XmlMembersMapping XmlMembersMapping XmlMembersMapping XmlMembersMapping Class

定義

.NET Framework Web サービス メソッドと、SOAP Web サービスに対して定義されている Web サービス記述言語 (WSDL: Web Services Description Language) メッセージとのマッピングを提供します。Provides mappings between .NET Framework Web service methods and Web Services Description Language (WSDL) messages that are defined for SOAP Web services.

この API は製品インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するものではありません。

public ref class XmlMembersMapping : System::Xml::Serialization::XmlMapping
public class XmlMembersMapping : System.Xml.Serialization.XmlMapping
type XmlMembersMapping = class
    inherit XmlMapping
Public Class XmlMembersMapping
Inherits XmlMapping
継承
XmlMembersMappingXmlMembersMappingXmlMembersMappingXmlMembersMapping

注釈

XmlMembersMappingクラスは直接使用されません。The XmlMembersMapping class is not used directly. 代わりに、次のように使用されます。Instead, it is used:

  • Wsdl.exe ツールまたはServiceDescriptionImporterクラス。 wsdl ドキュメントからクライアントプロキシクラスまたは抽象サーバークラスを生成します。By the Wsdl.exe tool, or the ServiceDescriptionImporter class, while generating client proxy classes or abstract server classes from a WSDL document. WSDL ドキュメントでは、SOAP プロトコルの使用を指定します。The WSDL document specifies use of the SOAP protocol.

  • .NET Framework がXmlSerializer SOAP Web サービスまたはクライアントを初期化している間にオブジェクトを初期化する場合は。To initialize XmlSerializer objects while the .NET Framework is initializing a SOAP Web service or client.

  • クラスにServiceDescriptionReflectorよって、 ServiceDescription SOAP Web サービスとして識別されるクラスからオブジェクトを作成します。By the ServiceDescriptionReflector class while creating ServiceDescription objects from classes that are identified as SOAP Web services.

クラスは、Web サービスのメソッドXmlTypeMappingとメッセージをマッピングするためのクラスの代替です。 XmlMembersMappingThe XmlMembersMapping class is a substitute for the XmlTypeMapping class for mapping between Web service methods and messages. SOAP Web サービスメソッドに属する次のエンティティのいずれかを格納するために使用されます。It is used to contain any of the following entities belonging to a SOAP Web service method:

  • 入力パラメーター。Input parameters.

  • 出力パラメーターと戻り値。Output parameters and return value.

  • SOAP ヘッダーを要求します。Request SOAP headers.

  • 応答 SOAP ヘッダー。Response SOAP headers.

具体的には、クラスは、次の選択肢に従って、WSDL メッセージ定義のマッピングを表します。Specifically, the class represents mappings for a WSDL message definition, according to the following choices:

  • SOAP エンコーディングを使用する Web サービスメソッドの場合:最上位レベルElementNameのプロパティTypeNameとプロパティは、親のラッパー要素に関連します。メッセージ部分は、配列のメンバーによって表されます。For a Web service method that uses SOAP encoding: The top-level ElementName and TypeName properties pertain to a parent, wrapper element; the message parts are represented by array members. ただし、まれなケースとして、Web サービス操作が、ラップされたバインドと共にドキュメントスタイルを .NET Framework メソッドに加えて SOAP ElementNameエンTypeNameコーディングと組み合わせて使用する場合、最上位レベルとプロパティは、単一部構成の要素に関連する生成された WSDL ドキュメントに表示されます。However, in the rare case when the Web service operation uses document style combined with a wrapped binding to a .NET Framework method plus SOAP encoding, the top-level ElementName and TypeName properties pertain to the single part element that appears in a generated WSDL document.

  • XML スキーマ定義をリテラルに使用する Web サービスメソッドの場合:Web サービスのメッセージまたは操作で、ラップされたバインディングを .NET Framework メソッドに使用する場合、または単に 1 ElementNameTypeNameのメッセージ部分を定義する場合は、最上位レベルのプロパティとプロパティがパートに関連します。For a Web service method that makes literal use of XML Schema definitions: If a Web service message or operation uses a wrapped binding to a .NET Framework method or merely defines a single message part, the top-level ElementName and TypeName properties pertain to the part. 複数の部分 (特殊なケース) がある場合、最上位レベルElementNameTypeNameプロパティとプロパティは親のラッパー要素に関連します。これらのCount部分は、インデックス付きの配列アクセスプロパティによって表されます。If there are multiple parts (the atypical case), the top-level ElementName and TypeName properties pertain to a parent, wrapper element; the parts are represented by the Count and indexed array access properties. また、XSD any要素は特別な処理を受け取ります。In addition, the XSD any element receives special treatment.

プロパティ

Count Count Count Count

SOAP メッセージがマップされる Web サービス メソッドに属する .NET Framework コード エンティティの数を取得します。Gets the number of .NET Framework code entities that belong to a Web service method to which a SOAP message is being mapped.

ElementName ElementName ElementName ElementName

.NET 型の対応付け情報を提供する、SOAP メッセージを表す XML スキーマ要素の修飾なしの名前を取得します。Gets the unqualified name of the XML Schema element that represents a SOAP message for which .NET type mapping information is being provided.

Item[Int32] Item[Int32] Item[Int32] Item[Int32]

SOAP メッセージにマップされる Web サービス メソッドに属する .NET Framework コード エンティティの、内部型マッピング情報を含む項目を取得します。Gets an item that contains internal type mapping information for a .NET Framework code entity that belongs to a Web service method being mapped to a SOAP message.

Namespace Namespace Namespace Namespace

.NET Framework 型の対応付け情報を提供する、SOAP メッセージを表す XML スキーマ要素の XML 名前空間を取得します。Gets the XML namespace of the XML schema element that represents a SOAP message for which .NET Framework type mapping information is being provided.

TypeName TypeName TypeName TypeName

SOAP メッセージを表す XML スキーマ要素のデータ型にマップされる .NET Framework 型の名前を取得します。Gets the name of the .NET Framework type being mapped to the data type of an XML Schema element that represents a SOAP message.

TypeNamespace TypeNamespace TypeNamespace TypeNamespace

SOAP メッセージを表す XML スキーマ要素のデータ型にマップされる .NET Framework 型の名前空間を取得します。Gets the namespace of the .NET Framework type being mapped to the data type of an XML Schema element that represents a SOAP message.

XsdElementName XsdElementName XsdElementName XsdElementName

マッピングの XSD 要素の名前を取得します。Gets the name of the XSD element of the mapping.

(Inherited from XmlMapping)

メソッド

Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(Inherited from Object)
GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(Inherited from Object)
GetType() GetType() GetType() GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(Inherited from Object)
MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(Inherited from Object)
SetKey(String) SetKey(String) SetKey(String) SetKey(String)

マッピングの検索に使用するキーを設定します。Sets the key used to look up the mapping.

(Inherited from XmlMapping)
ToString() ToString() ToString() ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(Inherited from Object)

適用対象

こちらもご覧ください