XmlSchemaValidationFlags XmlSchemaValidationFlags XmlSchemaValidationFlags XmlSchemaValidationFlags Enum

定義

XmlSchemaValidator クラスおよび XmlReader クラスで使用するスキーマ検証のオプションを指定します。Specifies schema validation options used by the XmlSchemaValidator and XmlReader classes.

この列挙型には FlagsAttribute 属性があり、メンバー値ではビットごとの組み合わせを使用できます。

public enum class XmlSchemaValidationFlags
[System.Flags]
public enum XmlSchemaValidationFlags
type XmlSchemaValidationFlags = 
Public Enum XmlSchemaValidationFlags
継承
XmlSchemaValidationFlagsXmlSchemaValidationFlagsXmlSchemaValidationFlagsXmlSchemaValidationFlags
属性

フィールド

AllowXmlAttributes AllowXmlAttributes AllowXmlAttributes AllowXmlAttributes 16

スキーマで定義されていない場合でも、xml:* 属性を許可します。Allow xml:* attributes even if they are not defined in the schema. 属性は対応するデータ型に基づいて検証されます。The attributes will be validated based on their data type.

None None None None 0

ID 制約、インライン スキーマ、スキーマ位置ヒントを処理せず、スキーマ検証警告を報告しません。Do not process identity constraints, inline schemas, schema location hints, or report schema validation warnings.

ProcessIdentityConstraints ProcessIdentityConstraints ProcessIdentityConstraints ProcessIdentityConstraints 8

検証を実行しているときに検出された ID 制約 (xs:IDxs:IDREFxs:keyxs:keyrefxs:unique) を処理します。Process identity constraints (xs:ID, xs:IDREF, xs:key, xs:keyref, xs:unique) encountered during validation.

ProcessInlineSchema ProcessInlineSchema ProcessInlineSchema ProcessInlineSchema 1

検証を実行しているときに検出されたインライン スキーマを処理します。Process inline schemas encountered during validation.

ProcessSchemaLocation ProcessSchemaLocation ProcessSchemaLocation ProcessSchemaLocation 2

検証を実行しているときに検出されたスキーマ位置ヒント (xsi:schemaLocationxsi:noNamespaceSchemaLocation) を処理します。Process schema location hints (xsi:schemaLocation, xsi:noNamespaceSchemaLocation) encountered during validation.

ReportValidationWarnings ReportValidationWarnings ReportValidationWarnings ReportValidationWarnings 4

検証を実行しているときに検出されたスキーマ検証警告を報告します。Report schema validation warnings encountered during validation.

列挙型のXmlSchemaValidationFlags使用例についXmlSchemaValidatorては、クラスを参照してください。For an example that uses the XmlSchemaValidationFlags enumeration, see the XmlSchemaValidator class.

注釈

XmlReaderをと共にXmlSchemaValidationFlags使用すると、スキーマ検証によってXmlReaderスキーマに対して XML 検証を実行するために使用される検証オプションが定義されます。When used with the XmlReader, XmlSchemaValidationFlags values define validation options used by a schema validating XmlReader to perform XML validation against a schema. XmlSchemaValidationFlags検証XmlReaderの値は、 XmlReaderSettings.ValidationFlagsプロパティを使用して指定します。XmlSchemaValidationFlags values for a validating XmlReader are specified using the XmlReaderSettings.ValidationFlags property.

AllowXmlAttributes値を使用する場合:When using the AllowXmlAttributes value:

  1. スキーマで Xml 名前空間がインポートされない場合。When a schema doesn't import the Xml namespace.

    1. AllowXmlAttributes (既定値true ) に設定されていて、インスタンスドキュメントに xml 属性が含まれている場合、検証エンジンは、既定の xml 名前空間スキーマのスナップショットを読み込み、それを検証に使用します。If AllowXmlAttributes is set to true (default) and the instance document contains Xml attributes, the validation engine will load a snapshot of the default Xml namespace schema and use it for validation. インスタンスドキュメントで使用される Xml 属性が既定のスキーマに見つからない場合、ドキュメントは検証されません。If Xml attributes used in the instance document are not found in the default schema, the document will not validate.

    2. AllowXmlAttributesfalse設定されていて、インスタンスドキュメントに Xml 属性が含まれている場合、検証エンジンはエラーを報告します。If AllowXmlAttributes is set to false and the instance document contains Xml attributes, the validation engine will report an error.

  2. スキーマが場所を指定せずに Xml 名前空間をインポートする場合。When a schema imports the Xml namespace without a location.

    1. AllowXmlAttributes (既定値true ) に設定されていて、インスタンスドキュメントに xml 属性が含まれている場合、検証エンジンは検証に既定の xml 名前空間スキーマを使用します。If AllowXmlAttributes is set to true (default) and the instance document contains Xml attributes, the validation engine will use the default Xml namespace schema for validation. インスタンスドキュメントで使用される Xml 属性が既定のスキーマに見つからない場合、ドキュメントは検証されません。If Xml attributes used in the instance document are not found in the default schema, the document will not validate.

    2. AllowXmlAttributesfalse設定されていて、インスタンスドキュメントにスキーマによって明示的に許可されていない Xml 属性が含まれている場合、検証エンジンはエラーを報告します。If AllowXmlAttributes is set to false and the instance document contains Xml attributes that are not explicitly allowed by the schema, the validation engine will report an error.

    3. AllowXmlAttributesfalse設定され、インスタンスドキュメントにスキーマによって明示的に許可されている Xml 属性が含まれている場合、検証エンジンは、既定の xml 名前空間を使用して他の属性を検証するのと同じ方法で属性を検証します。スキーマ.If AllowXmlAttributes is set to false and the instance document contains Xml attributes that are explicitly allowed by the schema, the validation engine will validate the attributes the same way it validates other attributes using the default Xml namespace schema.

  3. スキーマがカスタム schemaLocation を使用してカスタム Xml 名前空間スキーマをインポートする場合。When a schema imports a custom Xml namespace schema with a custom schemaLocation.

    1. AllowXmlAttributes (既定値true ) に設定されていて、インスタンスドキュメントに xml 属性が含まれている場合、検証エンジンはカスタム xml 名前空間スキーマを検証に使用します。If AllowXmlAttributes is set to true (default) and the instance document contains Xml attributes, the validation engine will use the custom Xml namespace schema for validation. インスタンスドキュメントで使用される Xml 属性が指定されたスキーマに見つからない場合、ドキュメントは検証されません。If Xml attributes used in the instance document are not found in the specified schema, the document will not validate.

    2. AllowXmlAttributesfalse設定されていて、インスタンスドキュメントにスキーマによって明示的に許可されていない Xml 属性が含まれている場合、検証エンジンはエラーを報告します。If AllowXmlAttributes is set to false and the instance document contains Xml attributes that are not explicitly allowed by the schema, the validation engine will report an error.

    3. AllowXmlAttributesfalse設定されていて、インスタンスドキュメントにスキーマによって明示的に許可されている xml 属性が含まれている場合、検証エンジンは、指定された xml 名前空間を使用して他の属性を検証するのと同じ方法で属性を検証します。スキーマ.If AllowXmlAttributes is set to false and the instance document contains Xml attributes that are explicitly allowed by the schema, the validation engine will validate the attributes the same way it validates other attributes using specified Xml namespace schema.

  4. スキーマで、use = "required" を使用して xml: * 属性を定義する場合。When a schema defines an xml:* attribute with use="required".

    1. がおよびAllowXmlAttributesfalse設定されている場合は、次のことが適用されます。 trueThe following applies when AllowXmlAttributes is set to true and false. 必須の xml: * 属性は、他の属性として処理し、指定された Xml 名前空間スキーマを使用して検証する必要があります。Required xml:* attributes should be treated as other attributes and validated using the specified Xml namespace schema.
  5. スキーマで、use = "禁じ" を使用して xml: * 属性を定義する場合。When a schema defines an xml:* attribute with use="prohibited".

    1. がおよびAllowXmlAttributesfalse設定されている場合は、次のことが適用されます。 trueThe following applies when AllowXmlAttributes is set to true and false. インスタンスドキュメントに、スキーマによって明示的に禁止されている xml: * 属性が含まれている場合、検証エンジンはエラーを報告します。If an instance document contains xml:* attributes that are explicitly prohibited by the schema, the validation engine will report an error.
  6. スキーマが属性のワイルドカードを指定する場合。When a schema specifies an attribute wildcard.

    1. インスタンスドキュメントに Xml 属性が含まれており、スキーマで属性ワイルドカードが指定されている場合、processContents または "strict" に設定されている場合、 XmlSchemaSet検証エンジンはに存在する xml 名前空間スキーマを使用します。If an instance document contains an Xml attribute and the schema specifies an attribute wildcard with processContents either omitted or set to "strict", the validation engine will use the Xml namespace schema present in the XmlSchemaSet. Xml 名前空間スキーマが指定されていない場合、検証エンジンは次のように動作します。If no Xml namespace schema is specified, the validation engine will behave as follows.

    2. AllowXmlAttributestrue設定されている場合、検証エンジンは、既定の Xml 名前空間スキーマを使用して検証を実行します。If AllowXmlAttributes is set to true, the validation engine will use the default Xml namespace schema to perform validation.

    3. AllowXmlAttributesfalse設定されている場合、検証エンジンはエラーを報告します。If AllowXmlAttributes is set to false, the validation engine will report an error.

    4. インスタンスドキュメントに Xml 属性が含まれており、スキーマで属性ワイルドカードが指定されていて、processContents が "skip" に設定されている場合、検証エンジンは属性の検証をスキップします。If an instance document contains an Xml attribute and the schema specifies an attribute wildcard with processContents set to "skip", the validation engine will skip attribute validation.

    5. インスタンスドキュメントに Xml 属性が含まれており、スキーマで属性ワイルドカードが指定されていて、processContents が "緩い" に設定されているXmlSchemaSet場合、検証エンジンはに存在する xml 名前空間スキーマを使用します。If an instance document contains an Xml attribute and the schema specifies an attribute wildcard with processContents set to "lax", the validation engine will use the Xml namespace schema present in the XmlSchemaSet. Xml 名前空間スキーマが指定されていない場合、検証エンジンは次のように動作します。If no Xml namespace schema is specified, the validation engine will behave as follows.

    6. AllowXmlAttributestrue設定されている場合、検証エンジンは、既定の Xml 名前空間スキーマを使用して検証を実行します。If AllowXmlAttributes is set to true, the validation engine will use the default Xml namespace schema to perform validation.

    7. AllowXmlAttributesfalse設定されている場合、属性の検証は実行されません。If AllowXmlAttributes is set to false, attribute validation will not be performed.

  7. 単純型を検証する場合。When validating simple types.

    1. AllowXmlAttributes (既定値true ) に設定すると、単純型の要素で Xml 属性を使用できるようになります。When AllowXmlAttributes is set to true (default), Xml attributes will be allowed on elements of simple types.

適用対象

こちらもご覧ください