XmlSchemaSet.XmlResolver プロパティ

定義

スキーマのインクルード要素およびインポート要素で参照される名前空間または場所を解決するために使用する XmlResolver を設定します。Sets the XmlResolver used to resolve namespaces or locations referenced in include and import elements of a schema.

public:
 property System::Xml::XmlResolver ^ XmlResolver {  void set(System::Xml::XmlResolver ^ value); };
public System.Xml.XmlResolver XmlResolver { set; }
member this.XmlResolver : System.Xml.XmlResolver
Public Property XmlResolver As XmlResolver

プロパティ値

スキーマのインクルード要素およびインポート要素で参照される名前空間または場所を解決するために使用する XmlResolverThe XmlResolver used to resolve namespaces or locations referenced in include and import elements of a schema.

注釈

XmlSchemaSetXmlResolver は、Add または Reprocess メソッドを使用してスキーマを追加するときに、スキーマのインクルード要素およびインポート要素で参照される名前空間または場所を解決するために使用されます。The XmlResolver of an XmlSchemaSet is used to resolve namespaces or locations referenced in include and import elements of a schema, any time a schema is added using the Add or Reprocess methods.

重要

スキーマの include、import、および redefine 要素で参照される外部の名前空間または場所は、スキーマを含むまたはインポートするスキーマのベース URI に対して解決されます。External namespaces or locations referenced in include, import, and redefine elements of a schema are resolved with respect to the base URI of the schema that includes or imports them. たとえば、スキーマのインクルードまたはインポートスキーマのベース URI が空または null場合、外部の場所は現在のディレクトリに対して解決されます。For example, if the base URI of the including or importing schema is empty or null, the external locations are resolved with respect to the current directory. XmlUrlResolver クラスは、既定で外部スキーマを解決するために使用されます。The XmlUrlResolver class is used to resolve external schemas by default. スキーマの include、import、および redefine 要素の解決を無効にするには、XmlResolver プロパティを nullに設定します。To disable resolution of include, import, and redefine elements of a schema, set the XmlResolver property to null.

適用対象

こちらもご覧ください