UIElement クラス

定義

UIElement は、Windows Presentation Foundation (WPF) の要素および基本表示特性における WPF コア レベル実装構築の基底クラスです。

public ref class UIElement : System::Windows::Media::Visual, System::Windows::IInputElement, System::Windows::Media::Animation::IAnimatable
[System.Windows.Markup.UidProperty("Uid")]
public class UIElement : System.Windows.Media.Visual, System.Windows.IInputElement, System.Windows.Media.Animation.IAnimatable
[<System.Windows.Markup.UidProperty("Uid")>]
type UIElement = class
    inherit Visual
    interface IInputElement
    interface IAnimatable
[<System.Windows.Markup.UidProperty("Uid")>]
type UIElement = class
    inherit Visual
    interface IAnimatable
    interface IInputElement
Public Class UIElement
Inherits Visual
Implements IAnimatable, IInputElement
継承
派生
属性
実装

注釈

UIElement は要素レイアウト特性の開始点を提供し、派生クラスがオーバーライドできる仮想メソッドも公開します。これは、要素とその子要素のレイアウト レンダリング動作に影響を与える可能性があります。

要素全般の入力動作とフォーカス動作の多くも、 クラスで定義 UIElement されています。 これには、キーボード、マウス、スタイラス入力のイベント、および関連する状態プロパティが含まれます。 これらのイベントの多くはルーティング イベントであり、入力関連のイベントの多くは、バブル ルーティング バージョンと、イベントのトンネリング バージョンの両方を持っています。 これらのペアのイベントは、通常、コントロール作成者に最も関心のあるイベントです。

UIElement には、要素インスタンスからソース化された指定されたルーティング イベントを発生できるメソッドを含む、WPF イベント モデルに関連する API も含まれています。

アーキテクチャの観点では、 は Win32 プログラミングのウィンドウ ハンドル、または動的 HTML (DHTML) プログラミングの要素と大体同じと UIElement 見なされます。 UIElement は、WPF コア レベルの基本要素です。

には UIElement 、 クラスによって具体的に定義される次の機能 UIElement があります。

  • 子要素としてレンダリングできます ( から UIElement 派生し Visual 、高レベルのグラフィックス クラス)

  • の可能な子要素のサイズと配置に使用されるロジックが含まれます (レイアウト システムによって解釈 UIElement される場合)。

  • ユーザー入力に応答できます (イベント ルーティングの処理やコマンドのルーティングを介して入力が送信される場所の制御を含む)

  • 論理要素ツリーを介してルートを移動するルーティング イベントを発生できます

  • アニメーション システムの一部の側面をサポートします

FrameworkElement は、 を基に構築され、WPF フレームワーク レベルとの特定の相互作用を追加する WPF フレームワーク UIElement レベルの実装クラスです。 FrameworkElement では、次の機能が追加および定義されます。

  • その他のフレームワーク固有のレイアウト特性

  • プロパティに関するより豊富なメタデータ レポートのサポート

  • 特定の入力基本クラスとその添付プロパティまたは添付イベントのクラス固有の実装

  • スタイルのサポート

  • その他のアニメーションのサポート

もう 1 つの関連クラスは です ContentElement 。 クラスは、 と同じメンバーの多くを実装します。これら 2 つのクラスの違いは、コンテンツ モデル全体の目的の場所 ContentElement UIElement と関係があります。 派生クラスは通常、比較的厳格なコンテンツ モデルを定義します。つまり、マークアップ内の子要素である可能性がある要素には UIElement 制限があります。 内の制限の少ない子コンテンツを取得する容量がある場合がありますが、通常、その容量は指定されたコンテンツ プロパティ UIElement で一元化されます。 通常、派生クラスは、フロー形式のドキュメントなどのシナリオをサポートするために、コンテンツに関する制限 ContentElement ではありません。

重要

Visibility state は、その要素によるすべての入力処理に影響します。 表示されない要素はヒット テストに参加しず、入力イベントを受け取らなくても、マウスが要素が表示される境界の上にある場合でも受け取る必要があります。

コンストラクター

UIElement()

UIElement クラスの新しいインスタンスを初期化します。

フィールド

AllowDropProperty

AllowDrop 依存関係プロパティを識別します。

AreAnyTouchesCapturedProperty

AreAnyTouchesCaptured 依存関係プロパティを識別します。

AreAnyTouchesCapturedWithinProperty

AreAnyTouchesCapturedWithin 依存関係プロパティを識別します。

AreAnyTouchesDirectlyOverProperty

AreAnyTouchesDirectlyOver 依存関係プロパティを識別します。

AreAnyTouchesOverProperty

AreAnyTouchesOver 依存関係プロパティを識別します。

BitmapEffectInputProperty

BitmapEffectInput 依存関係プロパティを識別します。

BitmapEffectProperty

BitmapEffect 依存関係プロパティを識別します。

CacheModeProperty

CacheMode 依存関係プロパティを識別します。

ClipProperty

Clip 依存関係プロパティを識別します。

ClipToBoundsProperty

ClipToBounds 依存関係プロパティを識別します。

DragEnterEvent

DragEnter ルーティング イベントを識別します。

DragLeaveEvent

DragLeave ルーティング イベントを識別します。

DragOverEvent

DragOver ルーティング イベントを識別します。

DropEvent

Drop ルーティング イベントを識別します。

EffectProperty

Effect 依存関係プロパティを識別します。

FocusableProperty

Focusable 依存関係プロパティを識別します。

GiveFeedbackEvent

GiveFeedback ルーティング イベントを識別します。

GotFocusEvent

GotFocus ルーティング イベントを識別します。

GotKeyboardFocusEvent

GotKeyboardFocus ルーティング イベントを識別します。

GotMouseCaptureEvent

GotMouseCapture ルーティング イベントを識別します。

GotStylusCaptureEvent

GotStylusCapture ルーティング イベントを識別します。

GotTouchCaptureEvent

GotTouchCapture ルーティング イベントを識別します。

IsEnabledProperty

IsEnabled 依存関係プロパティを識別します。

IsFocusedProperty

IsFocused 依存関係プロパティを識別します。

IsHitTestVisibleProperty

IsHitTestVisible 依存関係プロパティを識別します。

IsKeyboardFocusedProperty

IsKeyboardFocused 依存関係プロパティを識別します。

IsKeyboardFocusWithinProperty

IsKeyboardFocusWithin 依存関係プロパティを識別します。

IsManipulationEnabledProperty

IsManipulationEnabled 依存関係プロパティを識別します。

IsMouseCapturedProperty

IsMouseCaptured 依存関係プロパティを識別します。

IsMouseCaptureWithinProperty

IsMouseCaptureWithin 依存関係プロパティを識別します。

IsMouseDirectlyOverProperty

IsMouseDirectlyOver 依存関係プロパティを識別します。

IsMouseOverProperty

IsMouseOver 依存関係プロパティを識別します。

IsStylusCapturedProperty

IsStylusCaptured 依存関係プロパティを識別します。

IsStylusCaptureWithinProperty

IsStylusCaptureWithin 依存関係プロパティを識別します。

IsStylusDirectlyOverProperty

IsStylusDirectlyOver 依存関係プロパティを識別します。

IsStylusOverProperty

IsStylusOver 依存関係プロパティを識別します。

IsVisibleProperty

IsVisible 依存関係プロパティを識別します。

KeyDownEvent

KeyDown ルーティング イベントを識別します。

KeyUpEvent

KeyUp ルーティング イベントを識別します。

LostFocusEvent

LostFocus ルーティング イベントを識別します。

LostKeyboardFocusEvent

LostKeyboardFocus ルーティング イベントを識別します。

LostMouseCaptureEvent

LostMouseCapture ルーティング イベントを識別します。

LostStylusCaptureEvent

LostStylusCapture ルーティング イベントを識別します。

LostTouchCaptureEvent

LostTouchCapture ルーティング イベントを識別します。

ManipulationBoundaryFeedbackEvent

ManipulationBoundaryFeedback イベントを識別します。

ManipulationCompletedEvent

ManipulationCompleted ルーティング イベントを識別します。

ManipulationDeltaEvent

ManipulationDelta ルーティング イベントを識別します。

ManipulationInertiaStartingEvent

ManipulationInertiaStarting ルーティング イベントを識別します。

ManipulationStartedEvent

ManipulationStarted ルーティング イベントを識別します。

ManipulationStartingEvent

ManipulationStarting ルーティング イベントを識別します。

MouseDownEvent

MouseDown ルーティング イベントを識別します。

MouseEnterEvent

MouseEnter ルーティング イベントを識別します。

MouseLeaveEvent

MouseLeave ルーティング イベントを識別します。

MouseLeftButtonDownEvent

MouseLeftButtonDown ルーティング イベントを識別します。

MouseLeftButtonUpEvent

MouseLeftButtonUp ルーティング イベントを識別します。

MouseMoveEvent

MouseMove ルーティング イベントを識別します。

MouseRightButtonDownEvent

MouseRightButtonDown ルーティング イベントを識別します。

MouseRightButtonUpEvent

MouseRightButtonUp ルーティング イベントを識別します。

MouseUpEvent

MouseUp ルーティング イベントを識別します。

MouseWheelEvent

MouseWheel ルーティング イベントを識別します。

OpacityMaskProperty

OpacityMask 依存関係プロパティを識別します。

OpacityProperty

Opacity 依存関係プロパティを識別します。

PreviewDragEnterEvent

PreviewDragEnter ルーティング イベントを識別します。

PreviewDragLeaveEvent

PreviewDragLeave ルーティング イベントを識別します。

PreviewDragOverEvent

PreviewDragOver ルーティング イベントを識別します。

PreviewDropEvent

PreviewDrop ルーティング イベントを識別します。

PreviewGiveFeedbackEvent

PreviewGiveFeedback ルーティング イベントを識別します。

PreviewGotKeyboardFocusEvent

PreviewGotKeyboardFocus ルーティング イベントを識別します。

PreviewKeyDownEvent

PreviewKeyDown ルーティング イベントを識別します。

PreviewKeyUpEvent

PreviewKeyUp ルーティング イベントを識別します。

PreviewLostKeyboardFocusEvent

PreviewLostKeyboardFocus ルーティング イベントを識別します。

PreviewMouseDownEvent

PreviewMouseDown ルーティング イベントを識別します。

PreviewMouseLeftButtonDownEvent

PreviewMouseLeftButtonDown ルーティング イベントを識別します。

PreviewMouseLeftButtonUpEvent

PreviewMouseLeftButtonUp ルーティング イベントを識別します。

PreviewMouseMoveEvent

PreviewMouseMove ルーティング イベントを識別します。

PreviewMouseRightButtonDownEvent

PreviewMouseRightButtonDown ルーティング イベントを識別します。

PreviewMouseRightButtonUpEvent

PreviewMouseRightButtonUp ルーティング イベントを識別します。

PreviewMouseUpEvent

PreviewMouseUp ルーティング イベントを識別します。

PreviewMouseWheelEvent

PreviewMouseWheel ルーティング イベントを識別します。

PreviewQueryContinueDragEvent

PreviewQueryContinueDrag ルーティング イベントを識別します。

PreviewStylusButtonDownEvent

PreviewStylusButtonDown ルーティング イベントを識別します。

PreviewStylusButtonUpEvent

PreviewStylusButtonUp ルーティング イベントを識別します。

PreviewStylusDownEvent

PreviewStylusDown ルーティング イベントを識別します。

PreviewStylusInAirMoveEvent

PreviewStylusInAirMove ルーティング イベントを識別します。

PreviewStylusInRangeEvent

PreviewStylusInRange ルーティング イベントを識別します。

PreviewStylusMoveEvent

PreviewStylusMove ルーティング イベントを識別します。

PreviewStylusOutOfRangeEvent

PreviewStylusOutOfRange ルーティング イベントを識別します。

PreviewStylusSystemGestureEvent

PreviewStylusSystemGesture ルーティング イベントを識別します。

PreviewStylusUpEvent

PreviewStylusUp ルーティング イベントを識別します。

PreviewTextInputEvent

PreviewTextInput ルーティング イベントを識別します。

PreviewTouchDownEvent

PreviewTouchDown ルーティング イベントを識別します。

PreviewTouchMoveEvent

PreviewTouchMove ルーティング イベントを識別します。

PreviewTouchUpEvent

PreviewTouchUp ルーティング イベントを識別します。

QueryContinueDragEvent

QueryContinueDrag ルーティング イベントを識別します。

QueryCursorEvent

QueryCursor ルーティング イベントを識別します。

RenderTransformOriginProperty

RenderTransformOrigin 依存関係プロパティを識別します。

RenderTransformProperty

RenderTransform 依存関係プロパティを識別します。

SnapsToDevicePixelsProperty

SnapsToDevicePixels 依存関係プロパティを識別します。

StylusButtonDownEvent

StylusButtonDown ルーティング イベントを識別します。

StylusButtonUpEvent

StylusButtonUp ルーティング イベントを識別します。

StylusDownEvent

StylusDown ルーティング イベントを識別します。

StylusEnterEvent

StylusEnter ルーティング イベントを識別します。

StylusInAirMoveEvent

StylusInAirMove ルーティング イベントを識別します。

StylusInRangeEvent

StylusInRange ルーティング イベントを識別します。

StylusLeaveEvent

StylusLeave ルーティング イベントを識別します。

StylusMoveEvent

StylusMove ルーティング イベントを識別します。

StylusOutOfRangeEvent

StylusOutOfRange ルーティング イベントを識別します。

StylusSystemGestureEvent

StylusSystemGesture ルーティング イベントを識別します。

StylusUpEvent

StylusUp ルーティング イベントを識別します。

TextInputEvent

TextInput ルーティング イベントを識別します。

TouchDownEvent

TouchDown ルーティング イベントを識別します。

TouchEnterEvent

TouchEnter ルーティング イベントを識別します。

TouchLeaveEvent

TouchLeave ルーティング イベントを識別します。

TouchMoveEvent

TouchMove ルーティング イベントを識別します。

TouchUpEvent

TouchUp ルーティング イベントを識別します。

UidProperty

Uid 依存関係プロパティを識別します。

VisibilityProperty

Visibility 依存関係プロパティを識別します。

プロパティ

AllowDrop

この要素をドラッグアンドドロップ操作の対象として使用できるかどうかを示す値を取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。

AreAnyTouchesCaptured

少なくとも 1 つのタッチがこの要素にキャプチャされているかどうかを示す値を取得します。

AreAnyTouchesCapturedWithin

少なくとも 1 つのタッチがこの要素またはそのビジュアル ツリー内のいずれかの子要素にキャプチャされているかどうかを示す値を取得します。

AreAnyTouchesDirectlyOver

少なくとも 1 つのタッチがこの要素上で押されているかどうかを示す値を取得します。

AreAnyTouchesOver

少なくとも 1 つのタッチがこの要素またはそのビジュアル ツリー内のいずれかの子要素上で押されているかどうかを示す値を取得します。

BitmapEffect
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

この要素に描画された内容に直接適用するビットマップ効果を取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。

BitmapEffectInput
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

この要素に描画された内容に直接適用するビットマップ効果用の入力ソースを取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。

CacheMode

UIElement のキャッシュされた表現を取得または設定します。

Clip

要素内容の輪郭の定義に使用するジオメトリを取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。

ClipToBounds

親要素のサイズに合わせるために、この要素の内容 (またはこの要素の子要素の内容) を切り取るかどうかを示す値を取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。

CommandBindings

この要素に関連付けられている CommandBinding オブジェクトのコレクションを取得します。 CommandBinding は、この要素のコマンド処理を有効にし、コマンド、コマンドのイベント、およびこの要素によってアタッチされるハンドラーの間の関連を宣言します。

DependencyObjectType

DependencyObjectTypeこのインスタンスの CLR 型をラップするを取得します。

(継承元 DependencyObject)
DesiredSize

レイアウト処理の測定パスの実行中に、この要素が計算したサイズを取得します。

Dispatcher

この Dispatcher が関連付けられている DispatcherObject を取得します。

(継承元 DispatcherObject)
Effect

UIElement に適用するビットマップ効果を取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。

Focusable

要素がフォーカスを得ることができるかどうかを示す値を取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。

HasAnimatedProperties

この要素にアニメーション化されたプロパティがあるかどうかを示す値を取得します。

HasEffectiveKeyboardFocus

UIElement にフォーカスがあるかどうかを示す値を取得します。

InputBindings

この要素に関連付けられている入力バインドのコレクションを取得します。

IsArrangeValid

この要素のレイアウトにおける子要素の計算済みのサイズと位置が有効かどうかを示す値を取得します。

IsEnabled

この要素がユーザー インターフェイス (UI) で有効かどうかを示す値を取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。

IsEnabledCore

派生クラス内で IsEnabled の戻り値になる値を取得します。

IsFocused

この要素に論理フォーカスがあるかどうかを判断する値を取得します。 これは依存関係プロパティです。

IsHitTestVisible

この要素が、表示される内容のある部分からのヒット テストの結果として返されるかどうかを宣言する値を取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。

IsInputMethodEnabled

入力メソッド エディター (IME) などの入力メソッド システムで、この要素への入力を処理できるかどうかを示す値を取得します。

IsKeyboardFocused

この要素にキーボード フォーカスがあるかどうかを示す値を取得します。 これは依存関係プロパティです。

IsKeyboardFocusWithin

キーボード フォーカスがその要素またはそのビジュアル ツリーの子要素内の任意の場所にあるかどうかを示す値を取得します。 これは依存関係プロパティです。

IsManipulationEnabled

この UIElement で操作イベントが有効かどうかを示す値を取得または設定します。

IsMeasureValid

レイアウト測定パスから返された現在のサイズが有効かどうかを示す値を取得します。

IsMouseCaptured

この要素にマウスがキャプチャされるかどうかを示す値を取得します。 これは依存関係プロパティです。

IsMouseCaptureWithin

この要素またはビジュアル ツリー内の子要素がマウスのキャプチャを保持するかどうかを決定する値を取得します。 これは依存関係プロパティです。

IsMouseDirectlyOver

マウス ポインターの位置が、要素の構成を考慮したヒット テストの結果に対応しているかどうかを示す値を取得します。 これは依存関係プロパティです。

IsMouseOver

マウス ポインターがこの要素 (ビジュアル ツリー内の子要素を含む) の上にあるかどうかを示す値を取得します。 これは依存関係プロパティです。

IsSealed

このインスタンスが現在シールされている (読み取り専用である) かどうかを示す値を取得します。

(継承元 DependencyObject)
IsStylusCaptured

この要素によってスタイラスがキャプチャされるかどうかを示す値を取得します。 これは依存関係プロパティです。

IsStylusCaptureWithin

この要素、または要素の境界とそのビジュアル ツリー内の要素がスタイラス キャプチャを保持するかどうかを示す値を取得します。 これは依存関係プロパティです。

IsStylusDirectlyOver

スタイラスの位置が、要素の構成を考慮したヒット テストの結果に対応しているかどうかを示す値を取得します。 これは依存関係プロパティです。

IsStylusOver

スタイラスのカーソルがこの要素 (子ビジュアル要素を含む) の上にあるかどうかを示す値を取得します。 これは依存関係プロパティです。

IsVisible

この要素がユーザー インターフェイス (UI) に表示されるかどうかを示す値を取得します。 これは依存関係プロパティです。

Opacity

UIElementユーザーインターフェイス (UI) でレンダリングされるときに全体に適用される不透明度係数を取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。

OpacityMask

この要素の描画されるコンテンツのアルファ チャネル マスクに適用される Brush 実装として、不透明マスクを取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。

PersistId
互換性のために残されています。

この要素を一意に識別する値を取得します。

RenderSize

この要素の最終的な描画サイズを取得します (または、設定します)。

RenderTransform

この要素の描画位置に影響する変換情報を取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。

RenderTransformOrigin

RenderTransform によって宣言されるすべての使用可能な表示変換の中心点を、要素の境界からの相対位置で取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。

SnapsToDevicePixels

この要素のレンダリングがレンダリング中にデバイスに固有のピクセルの設定を使用するかどうかを決定する値を取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。

StylusPlugIns

この要素に関連付けられているすべてのスタイラス プラグイン (カスタマイズ) オブジェクトのコレクションを取得します。

TouchesCaptured

この要素にキャプチャされているすべてのタッチ デバイスを取得します。

TouchesCapturedWithin

この要素またはそのビジュアル ツリー内のいずれかの子要素にキャプチャされているすべてのタッチ デバイスを取得します。

TouchesDirectlyOver

この要素上にあるすべてのタッチ デバイスを取得します。

TouchesOver

この要素またはそのビジュアル ツリー内のいずれかの子要素上にあるすべてのタッチ デバイスを取得します。

Uid

この要素の一意の識別子 (ローカライズ用) を設定または取得します。 これは依存関係プロパティです。

Visibility

この要素のユーザーインターフェイス (UI) の可視性を取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。

VisualBitmapEffect
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

BitmapEffectVisual 値を取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualBitmapEffectInput
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

BitmapEffectInputVisual 値を取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualBitmapScalingMode

BitmapScalingModeVisual を取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualCacheMode

Visual のキャッシュされた表現を取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualChildrenCount

Visual の子要素の数を取得します。

(継承元 Visual)
VisualClearTypeHint

ClearTypeHint での ClearType のレンダリング方法を決定する Visual を取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualClip

Visual 値としての Geometry のクリップ領域を取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualEdgeMode

Visual のエッジ モードを EdgeMode 値として取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualEffect

Visual に適用するビットマップ効果を取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualOffset

ビジュアル オブジェクトのオフセット値を取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualOpacity

Visual の不透明度を取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualOpacityMask

Brush の不透明マスクを表す Visual 値を取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualParent

ビジュアル オブジェクトのビジュアル ツリーの親を取得します。

(継承元 Visual)
VisualScrollableAreaClip

Visual のクリップ対象のスクロール可能な領域を取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualTextHintingMode

VisualTextHintingMode を取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualTextRenderingMode

VisualTextRenderingMode を取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualTransform

TransformVisual 値を取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualXSnappingGuidelines

X 座標 (垂直) ガイドライン コレクションを取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualYSnappingGuidelines

Y 座標 (水平) ガイドライン コレクションを取得または設定します。

(継承元 Visual)

メソッド

AddHandler(RoutedEvent, Delegate)

指定したルーティング イベントのルーティング イベント ハンドラーを追加します。このハンドラーは、現在の要素のハンドラー コレクションに追加されます。

AddHandler(RoutedEvent, Delegate, Boolean)

指定したルーティング イベントのルーティング イベント ハンドラーを追加します。このハンドラーは、現在の要素のハンドラー コレクションに追加されます。 イベント ルート上の別の要素により既にハンドル済みとしてマークされているルーティング イベントに対し、指定したハンドラーが呼び出されるようにするには、handledEventsTootrue に指定します。

AddToEventRoute(EventRoute, RoutedEventArgs)

現在の EventRoute イベント ハンドラー コレクションのハンドラーを、指定した UIElement に追加します。

AddVisualChild(Visual)

2 つのビジュアル間の親子リレーションシップを定義します。

(継承元 Visual)
ApplyAnimationClock(DependencyProperty, AnimationClock)

この要素の指定した依存関係プロパティにアニメーションを適用します。 既存のアニメーションは停止され、新しいアニメーションに置き換えられます。

ApplyAnimationClock(DependencyProperty, AnimationClock, HandoffBehavior)

この要素の指定した依存関係プロパティにアニメーションを適用し、プロパティでアニメーションが既に適用されているときに行われる処理を指定する機能も提供します。

Arrange(Rect)

子要素を配置し、UIElement のサイズを決定します。 親要素はそれぞれの ArrangeCore(Rect) 実装 (または WPF フレームワーク レベルの同等実装) からこのメソッドを呼び出し、レイアウトを再帰的に更新します。 このメソッドは、レイアウト更新の 2 番目のパスを構成します。

ArrangeCore(Rect)

WPF コア レベルの配置レイアウト定義のテンプレートを定義します。

BeginAnimation(DependencyProperty, AnimationTimeline)

この要素のアニメーション化対象のプロパティを指定して、アニメーションを開始します。

BeginAnimation(DependencyProperty, AnimationTimeline, HandoffBehavior)

この要素のアニメーション化対象のプロパティを指定して、特定のアニメーションを開始します。プロパティの既存のアニメーションが実行中である場合の動作も指定できます。

CaptureMouse()

この要素にマウスをキャプチャするように強制することを試みます。

CaptureStylus()

この要素にスタイラスをキャプチャするように強制することを試みます。

CaptureTouch(TouchDevice)

この要素にタッチをキャプチャするように強制することを試みます。

CheckAccess()

呼び出し元のスレッドがこの DispatcherObject にアクセスできるかどうかを確認します。

(継承元 DispatcherObject)
ClearValue(DependencyProperty)

プロパティのローカル値をクリアします。 クリアするプロパティは DependencyProperty 識別子で指定されます。

(継承元 DependencyObject)
ClearValue(DependencyPropertyKey)

読み取り専用プロパティのローカル値を消去します。 消去するプロパティは、DependencyPropertyKey で指定します。

(継承元 DependencyObject)
CoerceValue(DependencyProperty)

指定した依存関係プロパティの値を強制します。 これは、呼び出し元の DependencyObject の依存関係プロパティのプロパティ メタデータで指定されている CoerceValueCallback 関数を呼び出すことによって実現されます。

(継承元 DependencyObject)
Equals(Object)

指定した DependencyObject が現在の DependencyObject と等しいかどうかを判断します。

(継承元 DependencyObject)
FindCommonVisualAncestor(DependencyObject)

2 つのビジュアル オブジェクトの共通の先祖を返します。

(継承元 Visual)
Focus()

この要素にフォーカスを設定することを試みます。

GetAnimationBaseValue(DependencyProperty)

この要素の、指定したプロパティの基本プロパティ値を返します。実行中または停止済みのアニメーションでアニメーション化される値は無視されます。

GetHashCode()

この DependencyObject のハッシュ コードを取得します。

(継承元 DependencyObject)
GetLayoutClip(Size)

ClipToBoundstrue に設定される場合にクリップされる領域を表す代替クリッピング ジオメトリを返します。

GetLocalValueEnumerator()

どの依存関係プロパティがこの DependencyObject 上にローカルに設定された値を持つかを確認するための、専用の列挙子を作成します。

(継承元 DependencyObject)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
GetUIParentCore()

派生クラスでオーバーライドされた場合、ビジュアルの親が存在しない場合は、この要素の代替ユーザー インターフェイス (UI) 親を返します。

GetValue(DependencyProperty)

DependencyObject のこのインスタンスにある依存関係プロパティの現在の有効値を返します。

(継承元 DependencyObject)
GetVisualChild(Int32)

Visual 内の指定した VisualCollection を返します。

(継承元 Visual)
HitTestCore(GeometryHitTestParameters)

HitTestCore(GeometryHitTestParameters) を実装して、要素のヒット テストの基本動作を提供します (GeometryHitTestResult を返します)。

HitTestCore(PointHitTestParameters)

HitTestCore(PointHitTestParameters) を実装して、要素のヒット テストの基本動作を提供します (HitTestResult を返します)。

InputHitTest(Point)

現在の要素の原点からの指定した相対座標にある、現在の要素内の入力要素を返します。

InvalidateArrange()

要素の配置状態 (レイアウト) を無効にします。 無効にした後、要素のレイアウトが更新されます。更新は、UpdateLayout() によって強制されない限り非同期に行われます。

InvalidateMeasure()

要素の測定状態 (レイアウト) を無効にします。

InvalidateProperty(DependencyProperty)

指定した依存関係プロパティの有効値を再評価します。

(継承元 DependencyObject)
InvalidateVisual()

要素の描画を無効にして、新しい完全なレイアウト パスを強制します。 レイアウト サイクルが完了した後に、OnRender(DrawingContext) が呼び出されます。

IsAncestorOf(DependencyObject)

ビジュアル オブジェクトが、指定した子孫ビジュアル オブジェクトの先祖かどうかを判定します。

(継承元 Visual)
IsDescendantOf(DependencyObject)

ビジュアル オブジェクトが、指定した先祖ビジュアル オブジェクトの子孫かどうかを判定します。

(継承元 Visual)
Measure(Size)

UIElementDesiredSize を更新します。 親要素は、独自の MeasureCore(Size) 実装からこのメソッドを呼び出し、レイアウトを再帰的に更新します。 このメソッドの呼び出しは、レイアウト更新の最初のパス (「メジャー」パス) となります。

MeasureCore(Size)

派生クラスでオーバーライドされると、子要素のコンテンツのサイズも考慮して、この要素のサイズを適切に設定するための測定ロジックを提供します。

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
MoveFocus(TraversalRequest)

この要素から別の要素へのフォーカスの移動を試みます。 フォーカスの移動方向は、ガイドラインの方向によって指定され、この要素のビジュアル親の編成内で解釈されます。

OnAccessKey(AccessKeyEventArgs)

この要素に対して有効なアクセス キーが呼び出されたときのクラス処理を提供します。

OnChildDesiredSizeChanged(UIElement)

子要素のサイズが変更されるときのレイアウト動作をサポートします。

OnCreateAutomationPeer()

Windows Presentation Foundation (WPF) インフラストラクチャに対するクラス固有の AutomationPeer の実装を返します。

OnDpiChanged(DpiScale, DpiScale)

このビューが表示される DPI が変更するときに呼び出されます。

(継承元 Visual)
OnDragEnter(DragEventArgs)

アタッチされた未処理の DragEnter イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnDragLeave(DragEventArgs)

アタッチされた未処理の DragLeave イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnDragOver(DragEventArgs)

アタッチされた未処理の DragOver イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnDrop(DragEventArgs)

アタッチされた未処理の DragEnter イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnGiveFeedback(GiveFeedbackEventArgs)

アタッチされた未処理の GiveFeedback イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnGotFocus(RoutedEventArgs)

提供されたイベント データを使用して、GotFocus ルーティング イベントを発生させます。

OnGotKeyboardFocus(KeyboardFocusChangedEventArgs)

アタッチされた未処理の GotKeyboardFocus イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnGotMouseCapture(MouseEventArgs)

アタッチされた未処理の GotMouseCapture イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnGotStylusCapture(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の GotStylusCapture イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnGotTouchCapture(TouchEventArgs)

タッチがこの要素にキャプチャされているときに発生する GotTouchCapture ルーティング イベントのクラス処理を提供します。

OnIsKeyboardFocusedChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

この要素上で未処理の IsKeyboardFocusedChanged イベントが発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnIsKeyboardFocusWithinChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

この要素によって IsKeyboardFocusWithinChanged イベントが発生する直前に呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnIsMouseCapturedChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

この要素上で未処理の IsMouseCapturedChanged イベントが発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnIsMouseCaptureWithinChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

この要素上で未処理の IsMouseCaptureWithinChanged イベントが発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnIsMouseDirectlyOverChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

この要素上で未処理の IsMouseDirectlyOverChanged イベントが発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnIsStylusCapturedChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

この要素上で未処理の IsStylusCapturedChanged イベントが発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnIsStylusCaptureWithinChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

この要素上で未処理の IsStylusCaptureWithinChanged イベントが発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnIsStylusDirectlyOverChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

この要素上で未処理の IsStylusDirectlyOverChanged イベントが発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnKeyDown(KeyEventArgs)

アタッチされた未処理の KeyDown イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnKeyUp(KeyEventArgs)

アタッチされた未処理の KeyUp イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnLostFocus(RoutedEventArgs)

提供されたイベント データを使って、LostFocus ルーティング イベントを発生させます。

OnLostKeyboardFocus(KeyboardFocusChangedEventArgs)

アタッチされた未処理の LostKeyboardFocus イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnLostMouseCapture(MouseEventArgs)

アタッチされた未処理の LostMouseCapture イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnLostStylusCapture(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の LostStylusCapture イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnLostTouchCapture(TouchEventArgs)

この要素がタッチのキャプチャを失ったときに発生する LostTouchCapture ルーティング イベントのクラス処理を提供します。

OnManipulationBoundaryFeedback(ManipulationBoundaryFeedbackEventArgs)

ManipulationBoundaryFeedback イベントが発生すると呼び出されます。

OnManipulationCompleted(ManipulationCompletedEventArgs)

ManipulationCompleted イベントが発生すると呼び出されます。

OnManipulationDelta(ManipulationDeltaEventArgs)

ManipulationDelta イベントが発生すると呼び出されます。

OnManipulationInertiaStarting(ManipulationInertiaStartingEventArgs)

ManipulationInertiaStarting イベントが発生すると呼び出されます。

OnManipulationStarted(ManipulationStartedEventArgs)

ManipulationStarted イベントが発生すると呼び出されます。

OnManipulationStarting(ManipulationStartingEventArgs)

操作プロセッサを初めて作成するときに発生する ManipulationStarting ルーティング イベントのクラス処理を提供します。

OnMouseDown(MouseButtonEventArgs)

アタッチされた未処理の MouseDown イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnMouseEnter(MouseEventArgs)

未処理の MouseEnter 添付イベントがこの要素で発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnMouseLeave(MouseEventArgs)

未処理の MouseLeave 添付イベントがこの要素で発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnMouseLeftButtonDown(MouseButtonEventArgs)

この要素上で未処理の MouseLeftButtonDown ルーティング イベントが発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnMouseLeftButtonUp(MouseButtonEventArgs)

未処理の MouseLeftButtonUp ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnMouseMove(MouseEventArgs)

アタッチされた未処理の MouseMove イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnMouseRightButtonDown(MouseButtonEventArgs)

未処理の MouseRightButtonDown ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnMouseRightButtonUp(MouseButtonEventArgs)

未処理の MouseRightButtonUp ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnMouseUp(MouseButtonEventArgs)

未処理の MouseUp ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnMouseWheel(MouseWheelEventArgs)

アタッチされた未処理の MouseWheel イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnPreviewDragEnter(DragEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewDragEnter イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnPreviewDragLeave(DragEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewDragLeave イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnPreviewDragOver(DragEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewDragOver イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnPreviewDrop(DragEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewDrop イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnPreviewGiveFeedback(GiveFeedbackEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewGiveFeedback イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnPreviewGotKeyboardFocus(KeyboardFocusChangedEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewGotKeyboardFocus イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnPreviewKeyDown(KeyEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewKeyDown イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnPreviewKeyUp(KeyEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewKeyUp イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnPreviewLostKeyboardFocus(KeyboardFocusChangedEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewKeyDown イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnPreviewMouseDown(MouseButtonEventArgs)

未処理の PreviewMouseDown 添付ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnPreviewMouseLeftButtonDown(MouseButtonEventArgs)

未処理の PreviewMouseLeftButtonDown ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnPreviewMouseLeftButtonUp(MouseButtonEventArgs)

未処理の PreviewMouseLeftButtonUp ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnPreviewMouseMove(MouseEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewMouseMove イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnPreviewMouseRightButtonDown(MouseButtonEventArgs)

未処理の PreviewMouseRightButtonDown ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnPreviewMouseRightButtonUp(MouseButtonEventArgs)

未処理の PreviewMouseRightButtonUp ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnPreviewMouseUp(MouseButtonEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewMouseUp イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnPreviewMouseWheel(MouseWheelEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewMouseWheel イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnPreviewQueryContinueDrag(QueryContinueDragEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewQueryContinueDrag イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnPreviewStylusButtonDown(StylusButtonEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewStylusButtonDown イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnPreviewStylusButtonUp(StylusButtonEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewStylusButtonUp イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnPreviewStylusDown(StylusDownEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewStylusDown イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnPreviewStylusInAirMove(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewStylusInAirMove イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnPreviewStylusInRange(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewStylusInRange イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnPreviewStylusMove(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewStylusMove イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnPreviewStylusOutOfRange(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewStylusOutOfRange イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnPreviewStylusSystemGesture(StylusSystemGestureEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewStylusSystemGesture イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnPreviewStylusUp(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewStylusUp イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnPreviewTextInput(TextCompositionEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewTextInput イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnPreviewTouchDown(TouchEventArgs)

この要素がタッチで押されたときに発生する PreviewTouchDown ルーティング イベントのクラス処理を提供します。

OnPreviewTouchMove(TouchEventArgs)

タッチがこの要素の内部にある間にタッチが移動すると発生する PreviewTouchMove ルーティング イベントのクラス処理を提供します。

OnPreviewTouchUp(TouchEventArgs)

この要素の内部のタッチが解放されたときに発生する PreviewTouchUp ルーティング イベントのクラス処理を提供します。

OnPropertyChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

この DependencyObject の依存関係プロパティの有効値が更新された場合に必ず呼び出されます。 変更された特定の依存関係プロパティは、イベント データで報告されます。

(継承元 DependencyObject)
OnQueryContinueDrag(QueryContinueDragEventArgs)

アタッチされた未処理の QueryContinueDrag イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnQueryCursor(QueryCursorEventArgs)

アタッチされた未処理の QueryCursor イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnRender(DrawingContext)

派生クラスでオーバーライドされると、レイアウト システムの指示で行われるレンダリング操作に参加します。 この要素に対するレンダリング指示は、このメソッドの呼び出し時に直接使用されるわけではなく、後からレイアウト処理や描画処理で非同期に使用されるときまで保存されます。

OnRenderSizeChanged(SizeChangedInfo)

派生クラスでオーバーライドされると、レイアウト システムの指示で行われるレンダリング操作に参加します。 レイアウトの更新の結果として要素の RenderSize が変化した場合、このメソッドはレイアウトが更新されてからレンダリングが行われるまでの間に呼び出されます。

OnStylusButtonDown(StylusButtonEventArgs)

アタッチされた未処理の StylusButtonDown イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnStylusButtonUp(StylusButtonEventArgs)

アタッチされた未処理の StylusButtonUp イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnStylusDown(StylusDownEventArgs)

アタッチされた未処理の StylusDown イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnStylusEnter(StylusEventArgs)

未処理の StylusEnter 添付イベントがこの要素で発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnStylusInAirMove(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の StylusInAirMove イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnStylusInRange(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の StylusInRange イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnStylusLeave(StylusEventArgs)

未処理の StylusLeave 添付イベントがこの要素で発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnStylusMove(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の StylusMove イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnStylusOutOfRange(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の StylusOutOfRange イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnStylusSystemGesture(StylusSystemGestureEventArgs)

アタッチされた未処理の StylusSystemGesture イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnStylusUp(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の StylusUp イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnTextInput(TextCompositionEventArgs)

アタッチされた未処理の TextInput イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnTouchDown(TouchEventArgs)

この要素の内部がタッチで押されたときに発生する TouchDown ルーティング イベントのクラス処理を提供します。

OnTouchEnter(TouchEventArgs)

この要素の境界の外部から内部にタッチが移動したときに発生する TouchEnter ルーティング イベントのクラス処理を提供します。

OnTouchLeave(TouchEventArgs)

タッチがこの TouchLeave の境界の内部から外部に移動したときに発生する UIElement ルーティング イベントのクラス処理を提供します。

OnTouchMove(TouchEventArgs)

タッチがこの要素の内部にある間にタッチが移動すると発生する TouchMove ルーティング イベントのクラス処理を提供します。

OnTouchUp(TouchEventArgs)

この要素の内部のタッチが解放されたときに発生する TouchUp ルーティング イベントのクラス処理を提供します。

OnVisualChildrenChanged(DependencyObject, DependencyObject)

ビジュアル オブジェクトの VisualCollection が変更されると呼び出されます。

(継承元 Visual)
OnVisualParentChanged(DependencyObject)

この UIElement の親要素によって、基になるビジュアル親に対する変更が報告されると呼び出されます。

PointFromScreen(Point)

画面座標における Point を、Point の現在の座標系を表す Visual に変換します。

(継承元 Visual)
PointToScreen(Point)

Point の現在の座標系を表す Visual を、画面座標における Point に変換します。

(継承元 Visual)
PredictFocus(FocusNavigationDirection)

派生クラスでオーバーライドされると、指定したフォーカス検査方向のフォーカスを受け取ることになる要素を返します。実際にはフォーカスはその要素に移動しません。

RaiseEvent(RoutedEventArgs)

特定のルーティング イベントを発生させます。 発生する RoutedEvent は、提供された RoutedEventArgs インスタンス内で識別されます (そのイベント データの RoutedEvent プロパティとして)。

ReadLocalValue(DependencyProperty)

ローカルの依存関係プロパティの値を返します (存在する場合)。

(継承元 DependencyObject)
ReleaseAllTouchCaptures()

キャプチャされているすべてのタッチ デバイスをこの要素から解放します。

ReleaseMouseCapture()

この要素がマウス キャプチャを保持していた場合、キャプチャを解放します。

ReleaseStylusCapture()

この要素がスタイラス デバイス キャプチャを保持していた場合、キャプチャを解放します。

ReleaseTouchCapture(TouchDevice)

指定されたタッチ デバイスをこの要素から解放することを試みます。

RemoveHandler(RoutedEvent, Delegate)

指定したルーティング イベント ハンドラーをこの要素から削除します。

RemoveVisualChild(Visual)

2 つのビジュアル間の親子リレーションシップを削除します。

(継承元 Visual)
SetCurrentValue(DependencyProperty, Object)

依存関係プロパティ値のソースを変更せずにその値を設定します。

(継承元 DependencyObject)
SetValue(DependencyProperty, Object)

依存関係プロパティ識別子を指定して、該当する依存関係プロパティのローカル値を設定します。

(継承元 DependencyObject)
SetValue(DependencyPropertyKey, Object)

依存関係プロパティの DependencyPropertyKey 識別子で指定した読み取り専用の依存関係プロパティのローカル値を設定します。

(継承元 DependencyObject)
ShouldSerializeCommandBindings()

シリアル化プロセスが、このクラスのインスタンスに関する CommandBindings プロパティの内容をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。

ShouldSerializeInputBindings()

シリアル化プロセスが、このクラスのインスタンスに関する InputBindings プロパティの内容をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。

ShouldSerializeProperty(DependencyProperty)

シリアル化プロセスが、指定された依存関係プロパティの値をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。

(継承元 DependencyObject)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)
TransformToAncestor(Visual)

Visual からビジュアル オブジェクトの指定した Visual の先祖に座標を変換するために使用できる変換を返します。

(継承元 Visual)
TransformToAncestor(Visual3D)

Visual からビジュアル オブジェクトの指定した Visual3D の先祖に座標を変換するために使用できる変換を返します。

(継承元 Visual)
TransformToDescendant(Visual)

Visual から指定したビジュアル オブジェクトの子孫に座標を変換するために使用できる変換を返します。

(継承元 Visual)
TransformToVisual(Visual)

Visual から指定したビジュアル オブジェクトに座標を変換するために使用できる変換を返します。

(継承元 Visual)
TranslatePoint(Point, UIElement)

この要素に相対的なポイントを、指定した要素に対する相対座標に変換します。

UpdateLayout()

この要素のすべての子ビジュアル要素のレイアウトが正常に更新されるようにします。

VerifyAccess()

呼び出し元のスレッドがこの DispatcherObject にアクセスできるように強制します。

(継承元 DispatcherObject)

イベント

DragEnter

この要素をドラッグ先とする、基になるドラッグ イベントが入力システムによって報告されたときに発生します。

DragLeave

入力システムが、この要素をドラッグ元とする、基になるドラッグ イベントを報告したときに発生します。

DragOver

この要素がドロップ先となる可能性のある、基になるドラッグ イベントを入力システムが報告したときに発生します。

Drop

入力システムがこの要素をドロップ先とするドロップ イベントを報告したときに発生します。

FocusableChanged

Focusable プロパティの値が変化したときに発生します。

GiveFeedback

入力システムがこの要素を対象とするドラッグ アンド ドロップ イベントを報告したときに発生します。

GotFocus

この要素が論理フォーカスを取得したときに発生します。

GotKeyboardFocus

この要素にキーボード フォーカスが移動したときに発生します。

GotMouseCapture

この要素がマウスをキャプチャしたときに発生します。

GotStylusCapture

この要素がスタイラスをキャプチャしたときに発生します。

GotTouchCapture

タッチがこの要素にキャプチャされると発生します。

IsEnabledChanged

この要素の IsEnabled プロパティの値が変更されたときに発生します。

IsHitTestVisibleChanged

この要素の IsHitTestVisible 依存関係プロパティの値が変更されたときに発生します。

IsKeyboardFocusedChanged

この要素の IsKeyboardFocused プロパティの値が変更されたときに発生します。

IsKeyboardFocusWithinChanged

この要素の IsKeyboardFocusWithin プロパティの値が変更されたときに発生します。

IsMouseCapturedChanged

この要素の IsMouseCaptured プロパティの値が変更されたときに発生します。

IsMouseCaptureWithinChanged

この要素の IsMouseCaptureWithinProperty の値が変更されたときに発生します。

IsMouseDirectlyOverChanged

この要素の IsMouseDirectlyOver プロパティの値が変更されたときに発生します。

IsStylusCapturedChanged

この要素の IsStylusCaptured プロパティの値が変更されたときに発生します。

IsStylusCaptureWithinChanged

この要素の IsStylusCaptureWithin プロパティの値が変更されたときに発生します。

IsStylusDirectlyOverChanged

この要素の IsStylusDirectlyOver プロパティの値が変更されたときに発生します。

IsVisibleChanged

この要素の IsVisible プロパティの値が変更されたときに発生します。

KeyDown

この要素にフォーカスがある状態でキーが押されたときに発生します。

KeyUp

この要素にフォーカスがあるときにキーが離されると発生します。

LayoutUpdated

現在の Dispatcher に関連付けられた各種ビジュアル要素のレイアウトが変更されたときに発生します。

LostFocus

この要素が論理フォーカスを失ったときに発生します。

LostKeyboardFocus

この要素からキーボード フォーカスが離れたときに発生します。

LostMouseCapture

この要素がマウス キャプチャを失ったときに発生します。

LostStylusCapture

この要素がスタイラス キャプチャを失ったときに発生します。

LostTouchCapture

この要素がタッチのキャプチャを失うと発生します。

ManipulationBoundaryFeedback

操作中に境界に到達したときに発生します。

ManipulationCompleted

UIElement オブジェクトの操作および慣性による処理が完了すると発生します。

ManipulationDelta

操作中に入力デバイスが位置を変更したときに発生します。

ManipulationInertiaStarting

入力デバイスが操作中に UIElement オブジェクトとの接続を失い、慣性による処理が開始されると発生します。

ManipulationStarted

入力デバイスで UIElement オブジェクトの操作を開始すると発生します。

ManipulationStarting

操作プロセッサを初めて作成するときに発生します。

MouseDown

この要素の上にポインターがある状態でマウス ボタンが押されたときに発生します。

MouseEnter

マウス ポインターがこの要素の境界内に入ったときに発生します。

MouseLeave

マウス ポインターがこの要素の境界内から出たときに発生します。

MouseLeftButtonDown

この要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの左ボタンが押されたときに発生します。

MouseLeftButtonUp

この要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの左ボタンが離されたときに発生します。

MouseMove

この要素の上でマウス ポインターが動かされたときに発生します。

MouseRightButtonDown

この要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの右ボタンが押されたときに発生します。

MouseRightButtonUp

この要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの右ボタンが離されたときに発生します。

MouseUp

この要素の上でいずれかのマウス ボタンが離されたときに発生します。

MouseWheel

この要素の上にマウス ポインターがある状態でユーザーがマウス ホイールを使用したときに発生します。

PreviewDragEnter

この要素をドラッグ先とする、基になるドラッグ イベントが入力システムによって報告されたときに発生します。

PreviewDragLeave

入力システムが、この要素をドラッグ元とする、基になるドラッグ イベントを報告したときに発生します。

PreviewDragOver

この要素がドロップ先となる可能性のある、基になるドラッグ イベントを入力システムが報告したときに発生します。

PreviewDrop

入力システムがこの要素をドロップ先とするドロップ イベントを報告したときに発生します。

PreviewGiveFeedback

ドラッグ アンド ドロップ操作が開始されたときに発生します。

PreviewGotKeyboardFocus

この要素にキーボード フォーカスが移動したときに発生します。

PreviewKeyDown

この要素にフォーカスがある状態でキーが押されたときに発生します。

PreviewKeyUp

この要素にフォーカスがあるときにキーが離されると発生します。

PreviewLostKeyboardFocus

この要素からキーボード フォーカスが離れたときに発生します。

PreviewMouseDown

この要素の上にポインターがある状態でマウス ボタンが押されたときに発生します。

PreviewMouseLeftButtonDown

この要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの左ボタンが押されたときに発生します。

PreviewMouseLeftButtonUp

この要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの左ボタンが離されたときに発生します。

PreviewMouseMove

この要素上でマウス ポインターが動かされたときに発生します。

PreviewMouseRightButtonDown

この要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの右ボタンが押されたときに発生します。

PreviewMouseRightButtonUp

この要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの右ボタンが離されたときに発生します。

PreviewMouseUp

この要素の上にマウス ポインターがある状態でいずれかのマウス ボタンが離されたときに発生します。

PreviewMouseWheel

この要素の上にマウス ポインターがある状態でユーザーがマウス ホイールを使用したときに発生します。

PreviewQueryContinueDrag

ドラッグ アンド ドロップ操作の実行中にキーボードまたはマウス ボタンの状態が変化したときに発生します。

PreviewStylusButtonDown

この要素の上にポインターがある状態でスタイラス ボタンが押されたときに発生します。

PreviewStylusButtonUp

この要素の上にポインターがある状態でスタイラス ボタンが離されたときに発生します。

PreviewStylusDown

この要素上でスタイラスがデジタイザーに触れたときに発生します。

PreviewStylusInAirMove

デジタイザーに実際に触れることなく、要素上でスタイラスを動かしたときに発生します。

PreviewStylusInRange

この要素上で検出可能になるまでスタイラスがデジタイザーに近づいたときに発生します。

PreviewStylusMove

スタイラスが要素上にあるときにスタイラスが移動すると発生します。 このイベントを発生させるためには、デジタイザーによって検出されている間にスタイラスが移動する必要があります。それ以外の場合には、代わりに PreviewStylusInAirMove が発生します。

PreviewStylusOutOfRange

スタイラスがデジタイザーから離れすぎているために検出されないときに発生します。

PreviewStylusSystemGesture

ユーザーがいずれかのスタイラス ジェスチャを実行したときに発生します。

PreviewStylusUp

ユーザーがこの要素上でスタイラスをデジタイザーから離したときに発生します。

PreviewTextInput

この要素がデバイスに依存しない方法でテキストを取得したときに発生します。

PreviewTouchDown

指がこの要素の上にある間に、その指で画面に触れると発生します。

PreviewTouchMove

この要素の上に指があるときに、その指を画面上で動かすと発生します。

PreviewTouchUp

この要素の上に指があるときに、その指が画面から離れると発生します。

QueryContinueDrag

ドラッグ アンド ドロップ操作の実行中にキーボードまたはマウス ボタンの状態が変化したときに発生します。

QueryCursor

カーソルの表示が要求されると発生します。 このイベントは、マウス ポインターが別の位置へ移動するたびに要素上で発生します。したがって、場合によってはカーソル オブジェクトを移動先の位置に基づいて変更する必要があります。

StylusButtonDown

この要素の上にポインターがある状態でスタイラス ボタンが押されたときに発生します。

StylusButtonUp

この要素の上にポインターがある状態でスタイラス ボタンが離されたときに発生します。

StylusDown

この要素上でスタイラスがデジタイザーに触れたときに発生します。

StylusEnter

スタイラスがこの要素の境界内に入ったときに発生します。

StylusInAirMove

デジタイザーに実際に触れることなく、要素上でスタイラスを動かしたときに発生します。

StylusInRange

この要素上で検出可能になるまでスタイラスがデジタイザーに近づいたときに発生します。

StylusLeave

スタイラスが要素の境界内から出たときに発生します。

StylusMove

スタイラスがこの要素上を移動すると発生します。 このイベントを発生させるには、デジタイザー上でスタイラスを移動する必要があります。 それ以外の場合は、代わりに StylusInAirMove が発生します。

StylusOutOfRange

この要素上でスタイラスが検出可能になるにはデジタイザーから離れすぎているときに発生します。

StylusSystemGesture

ユーザーがいずれかのスタイラス ジェスチャを実行したときに発生します。

StylusUp

ユーザーがこの要素上でスタイラスをデジタイザーから離したときに発生します。

TextInput

この要素がデバイスに依存しない方法でテキストを取得したときに発生します。

TouchDown

指がこの要素の上にある間に、その指で画面に触れると発生します。

TouchEnter

タッチがこの要素の境界の外部から内部に移動すると発生します。

TouchLeave

タッチがこの要素の境界の内部から外部に移動すると発生します。

TouchMove

この要素の上に指があるときに、その指を画面上で動かすと発生します。

TouchUp

この要素の上に指があるときに、その指が画面から離れると発生します。

適用対象