XmlSerializerAssemblyAttribute クラス

定義

Web サービス クライアント プロキシに適用すると、カスタム メイドのシリアライザーを含むアセンブリを指定できます。Applied to a Web service client proxy, enables you to specify an assembly that contains custom-made serializers.

public ref class XmlSerializerAssemblyAttribute sealed : Attribute
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Class | System.AttributeTargets.Enum | System.AttributeTargets.Interface | System.AttributeTargets.Struct, AllowMultiple=false)]
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Class | System.AttributeTargets.Enum | System.AttributeTargets.Interface | System.AttributeTargets.Struct)]
public sealed class XmlSerializerAssemblyAttribute : Attribute
type XmlSerializerAssemblyAttribute = class
    inherit Attribute
Public NotInheritable Class XmlSerializerAssemblyAttribute
Inherits Attribute
継承
XmlSerializerAssemblyAttribute
属性

注釈

XmlSerializerAssemblyAttribute を使用すると、Web サービスクライアントアプリケーションのパフォーマンスを向上させることができます。Use the XmlSerializerAssemblyAttribute to increase the performance of a Web service client application.

この属性を使用する一般的な方法は次のとおりです。A typical method of using this attribute is as follows:

  1. Web サービスのクライアントプロキシを作成します。Create a client proxy for a Web service.

  2. machine.config ファイルを開きます。Open the machine.config file.

  3. Diagnostics 要素の下で、<switches> 要素の下に値を追加して、コンパイルされたファイルを保持します。Under the system.diagnostics element, add a value under the <switches> element to keep the compiled files:

    <system.diagnostics>  
       <switches>  
          <add name="XmlSerialization.Compilation" value="4"/>  
       </switches>  
    </system.diagnostics>  
    
  4. プロキシをコンパイルします。Compile the proxy.

  5. プロキシアプリケーションを実行します。Run the proxy application.

  6. コマンドウィンドウを開き、XmlSerializer がファイルをキャッシュするために使用する \Temp ディレクトリに移動します。Open a command window and navigate to the \Temp directory used by the XmlSerializer to cache files.

    cd %temp%  
    
  7. /Odスイッチを使用してdirコマンドを使用して作成された最後のファイルを検索します。Find the last file created using the dir command with the /OD switch.

    dir *.vb /OD   
    
  8. ファイルをアセンブリにコンパイルします。Compile the file into an assembly. アセンブリにという名前を指定します。Name the assembly.

  9. XmlSerializerAssemblyAttribute をクラスに適用して、元のプロキシコードを編集します。Edit the original proxy code by applying the XmlSerializerAssemblyAttribute to the class. 次C#のコードに示すように、アセンブリ名を指定します。Specify the assembly name, as shown in the following C# code.

    [XmlSerializerAssemblyAttribute(AssemblyName="hello.serializer")]  
    public class Hello: System.Web.Services.Protocols.SoapHttpClientProtocol {  
       // Proxy code not shown.  
    }  
    
<XmlSerializerAssemblyAttribute(AssemblyName:="hello.serializer")> _  
Public Class Hello  
Implements System.Web.Services.Protocols.SoapHttpClientProtocol   
   ' Proxy code not shown.  
End Class  

コンストラクター

XmlSerializerAssemblyAttribute() XmlSerializerAssemblyAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the XmlSerializerAssemblyAttribute class.
XmlSerializerAssemblyAttribute(String)

指定されたアセンブリ名を使用して XmlSerializerAssemblyAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the XmlSerializerAssemblyAttribute class with the specified assembly name.

XmlSerializerAssemblyAttribute(String, String)

指定されたアセンブリ名とアセンブリの場所を使用して、XmlSerializerAssemblyAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the XmlSerializerAssemblyAttribute class with the specified assembly name and location of the assembly.

プロパティ

AssemblyName

特定の型セットのシリアライザーを格納するアセンブリの名前を取得または設定します。Gets or sets the name of the assembly that contains serializers for a specific set of types.

CodeBase

シリアライザーを格納するアセンブリの場所を取得または設定します。Gets or sets the location of the assembly that contains the serializers.

TypeId

派生クラスで実装されると、この Attribute の一意の識別子を取得します。When implemented in a derived class, gets a unique identifier for this Attribute.

(継承元 Attribute)

メソッド

Equals(Object)

このインスタンスが、指定されたオブジェクトと等価であるかどうかを示す値を返します。Returns a value that indicates whether this instance is equal to a specified object.

(継承元 Attribute)
GetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。Returns the hash code for this instance.

(継承元 Attribute)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
IsDefaultAttribute()

派生クラスでオーバーライドされるとき、このインスタンスの値が派生クラスの既定値であるかどうかを示します。When overridden in a derived class, indicates whether the value of this instance is the default value for the derived class.

(継承元 Attribute)
Match(Object)

派生クラス内でオーバーライドされたときに、指定したオブジェクトとこのインスタンスが等しいかどうかを示す値を返します。When overridden in a derived class, returns a value that indicates whether this instance equals a specified object.

(継承元 Attribute)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

明示的なインターフェイスの実装

_Attribute.GetIDsOfNames(Guid, IntPtr, UInt32, UInt32, IntPtr)

一連の名前を対応する一連のディスパッチ識別子に割り当てます。Maps a set of names to a corresponding set of dispatch identifiers.

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfo(UInt32, UInt32, IntPtr)

オブジェクトの型情報を取得します。この情報はインターフェイスの型情報の取得に使用できます。Retrieves the type information for an object, which can be used to get the type information for an interface.

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfoCount(UInt32)

オブジェクトが提供する型情報インターフェイスの数 (0 または 1) を取得します。Retrieves the number of type information interfaces that an object provides (either 0 or 1).

(継承元 Attribute)
_Attribute.Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr)

オブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。Provides access to properties and methods exposed by an object.

(継承元 Attribute)

適用対象