WorkflowOwnershipException クラス

定義

注意事項

The System.Workflow.* types are deprecated. Instead, please use the new types from System.Activities.*

ワークフロー ランタイム エンジンが、ワークフロー ランタイム エンジンの別のインスタンスによって現在読み込まれているワークフロー インスタンスを読み込もうとしたときにスローされる例外。 さらに、ワークフローの読み込み時に指定された所有権タイムアウトが期限切れになった後にワークフロー ランタイム エンジンがワークフローを保存しようとしたときも、この例外がスローされます。

public ref class WorkflowOwnershipException : Exception
[System.Serializable]
public class WorkflowOwnershipException : Exception
[System.Serializable]
[System.Obsolete("The System.Workflow.* types are deprecated.  Instead, please use the new types from System.Activities.*")]
public class WorkflowOwnershipException : Exception
[<System.Serializable>]
type WorkflowOwnershipException = class
    inherit Exception
[<System.Serializable>]
[<System.Obsolete("The System.Workflow.* types are deprecated.  Instead, please use the new types from System.Activities.*")>]
type WorkflowOwnershipException = class
    inherit Exception
Public Class WorkflowOwnershipException
Inherits Exception
継承
WorkflowOwnershipException
属性

注釈

注意

ここでは、廃止された型と名前空間について説明します。 詳細については、「.NET 4.5 での Windows Workflow Foundation の新機能」を参照してください。

WorkflowOwnershipException は、複数のアプリケーションが同一データベースにアクセスできることをサポートする永続性サービスによって使用されます。 こうした環境では、ワークフロー ランタイムのインスタンスが読み込もうとするワークフローが、ワークフロー ランタイム エンジンの別のインスタンスによって既に読み込まれている場合があります。 たとえば SqlWorkflowPersistenceService クラスは、この状況になると WorkflowOwnershipException をスローします。

WorkflowOwnershipException をスローする永続性サービスを実装する場合は、例外をスローする前に、クラスの適切なコンストラクターを使用するか Guid プロパティを設定することによって、例外が発生したワークフロー インスタンスの InstanceId を指定する必要があります。

コンストラクター

WorkflowOwnershipException()

WorkflowOwnershipException クラスの新しいインスタンスを初期化します。

WorkflowOwnershipException(Guid)

指定したワークフロー インスタンスの WorkflowOwnershipException を使用して、Guid クラスの新しいインスタンスを初期化します。

WorkflowOwnershipException(Guid, String)

指定したワークフロー インスタンスの WorkflowOwnershipException および指定したエラー メッセージを使用して、Guid クラスの新しいインスタンスを初期化します。

WorkflowOwnershipException(Guid, String, Exception)

指定したワークフロー インスタンスの WorkflowOwnershipException、指定したエラー メッセージ、およびこの例外の原因となった内部例外への参照を使用して、Guid クラスの新しいインスタンスを初期化します。

WorkflowOwnershipException(SerializationInfo, StreamingContext)

シリアル化されたデータを使用して WorkflowOwnershipException クラスの新しいインスタンスを初期化します。

WorkflowOwnershipException(String)

指定したエラー メッセージを使用して、WorkflowOwnershipException クラスの新しいインスタンスを初期化します。

WorkflowOwnershipException(String, Exception)

指定したエラー メッセージおよびこの例外の原因となった内部例外への参照を使用して、WorkflowOwnershipException クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

Data

例外に関する追加のユーザー定義情報を提供する、キーと値のペアのコレクションを取得します。

(継承元 Exception)
HelpLink

この例外に関連付けられているヘルプ ファイルへのリンクを取得または設定します。

(継承元 Exception)
HResult

特定の例外に割り当てられているコード化数値である HRESULT を取得または設定します。

(継承元 Exception)
InnerException

現在の例外の原因となる Exception インスタンスを取得します。

(継承元 Exception)
InstanceId

この例外がスローされたワークフロー インスタンスの Guid を取得します。

Message

現在の例外を説明するメッセージを取得します。

(継承元 Exception)
Source

エラーの原因となるアプリケーションまたはオブジェクトの名前を取得または設定します。

(継承元 Exception)
StackTrace

呼び出し履歴で直前のフレームの文字列形式を取得します。

(継承元 Exception)
TargetSite

現在の例外がスローされたメソッドを取得します。

(継承元 Exception)

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetBaseException()

派生クラスでオーバーライドされた場合、それ以後に発生する 1 つ以上の例外の根本原因である Exception を返します。

(継承元 Exception)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

この例外に関連したワークフロー インスタンスの SerializationInfo、および例外に関する他の追加情報を使用して、Guid オブジェクトを設定します。

GetType()

現在のインスタンスのランタイム型を取得します。

(継承元 Exception)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()

現在の例外の文字列形式を作成して返します。

(継承元 Exception)

イベント

SerializeObjectState
互換性のために残されています。

例外がシリアル化され、例外に関するシリアル化されたデータを含む例外状態オブジェクトが作成されたときに発生します。

(継承元 Exception)

適用対象