XamlInternalException クラス

定義

XAML の読み取り中および XAML の書き込み中に発生する内部矛盾に対してスローされる例外です。The exception that is thrown for internal inconsistencies that occur during XAML reading and XAML writing.

public ref class XamlInternalException : System::Xaml::XamlException
[System.Serializable]
public class XamlInternalException : System.Xaml.XamlException
type XamlInternalException = class
    inherit XamlException
Public Class XamlInternalException
Inherits XamlException
継承
XamlInternalException
属性

注釈

この例外がスローされるのは、通常、XAML リーダーまたは XAML ライターシステムの一部がコードによって拡張され、.NET Framework XAML サービスのシステムコードに渡された不整合または実装の問題が発生した場合のみです。This exception is usually thrown only when some aspect of the XAML reader or XAML writer system was extended by your code, and inconsistencies or implementation problems occurred that were passed on to the .NET Framework XAML Services system code. Xaml の解析やエラーの発生など、サードパーティ製の例外はスロー XamlInternalExceptionしないでください。代わりにXamlParseExceptionXamlObjectWriterExceptionなどの他の例外をスローする必要があります。Exceptions that might originate from third parties, such as parsing XAML and encountering errors in the XAML, should not throw XamlInternalException, and should instead throw other exceptions such as XamlParseException or XamlObjectWriterException.

Xaml リーダーまたは xaml ライターの実装のコードを記述する場合は .NET Framework の xaml サービスを拡張するコードを記述する場合、 XamlInternalExceptionとその他の xaml 関連の例外との違いを維持する必要があります。If you are writing code that extends .NET Framework XAML Services, in particular, if you are writing code for a XAML reader or XAML writer implementation, you should maintain this distinction between XamlInternalException and the other XAML-related exceptions. コードをスロー XamlInternalExceptionするのは、呼び出し可能コードで定義されている設計上の原則または実装パターンにクラスの追加の拡張が違反している場合のみです。Your code should only throw XamlInternalException in cases where further extension of your class violates some design principle or implementation pattern that your callable code defines. コードでは、XAML リーダーまたは XAML ライターの実装が拡張なしで使用され、サードパーティの XAML、サードパーティの XAML スキーマコンテキストなどを読み込むために使用される例外の場合に、XAML 固有のその他の例外をスローする必要があります。Your code should throw other XAML-specific exceptions for exception cases where your XAML reader or XAML writer implementation is used without extension and is used to load third-party XAML, third-party XAML schema context, and so on.

コンストラクター

XamlInternalException()

エラーを説明するシステム提供のメッセージを使用して、XamlInternalException クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the XamlInternalException class with a system-supplied message that describes the error.

XamlInternalException(SerializationInfo, StreamingContext)

シリアル化したデータを使用して、XamlInternalException クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the XamlInternalException class with serialized data.

XamlInternalException(String)

エラーを説明する指定したメッセージを使用して、XamlInternalException クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the XamlInternalException class with a specified message that describes the error.

XamlInternalException(String, Exception)

指定したエラー メッセージおよびこの例外の原因となった内部例外への参照を使用して、XamlInternalException クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the XamlInternalException class with a specified error message and a reference to the inner exception that is the cause of this exception.

プロパティ

Data

例外に関する追加のユーザー定義情報を提供する、キー/値ペアのコレクションを取得します。Gets a collection of key/value pairs that provide additional user-defined information about the exception.

(継承元 Exception)
HelpLink

この例外に関連付けられているヘルプ ファイルへのリンクを取得または設定します。Gets or sets a link to the help file associated with this exception.

(継承元 Exception)
HResult

特定の例外に割り当てられているコード化数値である HRESULT を取得または設定します。Gets or sets HRESULT, a coded numerical value that is assigned to a specific exception.

(継承元 Exception)
InnerException

現在の例外の原因となる Exception インスタンスを取得します。Gets the Exception instance that caused the current exception.

(継承元 Exception)
LineNumber

例外で報告される XAML テキスト行情報の行番号コンポーネントを取得または設定します。Gets or sets the line number component of XAML text line information that the exception reports.

(継承元 XamlException)
LinePosition

例外で報告される XAML テキスト行情報の行の位置コンポーネントを取得または設定します。Gets or sets the line position component of XAML text line information that the exception reports.

(継承元 XamlException)
Message

例外メッセージを取得または設定します。行情報を取得できる場合は、例外メッセージに行情報を追加します。Gets or sets the exception message, and if line information is available, appends the line information to the message.

(継承元 XamlException)
Source

エラーの原因となるアプリケーションまたはオブジェクトの名前を取得または設定します。Gets or sets the name of the application or the object that causes the error.

(継承元 Exception)
StackTrace

呼び出し履歴で直前のフレームの文字列形式を取得します。Gets a string representation of the immediate frames on the call stack.

(継承元 Exception)
TargetSite

現在の例外がスローされたメソッドを取得します。Gets the method that throws the current exception.

(継承元 Exception)

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetBaseException()

派生クラスでオーバーライドされた場合、それ以後に発生する 1 つ以上の例外の根本原因である Exception を返します。When overridden in a derived class, returns the Exception that is the root cause of one or more subsequent exceptions.

(継承元 Exception)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext) を実装し、行情報データのシリアル化のサポートを提供します。Implements GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext) and provides serialization support for the line information data.

(継承元 XamlException)
GetType()

現在のインスタンスのランタイム型を取得します。Gets the runtime type of the current instance.

(継承元 Exception)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在の例外の文字列形式を作成して返します。Creates and returns a string representation of the current exception.

(継承元 Exception)

イベント

SerializeObjectState

例外がシリアル化され、例外に関するシリアル化されたデータを含む例外状態オブジェクトが作成されたときに発生します。Occurs when an exception is serialized to create an exception state object that contains serialized data about the exception.

(継承元 Exception)

適用対象

こちらもご覧ください