ActivityTrackPoint ActivityTrackPoint ActivityTrackPoint ActivityTrackPoint Class

定義

警告

この API は現在使われていません。

ワークフロー インスタンスの実行パス内の追跡対象となる、アクティビティ実行ステータスの変化に関連付けられたポイントを定義します。Defines a point, associated with an activity execution status change, to be tracked that is in the potential execution path of a workflow instance. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

public ref class ActivityTrackPoint sealed
[System.Obsolete("The System.Workflow.* types are deprecated.  Instead, please use the new types from System.Activities.*")]
public sealed class ActivityTrackPoint
type ActivityTrackPoint = class
Public NotInheritable Class ActivityTrackPoint
継承
ActivityTrackPointActivityTrackPointActivityTrackPointActivityTrackPoint
属性

注釈

注意

ここでは、廃止された型と名前空間について説明します。This material discusses types and namespaces that are obsolete. 詳細については、「.NET 4.5 での Windows Workflow Foundation の新機能」を参照してください。For more information, see Deprecated Types in Windows Workflow Foundation 4.5.

アクティビティの実行ステータスが変わるたびに、ワークフロー インスタンスはアクティビティ ステータス イベントをランタイム追跡インフラストラクチャに送信します。Whenever the execution status of an activity changes, the workflow instance emits an activity status event to the runtime tracking infrastructure. ActivityTrackPoint は、そのようなアクティビティ ステータス イベントで修飾された、ワークフロー実行パス内のポイントを定義します。An ActivityTrackPoint defines a point of interest in the potential execution path of a workflow, qualified by such an activity status event. ActivityTrackPoint には、照合に含まれる場所、照合から除外される場所、および追跡ポイントの照合時にワークフロー インスタンスから抽出されるデータが格納されます。An ActivityTrackPoint contains locations that are included in matching, locations that are excluded from matching, and the data that should be extracted from the workflow instance when the track point is matched. ActivityTrackPointActivityTrackPoints に追加すると、ランタイム追跡インフラストラクチャは、指定されたアクティビティ ステータス イベントのセットが発生したときに ActivityTrackingRecord を追跡サービスに送ります。You can add an ActivityTrackPoint to ActivityTrackPoints to instruct the runtime tracking infrastructure to send an ActivityTrackingRecord to the tracking service when the specified set of activity status events occur. 単一の ActivityTrackPoint は、ワークフロー インスタンスの複数のポイントで照合できます。A single ActivityTrackPoint may be matched at multiple points in the workflow instance.

ActivityTrackingLocation には、ワークフロー インスタンス実行パス内の場所の一致条件が含まれます。An ActivityTrackingLocation contains match conditions for a location or locations in the potential execution path of a workflow instance. ActivityTrackingLocation オブジェクトを MatchingLocations に追加すれば、追跡ポイントの照合に含める必要がある場所を定義できます。You can add ActivityTrackingLocation objects to MatchingLocations to define locations that should be included in matching by the track point. 同様に、ActivityTrackingLocation オブジェクトを ExcludedLocations に追加すれば、追跡ポイントの照合に含めない場所を定義できます。Similarly, you can add ActivityTrackingLocation objects to ExcludedLocations to define locations that should be excluded from matching by the track point.

ActivityDataTrackingExtract オブジェクトと WorkflowDataTrackingExtract オブジェクトを Extracts に追加して、追跡ポイントと一致するときにワークフロー インスタンスから抽出するデータを指定します。You can add ActivityDataTrackingExtract objects and WorkflowDataTrackingExtract objects to Extracts to specify data that should be extracted from the workflow instance when the track point is matched. 抽出されたデータは ActivityTrackingRecord に格納されます。The extracted data will be included in the ActivityTrackingRecord.

Annotations に追加することによって、追跡ポイントに関連付ける追加情報を指定できます。You can add to Annotations to specify additional information associated with the track point. このような注釈は、追跡ポイントの照合時に送られる ActivityTrackingRecord に含められます。These annotations will be included in the ActivityTrackingRecord sent when the track point is matched.

コンストラクター

ActivityTrackPoint() ActivityTrackPoint() ActivityTrackPoint() ActivityTrackPoint()

ActivityTrackPoint クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the ActivityTrackPoint class.

プロパティ

Annotations Annotations Annotations Annotations

追跡ポイントに関連付けられている注釈のコレクションを取得します。Gets the collection of annotations associated with the track point.

ExcludedLocations ExcludedLocations ExcludedLocations ExcludedLocations

ランタイム追跡インフラストラクチャによる追跡ポイントに含めない場所のコレクションを取得します。Gets the collection of locations that should be excluded from the track point by the runtime tracking infrastructure.

Extracts Extracts Extracts Extracts

ワークフロー インスタンスから抽出して追跡サービスに送る対象のデータを指定するコレクションを取得します。Gets a collection that specifies data to be extracted from the workflow instance and sent to the tracking service.

MatchingLocations MatchingLocations MatchingLocations MatchingLocations

ランタイム追跡インフラストラクチャによる追跡ポイントの照合に含めるべき場所のコレクションを取得します。Gets the collection of locations that should be included in matching for the track point by the runtime tracking infrastructure.

メソッド

Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(Inherited from Object)
GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(Inherited from Object)
GetType() GetType() GetType() GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(Inherited from Object)
MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(Inherited from Object)
ToString() ToString() ToString() ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(Inherited from Object)

適用対象