WorkflowMarkupSerializationException クラス

定義

シリアル化と逆シリアル化を実行するメソッドによってスローされる例外。The exception that is thrown by methods that perform serialization and deserialization.

public ref class WorkflowMarkupSerializationException : Exception
[System.Serializable]
public class WorkflowMarkupSerializationException : Exception
type WorkflowMarkupSerializationException = class
    inherit Exception
Public Class WorkflowMarkupSerializationException
Inherits Exception
継承
WorkflowMarkupSerializationException
属性

注釈

注意

ここでは、廃止された型と名前空間について説明します。This material discusses types and namespaces that are obsolete. 詳細については、「.NET 4.5 での Windows Workflow Foundation の新機能」を参照してください。For more information, see Deprecated Types in Windows Workflow Foundation 4.5.

WorkflowMarkupSerializationException には、例外がスローされる原因となった行と列の場所に関する情報が含まれます。WorkflowMarkupSerializationException includes information about the line and column locations that caused the exception to be thrown.

コンストラクター

WorkflowMarkupSerializationException()

WorkflowMarkupSerializationException クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the WorkflowMarkupSerializationException class.

WorkflowMarkupSerializationException(SerializationInfo, StreamingContext)

シリアル化したデータを使用して、WorkflowMarkupSerializationException クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the WorkflowMarkupSerializationException class by using serialized data.

WorkflowMarkupSerializationException(String)

指定したエラー メッセージを使用して、WorkflowMarkupSerializationException クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the WorkflowMarkupSerializationException class by using the specified error message.

WorkflowMarkupSerializationException(String, Exception)

エラー メッセージと例外を使用して、WorkflowMarkupSerializationException クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the WorkflowMarkupSerializationException class by using an error message and an exception.

WorkflowMarkupSerializationException(String, Exception, Int32, Int32)

エラー メッセージ、例外、例外がスローされる原因となった行と列の番号を使用して、WorkflowMarkupSerializationException クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the WorkflowMarkupSerializationException class by using an error message, an exception, and the line and column numbers that caused the exception to be thrown.

WorkflowMarkupSerializationException(String, Int32, Int32)

エラー メッセージと、例外がスローされる原因となった行と列の番号を使用して、WorkflowMarkupSerializationException クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the WorkflowMarkupSerializationException class by using an error message and the line and column numbers that caused the exception to be thrown.

プロパティ

Data

例外に関する追加のユーザー定義情報を提供する、キー/値ペアのコレクションを取得します。Gets a collection of key/value pairs that provide additional user-defined information about the exception.

(継承元 Exception)
HelpLink

この例外に関連付けられているヘルプ ファイルへのリンクを取得または設定します。Gets or sets a link to the help file associated with this exception.

(継承元 Exception)
HResult

特定の例外に割り当てられているコード化数値である HRESULT を取得または設定します。Gets or sets HRESULT, a coded numerical value that is assigned to a specific exception.

(継承元 Exception)
InnerException

現在の例外の原因となる Exception インスタンスを取得します。Gets the Exception instance that caused the current exception.

(継承元 Exception)
LineNumber

例外がスローされる原因になったオブジェクトまたは XOML ファイル内の行番号を取得します。Gets the line number in the object or XOML file that caused the exception to be thrown.

LinePosition

例外がスローされる原因になったオブジェクトまたは XOML ファイル内の列の位置を取得します。Gets the column position in the object or XOML file that caused the exception to be thrown.

Message

現在の例外を説明するメッセージを取得します。Gets a message that describes the current exception.

(継承元 Exception)
Source

エラーの原因となるアプリケーションまたはオブジェクトの名前を取得または設定します。Gets or sets the name of the application or the object that causes the error.

(継承元 Exception)
StackTrace

呼び出し履歴で直前のフレームの文字列形式を取得します。Gets a string representation of the immediate frames on the call stack.

(継承元 Exception)
TargetSite

現在の例外がスローされたメソッドを取得します。Gets the method that throws the current exception.

(継承元 Exception)

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetBaseException()

派生クラスでオーバーライドされた場合、それ以後に発生する 1 つ以上の例外の主要な原因である Exception を返します。When overridden in a derived class, returns the Exception that is the root cause of one or more subsequent exceptions.

(継承元 Exception)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

SerializationInfo に関する情報を使用して、指定された WorkflowMarkupSerializationException を設定します。Sets the specified SerializationInfo with information about the WorkflowMarkupSerializationException.

GetType()

現在のインスタンスのランタイム型を取得します。Gets the runtime type of the current instance.

(継承元 Exception)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在の例外の文字列形式を作成して返します。Creates and returns a string representation of the current exception.

(継承元 Exception)

イベント

SerializeObjectState

例外がシリアル化され、例外に関するシリアル化されたデータを含む例外状態オブジェクトが作成されたときに発生します。Occurs when an exception is serialized to create an exception state object that contains serialized data about the exception.

(継承元 Exception)

適用対象