor management. 代わりに、各要素は CursorForceCursorを使用して独自のカーソル動作を定義する必要があります。Instead, each element should define its own cursor behavior with Cursor and ForceCursor. QueryCursor に依存するのは、WPF フレームワークレベルの基本要素を使用していない場合、または要素単位でカーソル動作を定義するときにニーズを満たしていない特殊な状況においてのみです。You should only rely on QueryCursor if you are not using the WPF framework-level base elements, or in extraordinary circumstances where defining cursor behavior on a per-element basis does not meet your needs. QueryCursorに応答してカーソル動作を実装する方法の詳細については、「QueryCursorEventHandler」を参照してください。For more information on implementing cursor behavior in response to QueryCursor, see QueryCursorEventHandler.

ルーティングされたイベント情報Routed Event Information

識別子フィールドIdentifier field QueryCursorEvent
ルーティング方法Routing strategy バブリングBubbling
DelegateDelegate QueryCursorEventHandler
  • 定義された対応するトンネリングイベントがありません。There is no defined corresponding tunneling event.

  • 派生クラスでこのイベントのクラス処理を実装するには、OnQueryCursor をオーバーライドします。Override OnQueryCursor to implement class handling for this event in derived classes.

適用対象

こちらもご覧ください