XamlObjectReader Class

定義

オブジェクト グラフを読み取り、XAML ノード ストリームを生成する XamlReader 実装を提供します。 Provides a XamlReader implementation that reads object graphs and generates a XAML node stream.

public class XamlObjectReader : System.Xaml.XamlReader
継承
XamlObjectReader

注釈

使用して、XamlObjectReaderオブジェクト グラフを処理する場合、これは通常、アプリケーションの XAML ソースから生成される最初のオブジェクト グラフ。Use the XamlObjectReader in scenarios where you want to process an object graph, which is typically the object graph of an application that is originally generated from a XAML source. 使用する場合があります、 XamlObjectReader XAML の開始点から XAML の終了点へのラウンド トリップが行われます。You might use the XamlObjectReader where a round trip is made from a XAML start point to a XAML end point. 実行すると、または、 XamlObjectReader ; オブジェクト グラフの上での Api を使用して、必要な場合に、中間の XAML ノード ストリームを処理XamlTypeXamlMember; しを使用してXamlXmlWriterを XAML ノードを XML にシリアル化します。Or you might run a XamlObjectReader over the object graph; process the intermediate XAML node stream, if it is required, by using APIs on XamlType and XamlMember; and then use XamlXmlWriter to serialize XAML nodes to XML.

高度なシナリオを提供すること、 XamlXmlWriter override キーワードと、特定の XAML スキーマ コンテキストをXamlObjectReaderを使用し、ライターの上書きに渡します。More advanced scenarios might supply a XamlXmlWriter override and a specific XAML schema context that the XamlObjectReader uses and then passes to the writer override.

使用するための一般的なシナリオXamlObjectReaderメンバーを呼び出すXamlObjectReader実装は、呼び出すこともCloseReadSubtree、およびSkipから、XamlReader基本クラス。Typical scenarios for using XamlObjectReader call the members that XamlObjectReader implements; they also call Close, ReadSubtree, and Skip from the XamlReader base class.

コンストラクター

XamlObjectReader(Object)

XamlObjectReader クラスの新しいインスタンスを初期化します。 Initializes a new instance of the XamlObjectReader class.

XamlObjectReader(Object, XamlObjectReaderSettings)

指定されたリーダー設定を使用して、XamlObjectReader クラスの新しいインスタンスを初期化します。 Initializes a new instance of the XamlObjectReader class with the specified reader settings.

XamlObjectReader(Object, XamlSchemaContext)

指定されたスキーマ コンテキストを使用して、XamlObjectReader クラスの新しいインスタンスを初期化します。 Initializes a new instance of the XamlObjectReader class with the specified schema context.

XamlObjectReader(Object, XamlSchemaContext, XamlObjectReaderSettings)

指定されたスキーマ コンテキストとリーダー設定を使用して、XamlObjectReader クラスの新しいインスタンスを作成します。 Initializes a new instance of the XamlObjectReader class with the specified schema context and reader settings.

プロパティ

Instance

現在のリーダーの位置にある使用可能なオブジェクト インスタンスを取得します。 Gets the object instance that is available at the current reader position.

IsDisposed

Dispose(Boolean) が呼び出されているかどうかを取得します。 Gets whether Dispose(Boolean) has been called.

(Inherited from XamlReader)
IsEof

リーダーがファイルの末尾に配置されているかどうかを示す値を取得します。 Gets a value that reports whether the reader position is at the end of the file.

Member

リーダーが XamlMember 上に配置されている場合に、リーダーが現在配置されている StartMember を取得します。 Gets the current XamlMember at the reader position, if the reader position is on a StartMember.

Namespace

現在のリーダーの位置から XAML 名前空間宣言を取得します。 Gets the XAML namespace declaration from the current reader position.

NodeType

現在のノードの種類を取得します。 Gets the type of the current node.

SchemaContext

情報セットにスキーマ情報を提供するオブジェクトを取得します。 Gets an object that provides schema information for the information set.

Type

現在のリーダーの位置にあるオブジェクトの XamlType を取得します。 Gets the XamlType of the object at the current reader position.

Value

現在のリーダーの位置にあるノードの値を取得します。 Gets the value of the node at the current reader position.

方法

Close()

XAML ノード ストリームを閉じます。 Closes the XAML node stream.

(Inherited from XamlReader)
Dispose(Boolean)

XamlReader によって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。 Releases the unmanaged resources used by the XamlReader, and optionally, releases the managed resources.

(Inherited from XamlReader)
Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。 Determines whether the specified object is equal to the current object.

(Inherited from Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。 Serves as the default hash function.

(Inherited from Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。 Gets the Type of the current instance.

(Inherited from Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。 Creates a shallow copy of the current Object.

(Inherited from Object)
Read()

ソース オブジェクト グラフから次の XAML ノードを読み取ります (ノードがある場合)。 Provides the next XAML node from the source object graph, if a node is available.

ReadSubtree()

現在の XamlReader に基づく XamlReader を返します。返された XamlReader は、XAML ノード構造のサブツリーでの反復処理に使用されます。 Returns a XamlReader that is based on the current XamlReader, where the returned XamlReader is used to iterate through a subtree of the XAML node structure.

(Inherited from XamlReader)
Skip()

現在のノードをスキップして、リーダーの位置を次のノードに進めます。 Skips the current node and advances the reader position to the next node.

(Inherited from XamlReader)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 Returns a string that represents the current object.

(Inherited from Object)

明示的なインターフェイスの実装

IDisposable.Dispose()

XamlReader クラスの現在のインスタンスによって使用されているすべてのリソースを解放します。 Releases all resources used by the current instance of the XamlReader class.

(Inherited from XamlReader)

適用対象