UIElement.RemoveHandler(RoutedEvent, Delegate) UIElement.RemoveHandler(RoutedEvent, Delegate) UIElement.RemoveHandler(RoutedEvent, Delegate) Method

定義

指定したルーティング イベント ハンドラーをこの要素から削除します。

public:
 virtual void RemoveHandler(System::Windows::RoutedEvent ^ routedEvent, Delegate ^ handler);
public void RemoveHandler (System.Windows.RoutedEvent routedEvent, Delegate handler);
abstract member RemoveHandler : System.Windows.RoutedEvent * Delegate -> unit
override this.RemoveHandler : System.Windows.RoutedEvent * Delegate -> unit

パラメーター

routedEvent
RoutedEvent RoutedEvent RoutedEvent

ハンドラーがアタッチされているルーティング イベントの識別子。

handler
Delegate Delegate Delegate

この要素のイベント ハンドラー コレクションから削除する特定のハンドラー実装。

実装

次の例ではRemoveHandlerイベント ラッパー定義の一部として。

public static readonly RoutedEvent TapEvent = EventManager.RegisterRoutedEvent(
    "Tap", RoutingStrategy.Bubble, typeof(RoutedEventHandler), typeof(MyButtonSimple));

// Provide CLR accessors for the event
public event RoutedEventHandler Tap
{
        add { AddHandler(TapEvent, value); } 
        remove { RemoveHandler(TapEvent, value); }
}
Public Shared ReadOnly TapEvent As RoutedEvent = EventManager.RegisterRoutedEvent("Tap", RoutingStrategy.Bubble, GetType(RoutedEventHandler), GetType(MyButtonSimple))

' Provide CLR accessors for the event
Public Custom Event Tap As RoutedEventHandler
    AddHandler(ByVal value As RoutedEventHandler)
        Me.AddHandler(TapEvent, value)
    End AddHandler

    RemoveHandler(ByVal value As RoutedEventHandler)
        Me.RemoveHandler(TapEvent, value)
    End RemoveHandler

    RaiseEvent(ByVal sender As Object, ByVal e As RoutedEventArgs)
        Me.RaiseEvent(e)
    End RaiseEvent
End Event

注釈

これを使用するための最も一般的なシナリオAPIを実装する場合は、 共通言語ランタイム (CLR) 「ラッパー」イベントに関連付けられたカスタム ルーティング イベントをハンドラーでの「削除」するロジックを実装するときに具体的には、CLRレベル。 これに続く例では、「解説」のセクションでは、このシナリオを示しています。

このメソッドを呼び出しても何も起こりません、メソッドの呼び出しの入力パラメーターに一致する条件で登録されたハンドラーがない場合。

複数のイベント ハンドラー ストアが削除される最初のハンドラーにのみ、条件に一致する 1 つのハンドラーがアタッチされます。 この動作は整合CLRの動作、-=演算子。

どちらもroutedEventhandlerありますnullします。 いずれかの値として提供しようとしています。nullで例外が発生します。

このメソッドは無視、handledEventsToo場合は、ハンドラーが最初に提供されているパラメーターについては、追加、AddHandler(RoutedEvent, Delegate, Boolean)処理済みイベントの処理を有効に署名します。 ハンドラーのいずれかの型が削除されます。

適用対象

こちらもご覧ください