ActivityCollection.IList<Activity>.RemoveAt(Int32) メソッド

定義

指定したインデックスにある IList 項目を削除します。Removes the IList item at the specified index.

 virtual void System.Collections.Generic.IList<System.Workflow.ComponentModel.Activity>.RemoveAt(int index) = System::Collections::Generic::IList<System::Workflow::ComponentModel::Activity ^>::RemoveAt;
void IList<Activity>.RemoveAt (int index);
Sub RemoveAt (index As Integer) Implements IList(Of Activity).RemoveAt

パラメーター

index
Int32

削除する項目の 0 から始まるインデックス。The zero-based index of the item to remove.

実装

例外

indexIList の有効なインデックスではありません。index is not a valid index in the IList.

ICollection は読み取り専用です。The ICollection is read-only.

注釈

リストなどの連続する要素のコレクションでは、空白になった位置を埋めるために、削除された要素の後にある要素の位置が繰り上げられます。In collections of contiguous elements, such as lists, the elements that follow the removed element move up to occupy the vacated spot. コレクションにインデックスがある場合、移動した要素のインデックスも更新されます。If the collection is indexed, the indexes of the elements that are moved are also updated. この動作は、要素が概念的にバケットにグループ化されているハッシュ テーブルなどのコレクションには適用されません。This behavior does not apply to collections where elements are conceptually grouped into buckets, such as a hash table.

適用対象