XContainer クラス

定義

他のノードを格納できるノードを表します。

public ref class XContainer abstract : System::Xml::Linq::XNode
public abstract class XContainer : System.Xml.Linq.XNode
type XContainer = class
    inherit XNode
Public MustInherit Class XContainer
Inherits XNode
継承
XContainer
派生

注釈

このクラスは、次または前の兄弟ノードを検索したり、ノードの直接の子を列挙したりするなどの機能を提供します。

から派生する2つのクラス XContainer は、 XDocumentXElement です。

プロパティ

BaseUri

この XObject のベース URI を取得します。

(継承元 XObject)
Document

この XDocumentXObject を取得します。

(継承元 XObject)
FirstNode

このノードの最初の子ノードを取得します。

LastNode

このノードの最後の子ノードを取得します。

NextNode

このノードの次の兄弟ノードを取得します。

(継承元 XNode)
NodeType

この XObject のノード型を取得します。

(継承元 XObject)
Parent

この XElement の親 XObject を取得します。

(継承元 XObject)
PreviousNode

このノードの前の兄弟ノードを取得します。

(継承元 XNode)

メソッド

Add(Object)

指定した内容をこの XContainer の子として追加します。

Add(Object[])

指定した内容をこの XContainer の子として追加します。

AddAfterSelf(Object)

このノードの直後に指定された内容を追加します。

(継承元 XNode)
AddAfterSelf(Object[])

このノードの直後に指定された内容を追加します。

(継承元 XNode)
AddAnnotation(Object)

この XObject の注釈の一覧にオブジェクトを追加します。

(継承元 XObject)
AddBeforeSelf(Object)

指定した内容をこのノードの直前に追加します。

(継承元 XNode)
AddBeforeSelf(Object[])

指定した内容をこのノードの直前に追加します。

(継承元 XNode)
AddFirst(Object)

指定した内容をこのドキュメントまたは要素の最初の子として追加します。

AddFirst(Object[])

指定した内容をこのドキュメントまたは要素の最初の子として追加します。

Ancestors()

このノードの先祖要素のコレクションを返します。

(継承元 XNode)
Ancestors(XName)

このノードの先祖要素のフィルター処理されたコレクションを返します。 一致する XName を持つ要素のみがコレクションに含められます。

(継承元 XNode)
Annotation(Type)

この XObject から指定した型の最初の注釈オブジェクトを取得します。

(継承元 XObject)
Annotation<T>()

この XObject から指定した型の最初の注釈オブジェクトを取得します。

(継承元 XObject)
Annotations(Type)

この XObject の指定した型の注釈のコレクションを取得します。

(継承元 XObject)
Annotations<T>()

この XObject の指定した型の注釈のコレクションを取得します。

(継承元 XObject)
CreateReader()

このノードの XmlReader を作成します。

(継承元 XNode)
CreateReader(ReaderOptions)

readerOptions パラメーターでオプションを指定して、XmlReader を作成します。

(継承元 XNode)
CreateWriter()

XmlWriter にノードを追加するために使用できる XContainer を作成します。

DescendantNodes()

このドキュメントまたは要素の子孫ノードのコレクションをドキュメント順に返します。

Descendants()

このドキュメントまたは要素の子孫要素のコレクションをドキュメント順に返します。

Descendants(XName)

このドキュメントまたは要素の子孫要素のフィルター処理されたコレクションをドキュメント順に返します。 一致する XName を持つ要素のみがコレクションに含められます。

Element(XName)

指定した XName の最初の子要素を (ドキュメント順に) 取得します。

Elements()

この要素またはドキュメントの子要素のコレクションをドキュメント順に返します。

Elements(XName)

この要素またはドキュメントの子要素のフィルター処理されたコレクションをドキュメント順に返します。 一致する XName を持つ要素のみがコレクションに含められます。

ElementsAfterSelf()

このノードの後にある兄弟要素のコレクションをドキュメント順に返します。

(継承元 XNode)
ElementsAfterSelf(XName)

このノードの後にある兄弟要素のフィルター処理されたコレクションをドキュメント順に返します。 一致する XName を持つ要素のみがコレクションに含められます。

(継承元 XNode)
ElementsBeforeSelf()

このノードの前にある兄弟要素のコレクションをドキュメント順に返します。

(継承元 XNode)
ElementsBeforeSelf(XName)

このノードの前にある兄弟要素のフィルター処理されたコレクションをドキュメント順に返します。 一致する XName を持つ要素のみがコレクションに含められます。

(継承元 XNode)
Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
IsAfter(XNode)

ドキュメント順に基づいて、現在のノードを指定したノードの後に表示するかどうかを決定します。

(継承元 XNode)
IsBefore(XNode)

ドキュメント順に基づいて、現在のノードを指定したノードの前に表示するかどうかを決定します。

(継承元 XNode)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
Nodes()

この要素またはドキュメントの子ノードのコレクションをドキュメント順に返します。

NodesAfterSelf()

このノードの後にある兄弟ノードのコレクションをドキュメント順に返します。

(継承元 XNode)
NodesBeforeSelf()

このノードの前にある兄弟ノードのコレクションをドキュメント順に返します。

(継承元 XNode)
Remove()

現在のノードを親から削除します。

(継承元 XNode)
RemoveAnnotations(Type)

この XObject から指定した型の注釈を削除します。

(継承元 XObject)
RemoveAnnotations<T>()

この XObject から指定した型の注釈を削除します。

(継承元 XObject)
RemoveNodes()

このドキュメントまたは要素から子ノードを削除します。

ReplaceNodes(Object)

このドキュメントまたは要素の子ノードを指定された内容で置き換えます。

ReplaceNodes(Object[])

このドキュメントまたは要素の子ノードを指定された内容で置き換えます。

ReplaceWith(Object)

現在のノードを指定された内容に置き換えます。

(継承元 XNode)
ReplaceWith(Object[])

現在のノードを指定された内容に置き換えます。

(継承元 XNode)
ToString()

このノードに対してインデントが設定された XML を返します。

(継承元 XNode)
ToString(SaveOptions)

このノードに対して XML を返し、オプションで書式設定を無効にします。

(継承元 XNode)
WriteTo(XmlWriter)

このノードを XmlWriter に書き込みます。

(継承元 XNode)
WriteToAsync(XmlWriter, CancellationToken)

現在のノードを XmlWriter に書き込みます。

(継承元 XNode)

イベント

Changed

この XObject またはその子孫が変更されたときに発生します。

(継承元 XObject)
Changing

この XObject またはその子孫が変更される直前に発生します。

(継承元 XObject)

明示的なインターフェイスの実装

IXmlLineInfo.HasLineInfo()

この XObject に行情報があるかどうかを示す値を取得します。

(継承元 XObject)
IXmlLineInfo.LineNumber

基になる XmlReader がこの XObject について報告した行番号を取得します。

(継承元 XObject)
IXmlLineInfo.LinePosition

基になる XmlReader がこの XObject について報告した行番号を取得します。

(継承元 XObject)

拡張メソッド

CreateNavigator(XNode)

XPathNavigatorXNode を作成します。

CreateNavigator(XNode, XmlNameTable)

XPathNavigatorXNode を作成します。 XmlNameTable を使用すると、XPath 式をより効率的に処理できます。

XPathEvaluate(XNode, String)

XPath 式を評価します。

XPathEvaluate(XNode, String, IXmlNamespaceResolver)

XPath 式を評価します。このとき、指定された IXmlNamespaceResolver を使用して名前空間プレフィックスを解決します。

XPathSelectElement(XNode, String)

XPath 式を使用して XElement を選択します。

XPathSelectElement(XNode, String, IXmlNamespaceResolver)

XPath 式を使用して XElement を選択します。このとき、指定された IXmlNamespaceResolver を使用して名前空間プレフィックスを解決します。

XPathSelectElements(XNode, String)

XPath 式を使用して要素のコレクションを選択します。

XPathSelectElements(XNode, String, IXmlNamespaceResolver)

XPath 式を使用して要素のコレクションを選択します。このとき、指定された IXmlNamespaceResolver を使用して名前空間プレフィックスを解決します。

ToXPathNavigable(XNode)

指定した XNode に移動して編集できるアクセサーを返します。

適用対象

こちらもご覧ください