XamlServices.Load メソッド

定義

XAML リーダーの読み取り元を読み込み、その出力をオブジェクト グラフとして書き込みます。

オーバーロード

Load(Stream)

XAML リーダーの読み取り元の Stream を読み込み、その出力をオブジェクト グラフとして書き込みます。

Load(TextReader)

TextReader から XAML リーダーを作成し、オブジェクト グラフを返します。

Load(String)

XAML リーダーの読み取り元の Stream を読み込み、オブジェクト グラフを返します。

Load(XamlReader)

固有の XAML リーダー実装を読み込み、オブジェクト グラフを返します。

Load(XmlReader)

固有の XML リーダー実装を読み込み、オブジェクト グラフを返します。

Load(Stream)

XAML リーダーの読み取り元の Stream を読み込み、その出力をオブジェクト グラフとして書き込みます。

public:
 static System::Object ^ Load(System::IO::Stream ^ stream);
public static object Load (System.IO.Stream stream);
static member Load : System.IO.Stream -> obj
Public Shared Function Load (stream As Stream) As Object

パラメーター

stream
Stream

入力として読み込むストリーム。

戻り値

Object

出力として書き込まれるオブジェクト グラフ。

例外

streamnullです。

注釈

メソッドのシグネチャによって、 Load(Stream) ソース XAML に対して異なる種類の入力が指定されます。 内部実装では Load(Stream) 、最初に XmlReader 呼び出 Create(Stream) しによって作成され、次に入力を処理する特殊化されたインスタンスの新しいインスタンスが作成されます XamlReader

呼び出しで Load(Stream) オブジェクト グラフが正常に作成されるようにするには、次のことが該当する必要があります。

  • ソースは整形式で有効な XML です。

  • ソースは、言語レベルで有効な XAML です。

  • ソース XAML で指定された XAML 型は、関連する XAML 名前空間のバッキング型に解決する必要があります。 たとえば、WPF 名前空間の XAML 型は、XAML で指定されている WPF XAML 名前空間に解決できます。WPF のアセンブリは、プロジェクトに含めるか、実行時に使用できる必要があります。などなど。

重要

XamlServicesは、WINDOWS PRESENTATION FOUNDATION (WPF) 型または WPF に基づく型を処理する場合は、推奨される XAML 読み取りまたは XAML 書き込み API セットではありません。 WPF を使用する場合は、XAML の読み取りまたは読み込み、および XAML の書き戻しSystem.Windows.Markup.XamlWriterに使用System.Windows.Markup.XamlReaderします。 これらのクラスは実装で内部的に API を使用 System.Xaml しますが、依存関係プロパティの最適化など、XAML の読み取りと書き込みの性質に影響を与える WPF 固有の概念のサポートも提供します。

適用対象

Load(TextReader)

TextReader から XAML リーダーを作成し、オブジェクト グラフを返します。

public:
 static System::Object ^ Load(System::IO::TextReader ^ textReader);
public static object Load (System.IO.TextReader textReader);
static member Load : System.IO.TextReader -> obj
Public Shared Function Load (textReader As TextReader) As Object

パラメーター

textReader
TextReader

作成する TextReader の基礎として使用する XmlReader

戻り値

Object

返されるオブジェクト グラフ。

例外

textReadernullです。

注釈

オブジェクト グラフを返すには、関連する入力を textReader 使用して入力を構築する必要があります。 たとえば、コンストラクターに対して有効な文字列としての XAML 入力StringReader(String)を使用して構築された a を渡すStringReader必要があります。

適用対象

Load(String)

XAML リーダーの読み取り元の Stream を読み込み、オブジェクト グラフを返します。

public:
 static System::Object ^ Load(System::String ^ fileName);
public static object Load (string fileName);
static member Load : string -> obj
Public Shared Function Load (fileName As String) As Object

パラメーター

fileName
String

読み込み元として使用するファイル名。

戻り値

Object

返されるオブジェクト グラフ。

例外

fileName の入力が null です。

注釈

メソッドのシグネチャによって、 Load ソース XAML に対して異なる種類の入力が指定されます。 内部実装では Load 、最初に XmlReader 呼び出 Create(String) しによって作成され、次に入力を処理する特殊化されたインスタンスの新しいインスタンスが作成されます XamlReader

呼び出しで Load(String) オブジェクト グラフが正常に作成されるようにするには、次のことが該当する必要があります。

  • ソースは整形式で有効な XML です。

  • ソースは、言語レベルで有効な XAML です。

  • ソース XAML で指定された XAML 型は、関連する XAML 名前空間のバッキング型に解決する必要があります。 たとえば、WPF 名前空間の XAML 型は、XAML で指定されている WPF XAML 名前空間に解決できます。WPF のアセンブリは、プロジェクトに含まれているか、実行時に使用できる必要があります。などなど。

適用対象

Load(XamlReader)

固有の XAML リーダー実装を読み込み、オブジェクト グラフを返します。

public:
 static System::Object ^ Load(System::Xaml::XamlReader ^ xamlReader);
public static object Load (System.Xaml.XamlReader xamlReader);
static member Load : System.Xaml.XamlReader -> obj
Public Shared Function Load (xamlReader As XamlReader) As Object

パラメーター

xamlReader
XamlReader

この Load 操作のリーダーとして使用する XAML リーダー実装。

戻り値

Object

返されるオブジェクト グラフ。

例外

xamlReader の入力が null です。

注釈

通常、この署名は次の場合にのみ使用する必要があります。

  • の独自の実装を定義しました XamlReader

  • 既定の設定とは異なる設定を XamlReader 指定しました。

適用対象

Load(XmlReader)

固有の XML リーダー実装を読み込み、オブジェクト グラフを返します。

public:
 static System::Object ^ Load(System::Xml::XmlReader ^ xmlReader);
public static object Load (System.Xml.XmlReader xmlReader);
static member Load : System.Xml.XmlReader -> obj
Public Shared Function Load (xmlReader As XmlReader) As Object

パラメーター

xmlReader
XmlReader

この Load 操作のリーダーとして使用する XmlReader 実装。

戻り値

Object

出力されたオブジェクト グラフ。

例外

xamlReader の入力が null です。

注釈

通常、この署名は、独自の実装を定義した場合にのみ使用する必要があります。XmlReader

適用対象