ActivityCollection.ICollection<Activity>.Remove(Activity) メソッド

定義

特定のオブジェクトが ICollection<T> 内にあるときに、最初に出現したものを削除します。Removes the first occurrence of a specific object from the ICollection<T>.

 virtual bool System.Collections.Generic.ICollection<System.Workflow.ComponentModel.Activity>.Remove(System::Workflow::ComponentModel::Activity ^ item) = System::Collections::Generic::ICollection<System::Workflow::ComponentModel::Activity ^>::Remove;
bool ICollection<Activity>.Remove (System.Workflow.ComponentModel.Activity item);
Function Remove (item As Activity) As Boolean Implements ICollection(Of Activity).Remove

パラメーター

item
Activity

ICollection<T> から削除するオブジェクト。The object to remove from the ICollection<T>.

戻り値

trueitem から正常に削除された場合は ICollection<T>。それ以外の場合は falsetrue if item was successfully removed from the ICollection<T>; otherwise, false. このメソッドは、false が元の item に見つからない場合にも ICollection<T> を返します。This method also returns false if item is not found in the original ICollection<T>.

実装

例外

ICollection は読み取り専用です。The ICollection is read-only.

注釈

オブジェクトが等しいかどうかを判断する方法で実装が異なります。たとえば、List<T> では Default が使用されます。また、Dictionary<TKey,TValue> では、IComparer<T> 実装をキーの比較に使うかどうかをユーザーが指定できます。Implementations can vary in how they determine equality of objects; for example, List<T> uses Default, whereas, Dictionary<TKey,TValue> allows the user to specify the IComparer<T> implementation to use for comparing keys.

リストなどの連続する要素のコレクションでは、空白になった位置を埋めるために、削除された要素の後にある要素の位置が繰り上げられます。In collections of contiguous elements, such as lists, the elements that follow the removed element move up to occupy the vacated spot. コレクションにインデックスがある場合、移動した要素のインデックスも更新されます。If the collection is indexed, the indexes of the elements that are moved are also updated. この動作は、要素が概念的にバケットにグループ化されているハッシュ テーブルなどのコレクションには適用されません。This behavior does not apply to collections where elements are conceptually grouped into buckets, such as a hash table.

適用対象