System.Xml.Linq 名前空間

LINQ to XML のクラスが含まれています。 LINQ to XML は、XML ドキュメントを簡単かつ効率的に変更できるようにする、メモリ内 XML プログラミング インターフェイスです。

クラス

Extensions

LINQ to XML 拡張メソッドを格納します。

XAttribute

XML 属性を表します。

XCData

CDATA が格納されているテキスト ノードを表します。

XComment

XML コメントを表します。

XContainer

他のノードを格納できるノードを表します。

XDeclaration

XML 宣言を表します。

XDocument

XML ドキュメントを表します。 XDocument オブジェクトのコンポーネントと使用方法については、「XDocument クラスの概要」をご覧ください。

XDocumentType

XML ドキュメント型定義 (DTD) を表します。

XElement

XML 要素を表します。 使用法の情報と例については、「XElement クラスの概要」およびこのページの「解説」セクションを参照してください。

XName

XML 要素または属性の名前を表します。

XNamespace

XML 名前空間を表します。 このクラスは継承できません。

XNode

XML ツリー内のノードの抽象的な概念 (要素、コメント、ドキュメントの種類、処理命令、またはテキスト ノード) を表します。

XNodeDocumentOrderComparer

ドキュメント順に関してノードを比較するための機能が含まれています。 このクラスは継承できません。

XNodeEqualityComparer

ノードを比較して等しいかどうかを確認します。 このクラスは継承できません。

XObject

XML ツリー内のノードまたは属性を表します。

XObjectChangeEventArgs

Changing イベントおよび Changed イベントのデータを提供します。

XProcessingInstruction

XML 処理命令を表します。

XStreamingElement

遅延ストリーム出力をサポートする XML ツリー内の要素を表します。

XText

テキスト ノードを表します。

列挙型

LoadOptions

XML 解析時の読み込みオプションを指定します。

ReaderOptions

XDocumentXmlReader を読み込むときに、重複する名前空間を省略するかどうかを指定します。

SaveOptions

シリアル化のオプションを指定します。

XObjectChange

XObject に対してイベントが生成されるときのイベントの種類を指定します。

注釈

LINQ to XML を使用すると、次の操作が可能です。

  • ファイルまたはストリームからの XML の読み込み

  • ファイルまたはストリームへの XML のシリアル化

  • 機能構築を使用して XML ツリーをゼロから作成します。

  • LINQ クエリを使用して XML ツリーにクエリを実行します。

  • インメモリ XML ツリーを操作する。

  • XSD を使用した XML ツリーの検証

  • 上記の機能を組み合わせて使用した XML ツリーの構造の変換

こちらもご覧ください