ValidationType ValidationType ValidationType ValidationType Enum

定義

実行する検証のタイプを指定します。Specifies the type of validation to perform.

public enum class ValidationType
public enum ValidationType
type ValidationType = 
Public Enum ValidationType
継承
ValidationTypeValidationTypeValidationTypeValidationType

フィールド

Auto Auto Auto Auto 1

DTD 情報またはスキーマ情報が検索されたかどうかを検証します。Validates if DTD or schema information is found.

.NET Framework 2.0 以降、このフィールドは廃止されました。Starting with .NET Framework 2.0, this field is obsolete. これは古い XmlValidatingReader クラスにのみ適用されます。It applies only to the obsolete XmlValidatingReader class.

DTD DTD DTD DTD 2

DTD に従って検証します。Validates according to the DTD.

None None None None 0

検証が実行されていないので、検証エラーはスローされません。No validation is performed, and no validation errors are thrown. この設定では、XML 1.0 準拠の非検証パーサーが作成されます。This setting creates an XML 1.0 compliant non-validating parser.

ResolveEntity() の呼び出しにより、既定の属性が報告され、一般エンティティが解決されます。Calls to ResolveEntity() report default attributes and resolve general entities. DOCTYPE は検証目的には使用されません。The DOCTYPE is not used for validation purposes.

Schema Schema Schema Schema 4

インライン XML スキーマを含む XML スキーマ定義言語 (XSD) スキーマに従って検証します。Validate according to XML Schema definition language (XSD) schemas, including inline XML Schemas. XML スキーマは、schemaLocation 属性または提供された Schemas プロパティを使用して、名前空間 URI に関連付けられます。XML Schemas are associated with namespace URIs either by using the schemaLocation attribute or the provided Schemas property.

XDR XDR XDR XDR 3

インライン XDR (XML-Data Reduced) スキーマを含む XDR スキーマに従って検証します。Validate according to XML-Data Reduced (XDR) schemas, including inline XDR schemas. XDR スキーマは、x-schema 名前空間プリフィックスまたは Schemas プロパティを使用して認識されます。XDR schemas are recognized using the x-schema namespace prefix or the Schemas property.

.NET Framework 2.0 以降、このフィールドは廃止されました。Starting with .NET Framework 2.0, this field is obsolete. これは古い XmlValidatingReader クラスにのみ適用されます。It applies only to the obsolete XmlValidatingReader class.

注釈

クラスXmlReaderは、スキーマまたはドキュメント型定義 (DTD) を使用して検証を強制できます。The XmlReader class can enforce validation using a schema or document type definition (DTD). 列挙ValidationType体は、作成されたXmlReaderインスタンスが実行する検証の種類を指定します。The ValidationType enumeration specifies the type of validation the created XmlReader instance should perform. インスタンスXmlReaderにはCreate 、メソッドによっXmlReaderて作成された検証オブジェクト、 XmlValidatingReaderまたはオブジェクトのいずれかを指定できます。The XmlReader instance can be either a validating XmlReader object created by the Create method, or an XmlValidatingReader object.

検証モデルには、厳密、情報、状態という3つの特性があります。The validation model has three characteristics, strict, informative, and status. Strict では、検証の種類を混在させることはできません。スキーマまたはドキュメント型定義 (DTD) が見つからない場合は、情報によって警告が表示されます。スキーマの要素および属性に対して検証を実行できない場合、status は警告を表示します。Strict, does not allow the mixing of validation types, informative provides a warning if the schema or document type definition (DTD) cannot be found, and status provides warnings if validation cannot be performed for elements and attributes from schemas.

適用対象

こちらもご覧ください