XmlSerializationReadCallback 代理人

定義

SOAP エンコード済みでルート以外の XML データの型を逆シリアル化するために、XmlSerializer クラスが使用するデリゲート。Delegate used by the XmlSerializer class for deserialization of types from SOAP-encoded, non-root XML data.

この API は製品インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するものではありません。

public delegate System::Object ^ XmlSerializationReadCallback();
public delegate object XmlSerializationReadCallback();
type XmlSerializationReadCallback = delegate of unit -> obj
Public Delegate Function XmlSerializationReadCallback() As Object 

戻り値

Object

コールバックによって返されるオブジェクト。The object returned by the callback.

継承
XmlSerializationReadCallback

注釈

初期化中に、.NET Framework の XML シリアル化インフラストラクチャに動的に生成してコンパイル一時クラスから派生した逆シリアル化のため、XmlSerializationReaderクラス。During initialization, the .NET Framework XML serialization infrastructure dynamically generates and compiles a temporary class for deserialization derived from the XmlSerializationReader class. このプロセス中に、.NET Framework には、読み取りメソッドを実装するが生成されます、XmlSerializationReadCallbackを委任します。During this process, the .NET Framework generates read methods that implement the XmlSerializationReadCallback delegate. .NET Framework 型と、SOAP でエンコードされた XML をシリアル化は、ルート要素ではない XML データ型の間のマッピングでは特定のためです。It does so for certain mappings between .NET Framework types and XML data types that are serialized through SOAP-encoded XML and are not root elements. 次に、必要に応じて、逆シリアル化中に、read メソッドが呼び出されます。Then, as necessary, a read method is called during deserialization.

インスタンスを直接作成しないで、XmlSerializationReadCallbackクラス。Do not directly create instances of the XmlSerializationReadCallback class.

SOAP エンコーディングは SOAP 1.1 仕様のセクション 5 で説明します。SOAP encoding is described in Section 5 of the SOAP 1.1 specification.

拡張メソッド

GetMethodInfo(Delegate)

指定したデリゲートによって表されるメソッドを表すオブジェクトを取得します。Gets an object that represents the method represented by the specified delegate.

適用対象