UIElement.RenderTransform UIElement.RenderTransform UIElement.RenderTransform UIElement.RenderTransform Property

定義

この要素の描画位置に影響する変換情報を取得または設定します。Gets or sets transform information that affects the rendering position of this element. これは依存関係プロパティです。This is a dependency property.

public:
 property System::Windows::Media::Transform ^ RenderTransform { System::Windows::Media::Transform ^ get(); void set(System::Windows::Media::Transform ^ value); };
public System.Windows.Media.Transform RenderTransform { get; set; }
member this.RenderTransform : System.Windows.Media.Transform with get, set
Public Property RenderTransform As Transform

プロパティ値

必要な描画変換の詳細を記述します。Describes the specifics of the desired render transform. 既定値は、Identity です。The default is Identity.

注釈

レンダー変換では、レイアウトサイズや表示サイズ情報は再生成されません。A render transform does not regenerate layout size or render size information. レンダー変換は、通常、要素に対して一時的な効果を適用するために使用されます。Render transforms are typically intended for animating or applying a temporary effect to an element. たとえば、要素は、フォーカスまたはマウスしたときにズームしたり、のユーザー インターフェイス (UI)user interface (UI)その部分に目を向けるために負荷をジッターしたりすることがあります。For example, the element might zoom when focused or moused over, or might jitter on load to draw the eye to that part of the ユーザー インターフェイス (UI)user interface (UI).

依存プロパティ情報Dependency Property Information

識別子フィールドIdentifier field RenderTransformProperty
メタデータプロパティがに設定されるtrueMetadata properties set to true NoneNone

適用対象