XamlType クラス

定義

.NET Framework XAML サービスに実装されている XAML システム全体の一部として、XAML 型に関する情報を報告します。Reports information about XAML types as part of the overall XAML system that is implemented in .NET Framework XAML Services.

public ref class XamlType : IEquatable<System::Xaml::XamlType ^>
public class XamlType : IEquatable<System.Xaml.XamlType>
type XamlType = class
    interface IEquatable<XamlType>
Public Class XamlType
Implements IEquatable(Of XamlType)
継承
XamlType
実装

注釈

@No__t-0 クラスの多くの Api は、xaml の型に関する情報を提供します。ここでは、レポートされる概念は、XAML 仕様 [MS XAML] の特定のセクションに似ています。Many APIs in the XamlType class provide information about XAML types, where the concept they report on is similar to particular sections of the XAML specification [MS-XAML].

XamlType は、XAML 型に関する情報をレポートするために、.NET Framework XAML サービス API で広く使用されています。XamlType is used extensively in the .NET Framework XAML Services API for reporting information about a XAML type. XamlType は、インスタンスを操作したり、xaml ノードストリームまたは同様の XAML 表現からそのメンバーにアクセスしたりするために、XAML 型について認識する必要がある情報を報告します。XamlType reports the information that you might need to know about a XAML type in order to work with an instance or to access its members from a XAML node stream, or a similar XAML representation. このレポートは、CLR 型システムの Type と、MemberInfo などのリフレクションクラスが、CLR 型とその使用法に関する情報を提供する方法と似ています。Its reporting is similar to how the Type in the CLR type system, together with reflection classes such as MemberInfo, provide information about a CLR type and its usage.

XAML 型システムを拡張するには、XamlType から派生させることができます。To extend the XAML type system, you can derive from XamlType. これを効果的に行うには、@no__t 0 を実装することが必要になる場合もあります。To do so effectively, you might also need to implement a XamlTypeInvoker. @No__t-0 を指定すると、一般化された XAML 型システムは、呼び出し動作の一部として指定した型システムのバッキングを操作できます。The XamlTypeInvoker enables the generalized XAML type system to work with the type system backing that you specify as part of the invocation behavior. 特定のカスタム XamlTypeInvoker は、CLR 型システムの依存関係を減らす方法を提供します。これは、既定の XamlType の動作で使用されます。The specific custom XamlTypeInvoker provides a way to reduce the dependencies on the CLR type system, which are used by the default XamlType behavior.

コンストラクター

XamlType(String, IList<XamlType>, XamlSchemaContext)

型の文字列名に基づいて、XamlType クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the XamlType class based on a string name for the type.

XamlType(String, String, IList<XamlType>, XamlSchemaContext)

XAML 名前空間と型の文字列名に基づいて、XamlType クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the XamlType class based on the XAML namespace and a string name for the type. このコンストラクターは、サポートする型システムと XAML スキーマ コンテキストにバッキングを持たないことがわかっている型の使用法の分析および XAML ノード記録にのみ使用されます。This constructor is exclusively for analysis and XAML-node recording of type usages that are known to not have backing in the supporting type system and XAML schema context.

XamlType(Type, XamlSchemaContext)

基になる CLR 型情報に基づいて、XamlType クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the XamlType class based on the underlying CLR type information.

XamlType(Type, XamlSchemaContext, XamlTypeInvoker)

基になる型情報、および XamlType の実装に基づいて、XamlTypeInvoker クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the XamlType class based on underlying type information and a XamlTypeInvoker implementation.

プロパティ

AllowedContentTypes

この ContentPropertyXamlType の値として使用できる、型の読み取り専用のコレクションを取得します。Gets a read-only collection of the types that are usable as the ContentProperty value for this XamlType.

BaseType

この XAML 型の直接の基本型の XamlType を取得します。Gets the XamlType for the immediate base type of this XAML type. この値は、この XamlType の基になる型とスキーマ コンテキストに基づいて決定されます。Determination of this value is based on the underlying type of this XamlType and schema context.

ConstructionRequiresArguments

型の有効なインスタンスを作成するために、この XamlType が引数 (x:TypeArguments を通じたジェネリック制約、初期化テキスト、または他の XAML 手法) を持つ必要があるかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether this XamlType must have arguments (generic constraints through x:TypeArguments, initialization text, or other XAML techniques) to construct a valid instance of the type.

ContentProperty

この XamlMember のコンテンツ プロパティの XamlType 情報を取得します。Gets the XamlMember information for the content property of this XamlType.

ContentWrappers

厳密に型指定された Collection<T> の文字列などのように、型の一致が厳密でない場合に、コンテンツ プロパティのコンテンツをラップする型を取得します。Gets the types that are used to wrap content for a content property when it is not a strict type match, such as strings in a strongly typed Collection<T>.

DeferringLoader

この型の遅延読み込みの変換動作を表す XamlValueConverter<TConverterBase> を取得します。Gets the XamlValueConverter<TConverterBase> that represents the deferred loading conversion behavior for this type.

Invoker

この XamlTypeInvoker に関連付けられている XamlType の実装を取得します。Gets the XamlTypeInvoker implementation that is associated with this XamlType.

IsAmbient

この XamlType が XAML 定義によってアンビエント型を表すかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether this XamlType represents an ambient type, as per the XAML definition.

IsArray

この XamlType が配列を表すかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether this XamlType represents an array.

IsCollection

この XamlType がコレクションを表すかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether this XamlType represents a collection.

IsConstructible

この XamlType が XAML 定義によって構築可能な型を表すかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether this XamlType represents a constructible type, as per the XAML definition.

IsDictionary

この XamlType が XAML 定義によってディクショナリを表すかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether this XamlType represents a dictionary, as per the XAML definition.

IsGeneric

この XamlType がジェネリック型を表すかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether this XamlType represents a generic type.

IsMarkupExtension

この XamlType がマークアップ拡張機能を表すかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether this XamlType represents a markup extension.

IsNameScope

この XamlType が XAML 定義によって XAML 名前スコープを表すかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether this XamlType represents a XAML namescope, as per the XAML definition.

IsNameValid

この XamlTypeName に有効な xamlName 文字列を使用して初期化されているかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether this XamlType is initialized by using a valid xamlName string as its Name.

IsNullable

この XamlType が XAML 定義によって null 許容型を表すかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether this XamlType represents a nullable type, as per the XAML definition.

IsPublic

この XamlType が関連する型システムでパブリック型を表すかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether this XamlType represents a public type in the relevant type system.

IsUnknown

この XamlType が基になる型システムで解決できない型を表すかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether this XamlType represents a type that cannot be resolved in the underlying type system.

IsUsableDuringInitialization

XAML の初期化中にこの XamlType がトップダウンで構築されるかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether this XamlType is built top-down during XAML initialization.

IsWhitespaceSignificantCollection

この XamlType が XML 定義によって有意な空白のコレクションを表すかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether this XamlType represents a whitespace significant collection, as per the XML definition.

IsXData

この XamlType が XAML 定義によって XML XDATA を表すかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether this XamlType represents XML XDATA, as per the XAML definition.

ItemType

この XamlTypeItems プロパティの型情報を提供する値を取得します。Gets a value that provides the type information for the Items property of this XamlType.

KeyType

この XamlType がディクショナリを表す場合、この XamlType のキー プロパティの型情報を提供する値を取得します。Gets a value that provides the type information for the key property of this XamlType, if the XamlType represents a dictionary.

MarkupExtensionReturnType

マークアップ拡張機能を表す場合、この XamlType の返された ProvideValue の型情報を提供する値を取得します。Gets a value that provides the type information for the returned ProvideValue of this XamlType, if it represents a markup extension.

Name

この XamlType が表す型の文字列名を取得します。Gets the string name of the type that this XamlType represents.

PreferredXamlNamespace

この XamlType のプライマリ XAML 名前空間である単一の名前空間を取得します。Gets the single XAML namespace that is the primary XAML namespace for this XamlType.

SchemaContext

この XamlSchemaContext を処理するアクティブな XamlType を取得します。Gets the active XamlSchemaContext for processing this XamlType.

TrimSurroundingWhitespace

コンテンツを囲んでいる空白をトリムするシリアル化の空白処理動作がこの XamlType に含まれているかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether this XamlType has whitespace handling behavior for serialization that trims the surrounding whitespace in its content.

TypeArguments

この XamlType がジェネリックを表す場合に型引数のリストを取得します。Gets a list of type arguments for cases where this XamlType represents a generic.

TypeConverter

この XamlValueConverter<TConverterBase> の値に対する型変換動作を表す TypeConverter 制約を持つ XamlType を取得します。Gets a XamlValueConverter<TConverterBase> with TypeConverter constraint that represents type conversion behavior for values of this XamlType.

UnderlyingType

この Type の基になる CLR XamlType を取得します。Gets the CLR Type that underlies this XamlType.

ValueSerializer

この XamlValueConverter<TConverterBase> の値に対する値のシリアル化動作を表す ValueSerializer 制約を持つ XamlType を取得します。Gets a XamlValueConverter<TConverterBase> with ValueSerializer constraint that represents value serialization behavior for values of this XamlType.

メソッド

CanAssignTo(XamlType)

この XamlType のインスタンスの割り当て可能な型のリスト内に、指定された XamlType が含まれているかどうかを示す値を返します。Returns a value that indicates whether an instance of this XamlType has the specified XamlType in its list of assignable types.

Equals(Object)

現在のオブジェクトが、別のオブジェクトと等しいかどうかを示します。Indicates whether the current object is equal to another object.

Equals(XamlType)

現在のオブジェクトが、同じ型の別のオブジェクトと等しいかどうかを示します。Indicates whether the current object is equal to another object of the same type.

GetAliasedProperty(XamlDirective)

この XamlType によってエイリアスが XAML ディレクティブに設定された XAML メンバーを返します。Returns the XAML member that is aliased to a XAML directive by this XamlType.

GetAllAttachableMembers()

この XamlType で公開されているすべてのアタッチ可能なプロパティが含まれたコレクションを返します。Returns a collection that contains all the attachable properties that are exposed by this XamlType.

GetAllMembers()

この XamlType で公開されているすべてのメンバーが含まれたコレクションを返します。Returns a collection that contains all the members that are exposed by this XamlType.

GetAttachableMember(String)

この XamlType の特定の名前の付いたアタッチ可能メンバーを表す XamlMember を返します。Returns a XamlMember representing a specific named attachable member of this XamlType.

GetHashCode()

このオブジェクトのハッシュ コードを返します。Returns the hash code for this object.

GetMember(String)

この XamlMember から、特定の名前が付けられたメンバーの XamlType を返します。Returns a XamlMember for a specific named member from this XamlType.

GetPositionalParameters(Int32)

マークアップ拡張型の場合は、この XamlType の特定のマークアップ拡張機能の使用でサポートされている位置指定パラメーターの型を返します。For markup extension types, returns the types of the positional parameters that are supported in a specific markup extension usage for this XamlType.

GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
GetXamlNamespaces()

型が含まれている XAML 名前空間の文字列識別子のリストを返します。Returns a list of string identifiers for XAML namespaces that the type is included in.

LookupAliasedProperty(XamlDirective)

この XamlType によってエイリアスが XAML ディレクティブに設定された XAML メンバーを返します。Returns the XAML member that is aliased to a XAML directive by this XamlType.

LookupAllAttachableMembers()

この XamlType で公開されているすべてのアタッチ可能なプロパティが含まれた列挙可能なセットを返します。Returns an enumerable set that contains all attachable properties that are exposed by this XamlType.

LookupAllMembers()

この XamlType で公開されているすべてのメンバーが含まれた列挙可能なセットを返します。Returns an enumerable set that contains all the members that are exposed by this XamlType.

LookupAllowedContentTypes()

この ContentPropertyXamlType 値として使用できる、型のリストを返します。Returns a list of the types that are usable as the ContentProperty value for this XamlType.

LookupAttachableMember(String)

この XamlType から、特定の名前の付いたアタッチ可能なものを表す XamlMember を返します。Returns a XamlMember for a specific named attachable from this XamlType.

LookupBaseType()

この XAML 型の直接の基本型の XamlType を返します。Returns the XamlType for the immediate base type of this XAML type. この値は、この XamlType の基になる型とスキーマ コンテキストに基づいて決定されます。Determination of this value is based on the underlying type of this XamlType and schema context.

LookupCollectionKind()

この XamlCollectionKind で使用される特定のコレクション型を宣言する XamlType 列挙体の値を返します。Returns a value of the XamlCollectionKind enumeration that declares which specific collection type this XamlType uses.

LookupConstructionRequiresArguments()

型の有効なインスタンスを作成するために、この XamlType が引数 (x:TypeArguments を通じたジェネリック制約、初期化テキスト、または他の XAML 手法) を持つ必要があるかどうかを示す値を返します。Returns a value that indicates whether this XamlType must have arguments (generic constraints through x:TypeArguments, initialization text, or other XAML techniques) to construct a valid instance of the type.

LookupContentProperty()

この XamlMember のコンテンツ プロパティの XamlType 情報を返します。Returns XamlMember information for the content property of this XamlType.

LookupContentWrappers()

この XamlType のコンテンツ ラッパーを表す XamlType 値のリストを取得します。Gets a list of XamlType values that represent the content wrappers for this XamlType.

LookupCustomAttributeProvider()

派生クラスで実装される場合、ICustomAttributeProvider 実装を返します。When implemented in a derived class, returns an ICustomAttributeProvider implementation.

LookupDeferringLoader()

XamlValueConverter<TConverterBase> オブジェクトを返します。これは XAML で宣言されたオブジェクトの遅延読み込みに使用されます。Returns a XamlValueConverter<TConverterBase> object, which is used for deferred loading of XAML-declared objects.

LookupInvoker()

この XamlTypeInvoker に関連付けられた XamlType を返します。Returns a XamlTypeInvoker that is associated with this XamlType.

LookupIsAmbient()

この XamlType が XAML 定義によってアンビエント型を表すかどうかを示す値を返します。Returns a value that indicates whether this XamlType represents an ambient type, as per the XAML definition.

LookupIsConstructible()

この XamlType が XAML 定義によって構築可能な型を表すかどうかを示す値を返します。Returns a value that indicates whether this XamlType represents a constructible type, as per the XAML definition.

LookupIsMarkupExtension()

この XamlType がマークアップ拡張機能を表すかどうかを示す値を返します。Returns a value that indicates whether this XamlType represents a markup extension.

LookupIsNameScope()

この XamlType が XAML 定義によって XAML 名前スコープを表すかどうかを示す値を返します。Returns a value that indicates whether this XamlType represents a XAML namescope, as per the XAML definition.

LookupIsNullable()

この XamlType が XAML 定義によって null 許容型を表すかどうかを示す値を返します。Returns a value that indicates whether this XamlType represents a nullable type, as per the XAML definition.

LookupIsPublic()

この XamlType が関連する型システムでパブリック型を表すかどうかを示す値を返します。Returns a value that indicates whether this XamlType represents a public type in the relevant type system.

LookupIsUnknown()

この XamlType が基になる型システムで解決できない型を表すかどうかを示す値を返します。Returns a value that indicates whether this XamlType represents a type that cannot be resolved in the underlying type system.

LookupIsWhitespaceSignificantCollection()

この XamlType が XML 定義によって有意な空白のコレクションを表すかどうかを示す値を返します。Returns a value that indicates whether this XamlType represents a whitespace significant collection, as per the XML definition.

LookupIsXData()

この XamlType が XAML 定義によって XML XDATA を表すかどうかを示す値を返します。Returns a value that indicates whether this XamlType represents XML XDATA, as per the XAML definition.

LookupItemType()

この XamlTypeItems プロパティの型情報を提供する値を返します。Returns a value that provides the type information for the Items property of this XamlType.

LookupKeyType()

この XamlType がディクショナリを表す場合、この XamlType のキー プロパティの型情報を提供する値を返します。Returns a value that provides the type information for the key property of this XamlType, if the XamlType represents a dictionary.

LookupMarkupExtensionReturnType()

マークアップ拡張機能を表す場合、この XamlType の返された ProvideValue の型情報を提供する値を返します。Returns a value that provides the type information for the returned ProvideValue of this XamlType, if it represents a markup extension.

LookupMember(String, Boolean)

この XamlMember から、特定の名前が付けられたメンバーの XamlType を返します。Returns the XamlMember for a specific named member from this XamlType.

LookupPositionalParameters(Int32)

マークアップ拡張型の場合は、この XamlType の特定のマークアップ拡張機能の使用でサポートされている位置指定パラメーターの型を返します。For markup extension types, returns the types of the positional parameters that are supported in a specific markup extension usage for this XamlType.

LookupSetMarkupExtensionHandler()

マークアップ拡張機能のセット操作で使用するハンドラー コールバックを返します。Returns a handler callback to use for the set operations of markup extensions.

LookupSetTypeConverterHandler()

型コンバーターを設定する場合に使用するハンドラーを返します。Returns a handler to use for type converter setting cases.

LookupTrimSurroundingWhitespace()

周囲の空白をトリムするモードを使用して、この XamlType をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。Returns a value that indicates whether this XamlType should be serialized using a mode that trims surrounding whitespace.

LookupTypeConverter()

この XamlValueConverter<TConverterBase> の値に対する型変換動作を表す TypeConverter 制約がある XamlType を返します。Returns a XamlValueConverter<TConverterBase> that has a TypeConverter constraint, which represents type-conversion behavior for values of this XamlType.

LookupUnderlyingType()

この Type の基になる CLR XamlType を返します。Returns the CLR Type that underlies this XamlType.

LookupUsableDuringInitialization()

XAML の初期化中にこの XamlType がトップダウンで構築されるかどうかを示す値を返します。Returns a value that indicates whether this XamlType is built top-down during XAML initialization.

LookupValueSerializer()

この XamlValueConverter<TConverterBase> の値に対する値のシリアル化動作を表す ValueSerializer 制約がある XamlType を返します。Returns a XamlValueConverter<TConverterBase> that has a ValueSerializer constraint, which represents value serialization behavior for values of this XamlType.

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

この XamlType の文字列表現を返します。Returns a string representation of this XamlType.

演算子

Equality(XamlType, XamlType)

指定した 2 つの XamlType オブジェクトの値が同一かどうかを判断します。Determines whether two specified XamlType objects have the same value.

Inequality(XamlType, XamlType)

指定した 2 つの XamlType オブジェクトの値が異なるかどうかを判断します。Determines whether two specified XamlType objects have different values.

適用対象