XamlDeferringLoader クラス

定義

遅延コンテンツを読み込み、それらのコンテンツを返す XAML リーダーの動作を表します。Represents a XAML reader behavior that loads and returns deferred content.

public ref class XamlDeferringLoader abstract
public abstract class XamlDeferringLoader
type XamlDeferringLoader = class
Public MustInherit Class XamlDeferringLoader
継承
XamlDeferringLoader
派生

注釈

このクラスは、.NET Framework XAML サービスによって実装される他の XAML リーダーによって基底クラスとして使用されることはありません。This class is not used as a base class by other XAML readers that are implemented by .NET Framework XAML Services. 代わりに、などのリーダー XamlObjectReaderによる値渡しのために内部的に使用されるか、または、プレゼンテーションフレームワーク .dll TemplateContentLoaderからのようなテクノロジ固有の実装の基底クラスとして使用されます。Instead, it is used internally for value-passing by readers such as XamlObjectReader; or it is used as a base class for a technology-specific implementation, such as TemplateContentLoader from PresentationFramework.dll.

コンストラクター

XamlDeferringLoader()

XamlDeferringLoader クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the XamlDeferringLoader class.

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
Load(XamlReader, IServiceProvider)

XamlReader およびサービス プロバイダーの必要な特定のサービスに基づいて、XAML コンテンツを遅延モードで読み込みます。Loads XAML content in a deferred mode, which is based on a XamlReader and certain required services from a service provider.

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
Save(Object, IServiceProvider)

遅延読み込みの値をコミットします。Commits a value for deferred loading.

ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください