XamlType クラス

定義

.NET XAML サービスに実装されている XAML システム全体の一部として、XAML 型に関する情報を報告します。

public ref class XamlType : IEquatable<System::Xaml::XamlType ^>
public class XamlType : IEquatable<System.Xaml.XamlType>
type XamlType = class
    interface IEquatable<XamlType>
Public Class XamlType
Implements IEquatable(Of XamlType)
継承
XamlType
実装

注釈

クラスの多くの Api XamlType は、xaml の型に関する情報を提供します。ここでは、レポートされる概念は、xaml 仕様の特定のセクション (MS xaml) に似ています。

XamlType は、XAML 型に関する情報をレポートするために .NET Framework XAML サービス API で幅広く使用されます。 XamlType インスタンスを操作したり、xaml ノードストリームまたは同様の XAML 表現からそのメンバーにアクセスしたりするために、XAML 型について認識する必要がある情報を報告します。 このレポートは、 Type clr 型システムのとなどのリフレクションクラスが、 MemberInfo clr 型とその使用方法に関する情報を提供する方法に似ています。

XAML 型システムを拡張するには、から派生でき XamlType ます。 これを効果的に行うには、を実装することも必要になることがあり XamlTypeInvoker ます。 を XamlTypeInvoker 使用すると、一般化された XAML 型システムで、呼び出し動作の一部として指定した型システムのバッキングを操作できます。 特定のカスタムは、 XamlTypeInvoker CLR 型システムの依存関係を減らす手段を提供します。これは、既定の動作で使用され XamlType ます。

コンストラクター

XamlType(String, IList<XamlType>, XamlSchemaContext)

型の文字列名に基づいて、XamlType クラスの新しいインスタンスを初期化します。

XamlType(String, String, IList<XamlType>, XamlSchemaContext)

XAML 名前空間と型の文字列名に基づいて、XamlType クラスの新しいインスタンスを初期化します。 このコンストラクターは、サポートする型システムと XAML スキーマ コンテキストにバッキングを持たないことがわかっている型の使用法の分析および XAML ノード記録にのみ使用されます。

XamlType(Type, XamlSchemaContext)

基になる CLR 型情報に基づいて、XamlType クラスの新しいインスタンスを初期化します。

XamlType(Type, XamlSchemaContext, XamlTypeInvoker)

基になる型情報、および XamlType の実装に基づいて、XamlTypeInvoker クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

AllowedContentTypes

この ContentPropertyXamlType の値として使用できる、型の読み取り専用のコレクションを取得します。

BaseType

この XAML 型の直接の基本型の XamlType を取得します。 この値は、この XamlType の基になる型とスキーマ コンテキストに基づいて決定されます。

ConstructionRequiresArguments

型の有効なインスタンスを作成するために、この XamlType が引数 (x:TypeArguments を通じたジェネリック制約、初期化テキスト、または他の XAML 手法) を持つ必要があるかどうかを示す値を取得します。

ContentProperty

この XamlMember のコンテンツ プロパティの XamlType 情報を取得します。

ContentWrappers

厳密に型指定された Collection<T> の文字列などのように、型の一致が厳密でない場合に、コンテンツ プロパティのコンテンツをラップする型を取得します。

DeferringLoader

この型の遅延読み込みの変換動作を表す XamlValueConverter<TConverterBase> を取得します。

Invoker

この XamlTypeInvoker に関連付けられている XamlType の実装を取得します。

IsAmbient

この XamlType が XAML 定義によってアンビエント型を表すかどうかを示す値を取得します。

IsArray

この XamlType が配列を表すかどうかを示す値を取得します。

IsCollection

この XamlType がコレクションを表すかどうかを示す値を取得します。

IsConstructible

この XamlType が XAML 定義によって構築可能な型を表すかどうかを示す値を取得します。

IsDictionary

この XamlType が XAML 定義によってディクショナリを表すかどうかを示す値を取得します。

IsGeneric

この XamlType がジェネリック型を表すかどうかを示す値を取得します。

IsMarkupExtension

この XamlType がマークアップ拡張機能を表すかどうかを示す値を取得します。

IsNameScope

この XamlType が XAML 定義によって XAML 名前スコープを表すかどうかを示す値を取得します。

IsNameValid

この XamlTypeName に有効な xamlName 文字列を使用して初期化されているかどうかを示す値を取得します。

IsNullable

この XamlType が XAML 定義によって null 許容型を表すかどうかを示す値を取得します。

IsPublic

この XamlType が関連する型システムでパブリック型を表すかどうかを示す値を取得します。

IsUnknown

この XamlType が基になる型システムで解決できない型を表すかどうかを示す値を取得します。

IsUsableDuringInitialization

XAML の初期化中にこの XamlType がトップダウンで構築されるかどうかを示す値を取得します。

IsWhitespaceSignificantCollection

この XamlType が XML 定義によって有意な空白のコレクションを表すかどうかを示す値を取得します。

IsXData

この XamlType が XAML 定義によって XML XDATA を表すかどうかを示す値を取得します。

ItemType

この XamlTypeItems プロパティの型情報を提供する値を取得します。

KeyType

この XamlType がディクショナリを表す場合、この XamlType のキー プロパティの型情報を提供する値を取得します。

MarkupExtensionReturnType

マークアップ拡張機能を表す場合、この XamlType の返された ProvideValue の型情報を提供する値を取得します。

Name

この XamlType が表す型の文字列名を取得します。

PreferredXamlNamespace

この XamlType のプライマリ XAML 名前空間である単一の名前空間を取得します。

SchemaContext

この XamlSchemaContext を処理するアクティブな XamlType を取得します。

TrimSurroundingWhitespace

コンテンツを囲んでいる空白をトリムするシリアル化の空白処理動作がこの XamlType に含まれているかどうかを示す値を取得します。

TypeArguments

この XamlType がジェネリックを表す場合に型引数のリストを取得します。

TypeConverter

この XamlValueConverter<TConverterBase> の値に対する型変換動作を表す TypeConverter 制約を持つ XamlType を取得します。

UnderlyingType

この Type の基になる CLR XamlType を取得します。

ValueSerializer

この XamlValueConverter<TConverterBase> の値に対する値のシリアル化動作を表す ValueSerializer 制約を持つ XamlType を取得します。

メソッド

CanAssignTo(XamlType)

この XamlType のインスタンスの割り当て可能な型のリスト内に、指定された XamlType が含まれているかどうかを示す値を返します。

Equals(Object)

現在のオブジェクトが、別のオブジェクトと等しいかどうかを示します。

Equals(XamlType)

現在のオブジェクトが、同じ型の別のオブジェクトと等しいかどうかを示します。

GetAliasedProperty(XamlDirective)

この XamlType によってエイリアスが XAML ディレクティブに設定された XAML メンバーを返します。

GetAllAttachableMembers()

この XamlType で公開されているすべてのアタッチ可能なプロパティが含まれたコレクションを返します。

GetAllMembers()

この XamlType で公開されているすべてのメンバーが含まれたコレクションを返します。

GetAttachableMember(String)

この XamlType の特定の名前の付いたアタッチ可能メンバーを表す XamlMember を返します。

GetHashCode()

このオブジェクトのハッシュ コードを返します。

GetMember(String)

この XamlMember から、特定の名前が付けられたメンバーの XamlType を返します。

GetPositionalParameters(Int32)

マークアップ拡張型の場合は、この XamlType の特定のマークアップ拡張機能の使用でサポートされている位置指定パラメーターの型を返します。

GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
GetXamlNamespaces()

型が含まれている XAML 名前空間の文字列識別子のリストを返します。

LookupAliasedProperty(XamlDirective)

この XamlType によってエイリアスが XAML ディレクティブに設定された XAML メンバーを返します。

LookupAllAttachableMembers()

この XamlType で公開されているすべてのアタッチ可能なプロパティが含まれた列挙可能なセットを返します。

LookupAllMembers()

この XamlType で公開されているすべてのメンバーが含まれた列挙可能なセットを返します。

LookupAllowedContentTypes()

この ContentPropertyXamlType 値として使用できる、型のリストを返します。

LookupAttachableMember(String)

この XamlType から、特定の名前の付いたアタッチ可能なものを表す XamlMember を返します。

LookupBaseType()

この XAML 型の直接の基本型の XamlType を返します。 この値は、この XamlType の基になる型とスキーマ コンテキストに基づいて決定されます。

LookupCollectionKind()

この XamlCollectionKind で使用される特定のコレクション型を宣言する XamlType 列挙体の値を返します。

LookupConstructionRequiresArguments()

型の有効なインスタンスを作成するために、この XamlType が引数 (x:TypeArguments を通じたジェネリック制約、初期化テキスト、または他の XAML 手法) を持つ必要があるかどうかを示す値を返します。

LookupContentProperty()

この XamlMember のコンテンツ プロパティの XamlType 情報を返します。

LookupContentWrappers()

この XamlType のコンテンツ ラッパーを表す XamlType 値のリストを取得します。

LookupCustomAttributeProvider()

派生クラスで実装される場合、ICustomAttributeProvider 実装を返します。

LookupDeferringLoader()

XamlValueConverter<TConverterBase> オブジェクトを返します。これは XAML で宣言されたオブジェクトの遅延読み込みに使用されます。

LookupInvoker()

この XamlTypeInvoker に関連付けられた XamlType を返します。

LookupIsAmbient()

この XamlType が XAML 定義によってアンビエント型を表すかどうかを示す値を返します。

LookupIsConstructible()

この XamlType が XAML 定義によって構築可能な型を表すかどうかを示す値を返します。

LookupIsMarkupExtension()

この XamlType がマークアップ拡張機能を表すかどうかを示す値を返します。

LookupIsNameScope()

この XamlType が XAML 定義によって XAML 名前スコープを表すかどうかを示す値を返します。

LookupIsNullable()

この XamlType が XAML 定義によって null 許容型を表すかどうかを示す値を返します。

LookupIsPublic()

この XamlType が関連する型システムでパブリック型を表すかどうかを示す値を返します。

LookupIsUnknown()

この XamlType が基になる型システムで解決できない型を表すかどうかを示す値を返します。

LookupIsWhitespaceSignificantCollection()

この XamlType が XML 定義によって有意な空白のコレクションを表すかどうかを示す値を返します。

LookupIsXData()

この XamlType が XAML 定義によって XML XDATA を表すかどうかを示す値を返します。

LookupItemType()

この XamlTypeItems プロパティの型情報を提供する値を返します。

LookupKeyType()

この XamlType がディクショナリを表す場合、この XamlType のキー プロパティの型情報を提供する値を返します。

LookupMarkupExtensionReturnType()

マークアップ拡張機能を表す場合、この XamlType の返された ProvideValue の型情報を提供する値を返します。

LookupMember(String, Boolean)

この XamlMember から、特定の名前が付けられたメンバーの XamlType を返します。

LookupPositionalParameters(Int32)

マークアップ拡張型の場合は、この XamlType の特定のマークアップ拡張機能の使用でサポートされている位置指定パラメーターの型を返します。

LookupSetMarkupExtensionHandler()

マークアップ拡張機能のセット操作で使用するハンドラー コールバックを返します。

LookupSetTypeConverterHandler()

型コンバーターを設定する場合に使用するハンドラーを返します。

LookupTrimSurroundingWhitespace()

周囲の空白をトリムするモードを使用して、この XamlType をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。

LookupTypeConverter()

この XamlValueConverter<TConverterBase> の値に対する型変換動作を表す TypeConverter 制約がある XamlType を返します。

LookupUnderlyingType()

この Type の基になる CLR XamlType を返します。

LookupUsableDuringInitialization()

XAML の初期化中にこの XamlType がトップダウンで構築されるかどうかを示す値を返します。

LookupValueSerializer()

この XamlValueConverter<TConverterBase> の値に対する値のシリアル化動作を表す ValueSerializer 制約がある XamlType を返します。

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()

この XamlType の文字列表現を返します。

演算子

Equality(XamlType, XamlType)

指定した 2 つの XamlType オブジェクトの値が同一かどうかを判断します。

Inequality(XamlType, XamlType)

指定した 2 つの XamlType オブジェクトの値が異なるかどうかを判断します。

適用対象