XpsSerializationManagerAsync クラス

定義

非同期的な XML Paper Specification (XPS) シリアライザーと型コンバーターを管理します。Manages asynchronous XML Paper Specification (XPS) serializers and type converters.

public ref class XpsSerializationManagerAsync sealed : System::Windows::Xps::Serialization::XpsSerializationManager
public sealed class XpsSerializationManagerAsync : System.Windows.Xps.Serialization.XpsSerializationManager
type XpsSerializationManagerAsync = class
    inherit XpsSerializationManager
Public NotInheritable Class XpsSerializationManagerAsync
Inherits XpsSerializationManager
継承

注釈

XpsSerializationManagerAsyncにコンテンツをXpsDocument書き込む非同期シリアライザーおよび型コンバーターを管理します。XpsSerializationManagerAsync manages asynchronous serializers and type converters that write content to an XpsDocument.

XpsSerializationManagerにコンテンツをXpsDocument書き込む同期シリアライザーおよび型コンバーターを管理します。XpsSerializationManager manages synchronous serializers and type converters that write content to an XpsDocument.

コンストラクター

XpsSerializationManagerAsync(BasePackagingPolicy, Boolean)

XpsSerializationManagerAsync クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the XpsSerializationManagerAsync class.

プロパティ

IsBatchMode

シリアル化マネージャーがバッチ モードかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the serialization manager is in batch mode.

(継承元 XpsSerializationManager)

メソッド

CancelAsync()

非同期のシリアル化操作をキャンセルします。Cancels an asynchronous serialization operation.

Commit()

すべての変更をコミットし、すべてのバッファーされたデータを出力として書き込みます。Commits all changes and writes all buffered data as output.

Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
SaveAsXaml(Object)

指定したシリアル化されたオブジェクトを XML Paper Specification (XPS)XML Paper Specification (XPS) パッケージに保存します。Saves a specified serialized object to an XML Paper Specification (XPS)XML Paper Specification (XPS) package.

SetFontSubsettingCountPolicy(Int32)

フォントのサブセット化の処理を行うページまたはドキュメントの数を設定します。Sets the number of pages or documents to process for font-subsetting.

(継承元 XpsSerializationManager)
SetFontSubsettingPolicy(FontSubsetterCommitPolicies)

フォントのサブセット化が実行される場合に使用される単位を設定します。Sets the granularity at which font-subsetting is performed.

(継承元 XpsSerializationManager)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

イベント

XpsSerializationCompleted

シリアル化操作が終了したときに発生します。Occurs when a serialization operation finishes.

XpsSerializationPrintTicketRequired

XPSXPS シリアライザーが PrintTicket を要求したときに発生します。Occurs when an XPSXPS serializer requests a PrintTicket.

(継承元 XpsSerializationManager)
XpsSerializationProgressChanged

ページまたはドキュメントがシリアル化を終了したときに発生します。Occurs when a page or document finishes serialization.

(継承元 XpsSerializationManager)

明示的なインターフェイスの実装

IDisposable.Dispose()

このメンバーは、Windows Presentation Foundation インフラストラクチャをサポートしますが、独自に作成したコードから直接使用するためのものではありません。This member supports the Windows Presentation Foundation infrastructure and is not intended to be used directly from your code.

(継承元 PackageSerializationManager)

適用対象