XmlSerializationReader.CollectionFixup クラス

定義

XmlSerializationCollectionFixupCallback デリゲート インスタンス、およびメソッドの入力を保持します。またメソッドのパラメーターを提供します。Holds an XmlSerializationCollectionFixupCallback delegate instance, plus the method's inputs; also supplies the method's parameters.

protected: ref class XmlSerializationReader::CollectionFixup
protected class XmlSerializationReader.CollectionFixup
Protected Class XmlSerializationReader.CollectionFixup
継承
XmlSerializationReader.CollectionFixup

注釈

初期化中に、.NET Framework の XML シリアル化インフラストラクチャは、XmlSerializationReader クラスから派生した逆シリアル化の一時クラスを動的に生成してコンパイルします。During initialization, the .NET Framework XML serialization infrastructure dynamically generates and compiles a temporary class for deserialization derived from the XmlSerializationReader class. このプロセスの間に、インフラストラクチャによって、XmlSerializationCollectionFixupCallback デリゲートを実装するメソッドが生成されます。During this process, the infrastructure generates methods that implement the XmlSerializationCollectionFixupCallback delegate. また、修正メソッドを入力と共に格納するために XmlSerializationReader.CollectionFixup クラスオブジェクトをインスタンス化します。Additionally, it instantiates XmlSerializationReader.CollectionFixup class objects to store the fix-up methods along with their inputs. このインフラストラクチャは、SOAP エンコード済み配列または SOAP エンコード済みの複数参照要素のデータ型が .NET Framework コレクションまたは列挙型にマップされるようにします。The infrastructure does so for SOAP-encoded arrays or SOAP-encoded, multireferenced elements whose data types, in either case, map to .NET Framework collections or enumerations. 次に、必要に応じて、シリアル化解除中に配列項目またはマルチ参照オブジェクトを埋めるためにメソッドが呼び出されます。Then, as necessary, the methods are invoked during deserialization to fill in array items or multireferenced objects.

XmlSerializationCollectionFixupCallback または XmlSerializationReader.CollectionFixupを直接インスタンス化しないでください。Do not directly instantiate XmlSerializationCollectionFixupCallback or XmlSerializationReader.CollectionFixup.

Soap エンコードについては、「SOAP 1.1 仕様」のセクション5で説明されています。SOAP encoding is described in Section 5 of the SOAP 1.1 specification.

コンストラクター

XmlSerializationReader.CollectionFixup(Object, XmlSerializationCollectionFixupCallback, Object)

コールバック メソッドのパラメーターを使用して XmlSerializationReader.CollectionFixup クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the XmlSerializationReader.CollectionFixup class with parameters for a callback method.

プロパティ

Callback

XmlSerializationCollectionFixupCallback デリゲートをインスタンス化するコールバック メソッドを取得します。Gets the callback method that instantiates the XmlSerializationCollectionFixupCallback delegate.

Collection

コールバック メソッドの object collection 値を取得します。Gets the object collection for the callback method.

CollectionItems

コールバック メソッドがコレクションをコピーする先の配列を取得します。Gets the array into which the callback method copies a collection.

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください