XmlSerializationWriter.WriteId(Object) XmlSerializationWriter.WriteId(Object) XmlSerializationWriter.WriteId(Object) XmlSerializationWriter.WriteId(Object) Method

定義

SOAP エンコード済みの id 要素内に出現する multiRef 属性を書き込みます。Writes an id attribute that appears in a SOAP-encoded multiRef element.

この API は製品インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するものではありません。

protected:
 void WriteId(System::Object ^ o);
protected void WriteId (object o);
member this.WriteId : obj -> unit
Protected Sub WriteId (o As Object)

パラメーター

o
Object Object Object Object

シリアル化するオブジェクト。The object being serialized.

注釈

プロテクト メンバー XmlSerializationWriter .NET Framework の XML シリアル化インフラストラクチャ内で内部的に使用する派生クラスによってのみ、使用は想定されています。The protected members of XmlSerializationWriter are intended for use only by derived classes that are used internally within the .NET Framework XML serialization infrastructure.

SOAP エンコーディングには、一意の XML 要素として SOAP メッセージ内で 1 回出現することができます、multiRefによって識別された要素をid属性。SOAP encoding allows a unique XML element to appear once within a SOAP message as a multiRef element identified by an id attribute. id値で複数回参照できますがhref属性 (またはrefSOAP 1.2 での属性) で要素を置き換えます。The id value can be referenced multiple times by href attributes (or ref attributes in SOAP 1.2) in substitute elements.

SOAP エンコーディングは SOAP 1.1 仕様のセクション 5 で説明します。SOAP encoding is described in Section 5 of the SOAP 1.1 specification.

適用対象