XmlDictionaryWriter クラス

定義

シリアル化および逆シリアル化を実行するために Windows Communication Foundation (WCF) が XmlWriter から派生する抽象クラスを表します。Represents an abstract class that Windows Communication Foundation (WCF) derives from XmlWriter to do serialization and deserialization.

public ref class XmlDictionaryWriter abstract : System::Xml::XmlWriter
public abstract class XmlDictionaryWriter : System.Xml.XmlWriter
type XmlDictionaryWriter = class
    inherit XmlWriter
Public MustInherit Class XmlDictionaryWriter
Inherits XmlWriter
継承
XmlDictionaryWriter
派生

注釈

このクラスの派生クラスを作成すると、シリアル化以外の機能を実行することができます。You can derive from this class to do other functions than serialization.

CDATA セクションの内部にあるラインフィード文字の標準化に関して既知の問題が発生する可能性があることに注意してください。Note that there is a known issue with the normalization of linefeed characters inside of CDATA sections that you may encounter.

コンストラクター

XmlDictionaryWriter()

XmlDictionaryWriter クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the XmlDictionaryWriter class.

プロパティ

CanCanonicalize

このプロパティは常に false を返します。This property always returns false. その派生クラスが正規化をサポートする場合は、true を返すようにオーバーライドできます。Its derived classes can override to return true if they support canonicalization.

Settings

この XmlWriter インスタンスを作成するために使用された XmlWriterSettings オブジェクトを取得します。Gets the XmlWriterSettings object used to create this XmlWriter instance.

(継承元 XmlWriter)
WriteState

派生クラスでオーバーライドされると、ライターの状態を取得します。When overridden in a derived class, gets the state of the writer.

(継承元 XmlWriter)
XmlLang

派生クラスでオーバーライドされると、現在の xml:lang スコープを取得します。When overridden in a derived class, gets the current xml:lang scope.

(継承元 XmlWriter)
XmlSpace

派生クラスでオーバーライドされると、現在の xml:space スコープを表す XmlSpace を取得します。When overridden in a derived class, gets an XmlSpace representing the current xml:space scope.

(継承元 XmlWriter)

メソッド

Close()

派生クラスでオーバーライドされると、このストリームと基になるストリームを閉じます。When overridden in a derived class, closes this stream and the underlying stream.

(継承元 XmlWriter)
CreateBinaryWriter(Stream)

WCF バイナリ XML 形式を書き込む XmlDictionaryWriter のインスタンスを作成します。Creates an instance of XmlDictionaryWriter that writes WCF binary XML format.

CreateBinaryWriter(Stream, IXmlDictionary)

WCF バイナリ XML 形式を書き込む XmlDictionaryWriter のインスタンスを作成します。Creates an instance of XmlDictionaryWriter that writes WCF binary XML format.

CreateBinaryWriter(Stream, IXmlDictionary, XmlBinaryWriterSession)

WCF バイナリ XML 形式を書き込む XmlDictionaryWriter のインスタンスを作成します。Creates an instance of XmlDictionaryWriter that writes WCF binary XML format.

CreateBinaryWriter(Stream, IXmlDictionary, XmlBinaryWriterSession, Boolean)

WCF バイナリ XML 形式を書き込む XmlDictionaryWriter のインスタンスを作成します。Creates an instance of XmlDictionaryWriter that writes WCF binary XML format.

CreateDictionaryWriter(XmlWriter)

既存の XmlDictionaryWriter から XmlWriter のインスタンスを作成します。Creates an instance of XmlDictionaryWriter from an existing XmlWriter.

CreateMtomWriter(Stream, Encoding, Int32, String)

MTOM 形式で XML を書き込む XmlDictionaryWriter のインスタンスを作成します。Creates an instance of XmlDictionaryWriter that writes XML in the MTOM format.

CreateMtomWriter(Stream, Encoding, Int32, String, String, String, Boolean, Boolean)

MTOM 形式で XML を書き込む XmlDictionaryWriter のインスタンスを作成します。Creates an instance of XmlDictionaryWriter that writes XML in the MTOM format.

CreateTextWriter(Stream)

テキスト XML を書き込む XmlDictionaryWriter のインスタンスを作成します。Creates an instance of XmlDictionaryWriter that writes text XML.

CreateTextWriter(Stream, Encoding)

テキスト XML を書き込む XmlDictionaryWriter のインスタンスを作成します。Creates an instance of XmlDictionaryWriter that writes text XML.

CreateTextWriter(Stream, Encoding, Boolean)

テキスト XML を書き込む XmlDictionaryWriter のインスタンスを作成します。Creates an instance of XmlDictionaryWriter that writes text XML.

Dispose()

XmlWriter クラスの現在のインスタンスによって使用されているすべてのリソースを解放します。Releases all resources used by the current instance of the XmlWriter class.

(継承元 XmlWriter)
Dispose(Boolean)

XmlWriter によって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。Releases the unmanaged resources used by the XmlWriter and optionally releases the managed resources.

(継承元 XmlWriter)
EndCanonicalization()

派生クラスによって実装されると、対応する StartCanonicalization(Stream, Boolean, String[]) の呼び出しによって開始された正規化を停止します。When implemented by a derived class, it stops the canonicalization started by the matching StartCanonicalization(Stream, Boolean, String[]) call.

Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
Flush()

派生クラスでオーバーライドされると、バッファー内のデータをすべて基になるストリームにフラッシュし、基になるストリームもフラッシュします。When overridden in a derived class, flushes whatever is in the buffer to the underlying streams and also flushes the underlying stream.

(継承元 XmlWriter)
FlushAsync()

バッファー内のデータをすべて基になるストリームに非同期にフラッシュし、基になるストリームもフラッシュします。Asynchronously flushes whatever is in the buffer to the underlying streams and also flushes the underlying stream.

(継承元 XmlWriter)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
LookupPrefix(String)

派生クラスでオーバーライドされると、名前空間 URI の現在の名前空間スコープで定義された最も近いプリフィックスを返します。When overridden in a derived class, returns the closest prefix defined in the current namespace scope for the namespace URI.

(継承元 XmlWriter)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
StartCanonicalization(Stream, Boolean, String[])

派生クラスで実装された場合、正規化が開始されます。When implemented by a derived class, it starts the canonicalization.

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)
WriteArray(String, String, String, Boolean[], Int32, Int32)

Boolean 配列からノードを書き込みます。Writes nodes from a Boolean array.

WriteArray(String, String, String, DateTime[], Int32, Int32)

DateTime 配列からノードを書き込みます。Writes nodes from a DateTime array.

WriteArray(String, String, String, Decimal[], Int32, Int32)

Decimal 配列からノードを書き込みます。Writes nodes from a Decimal array.

WriteArray(String, String, String, Double[], Int32, Int32)

Double 配列からノードを書き込みます。Writes nodes from a Double array.

WriteArray(String, String, String, Guid[], Int32, Int32)

Guid 配列からノードを書き込みます。Writes nodes from a Guid array.

WriteArray(String, String, String, Int16[], Int32, Int32)

Int16 配列からノードを書き込みます。Writes nodes from a Int16 array.

WriteArray(String, String, String, Int32[], Int32, Int32)

Int32 配列からノードを書き込みます。Writes nodes from a Int32 array.

WriteArray(String, String, String, Int64[], Int32, Int32)

Int64 配列からノードを書き込みます。Writes nodes from a Int64 array.

WriteArray(String, String, String, Single[], Int32, Int32)

Single 配列からノードを書き込みます。Writes nodes from a Single array.

WriteArray(String, String, String, TimeSpan[], Int32, Int32)

TimeSpan 配列からノードを書き込みます。Writes nodes from a TimeSpan array.

WriteArray(String, XmlDictionaryString, XmlDictionaryString, Boolean[], Int32, Int32)

Boolean 配列からノードを書き込みます。Writes nodes from a Boolean array.

WriteArray(String, XmlDictionaryString, XmlDictionaryString, DateTime[], Int32, Int32)

DateTime 配列からノードを書き込みます。Writes nodes from a DateTime array.

WriteArray(String, XmlDictionaryString, XmlDictionaryString, Decimal[], Int32, Int32)

Decimal 配列からノードを書き込みます。Writes nodes from a Decimal array.

WriteArray(String, XmlDictionaryString, XmlDictionaryString, Double[], Int32, Int32)

Double 配列からノードを書き込みます。Writes nodes from a Double array.

WriteArray(String, XmlDictionaryString, XmlDictionaryString, Guid[], Int32, Int32)

Guid 配列からノードを書き込みます。Writes nodes from a Guid array.

WriteArray(String, XmlDictionaryString, XmlDictionaryString, Int16[], Int32, Int32)

Int16 配列からノードを書き込みます。Writes nodes from a Int16 array.

WriteArray(String, XmlDictionaryString, XmlDictionaryString, Int32[], Int32, Int32)

Int32 配列からノードを書き込みます。Writes nodes from a Int32 array.

WriteArray(String, XmlDictionaryString, XmlDictionaryString, Int64[], Int32, Int32)

Int64 配列からノードを書き込みます。Writes nodes from a Int64 array.

WriteArray(String, XmlDictionaryString, XmlDictionaryString, Single[], Int32, Int32)

Single 配列からノードを書き込みます。Writes nodes from a Single array.

WriteArray(String, XmlDictionaryString, XmlDictionaryString, TimeSpan[], Int32, Int32)

TimeSpan 配列からノードを書き込みます。Writes nodes from a TimeSpan array.

WriteAttributes(XmlReader, Boolean)

派生クラスでオーバーライドされると、XmlReader の現在の位置で見つかったすべての属性を書き込みます。When overridden in a derived class, writes out all the attributes found at the current position in the XmlReader.

(継承元 XmlWriter)
WriteAttributesAsync(XmlReader, Boolean)

XmlReader の現在の位置で見つかったすべての属性を非同期に書き込みます。Asynchronously writes out all the attributes found at the current position in the XmlReader.

(継承元 XmlWriter)
WriteAttributeString(String, String)

派生クラスでオーバーライドされると、指定したローカル名と値の属性を書き込みます。When overridden in a derived class, writes out the attribute with the specified local name and value.

(継承元 XmlWriter)
WriteAttributeString(String, String, String)

派生クラスでオーバーライドされると、指定したローカル名、名前空間 URI、および値の属性を書き込みます。When overridden in a derived class, writes an attribute with the specified local name, namespace URI, and value.

(継承元 XmlWriter)
WriteAttributeString(String, String, String, String)

派生クラスでオーバーライドされると、指定したプリフィックス、ローカル名、名前空間 URI、および値の属性を書き込みます。When overridden in a derived class, writes out the attribute with the specified prefix, local name, namespace URI, and value.

(継承元 XmlWriter)
WriteAttributeString(String, XmlDictionaryString, XmlDictionaryString, String)

属性の修飾名と値を書き込みます。Writes an attribute qualified name and value.

WriteAttributeString(XmlDictionaryString, XmlDictionaryString, String)

属性の修飾名と値を書き込みます。Writes an attribute qualified name and value.

WriteAttributeStringAsync(String, String, String, String)

指定されたプレフィックス、ローカル名、名前空間 URI、および値を使用して属性を非同期に書き込みます。Asynchronously writes out the attribute with the specified prefix, local name, namespace URI, and value.

(継承元 XmlWriter)
WriteBase64(Byte[], Int32, Int32)

派生クラスでオーバーライドされると、指定したバイナリ バイトを Base64 としてエンコードし、その結果生成されるテキストを書き込みます。When overridden in a derived class, encodes the specified binary bytes as Base64 and writes out the resulting text.

(継承元 XmlWriter)
WriteBase64Async(Byte[], Int32, Int32)

指定したバイナリ バイトを base64 として非同期にエンコードし、その結果生成されるテキストを書き込みます。Asynchronously encodes the specified binary bytes as Base64 and writes out the resulting text.

WriteBinHex(Byte[], Int32, Int32)

派生クラスでオーバーライドされると、指定されたバイナリ バイトを BinHex としてエンコードし、その結果生成されるテキストを書き込みます。When overridden in a derived class, encodes the specified binary bytes as BinHex and writes out the resulting text.

(継承元 XmlWriter)
WriteBinHexAsync(Byte[], Int32, Int32)

指定したバイナリ バイトを BinHex として非同期にエンコードし、その結果生成されるテキストを書き込みます。Asynchronously encodes the specified binary bytes as BinHex and writes out the resulting text.

(継承元 XmlWriter)
WriteCData(String)

派生クラスでオーバーライドされると、指定したテキストを含む <![CDATA[...]]> ブロックを書き込みます。When overridden in a derived class, writes out a <![CDATA[...]]> block containing the specified text.

(継承元 XmlWriter)
WriteCDataAsync(String)

指定したテキストを格納する <![CDATA[...]]> ブロックを非同期に書き込みます。Asynchronously writes out a <![CDATA[...]]> block containing the specified text.

(継承元 XmlWriter)
WriteCharEntity(Char)

派生クラスでオーバーライドされると、指定した Unicode 文字値の文字エンティティを強制的に生成します。When overridden in a derived class, forces the generation of a character entity for the specified Unicode character value.

(継承元 XmlWriter)
WriteCharEntityAsync(Char)

指定した Unicode 文字値の文字エンティティを非同期に強制的に生成します。Asynchronously forces the generation of a character entity for the specified Unicode character value.

(継承元 XmlWriter)
WriteChars(Char[], Int32, Int32)

派生クラスでオーバーライドされると、一度に 1 つのバッファーにテキストを書き込みます。When overridden in a derived class, writes text one buffer at a time.

(継承元 XmlWriter)
WriteCharsAsync(Char[], Int32, Int32)

一度に 1 つのバッファーにテキストを非同期に書き込みます。Asynchronously writes text one buffer at a time.

(継承元 XmlWriter)
WriteComment(String)

派生クラスでオーバーライドされると、指定したテキストを格納している <!--...--> コメントを書き込みます。When overridden in a derived class, writes out a comment <!--...--> containing the specified text.

(継承元 XmlWriter)
WriteCommentAsync(String)

指定したテキストを含むコメント <!--...--> を非同期に書き込みます。Asynchronously writes out a comment <!--...--> containing the specified text.

(継承元 XmlWriter)
WriteDocType(String, String, String, String)

派生クラスでオーバーライドされると、指定した名前とオプションの属性を含む DOCTYPE 宣言を書き込みます。When overridden in a derived class, writes the DOCTYPE declaration with the specified name and optional attributes.

(継承元 XmlWriter)
WriteDocTypeAsync(String, String, String, String)

指定された名前とオプション属性を使用して DOC 宣言を非同期に書き込みます。Asynchronously writes the DOCTYPE declaration with the specified name and optional attributes.

(継承元 XmlWriter)
WriteElementString(String, String)

指定されたローカル名および値を使用して要素を書き込みます。Writes an element with the specified local name and value.

(継承元 XmlWriter)
WriteElementString(String, String, String)

指定されたローカル名、名前空間 URI、および値を使用して要素を書き込みます。Writes an element with the specified local name, namespace URI, and value.

(継承元 XmlWriter)
WriteElementString(String, String, String, String)

指定されたプレフィックス、ローカル名、名前空間 URI、および値を使用して要素を書き込みます。Writes an element with the specified prefix, local name, namespace URI, and value.

(継承元 XmlWriter)
WriteElementString(String, XmlDictionaryString, XmlDictionaryString, String)

テキスト コンテンツの要素を書き込みます。Writes an element with a text content.

WriteElementString(XmlDictionaryString, XmlDictionaryString, String)

テキスト コンテンツの要素を書き込みます。Writes an element with a text content.

WriteElementStringAsync(String, String, String, String)

指定されたプレフィックス、ローカル名、名前空間 URI、および値を使用して要素を非同期に書き込みます。Asynchronously writes an element with the specified prefix, local name, namespace URI, and value.

(継承元 XmlWriter)
WriteEndAttribute()

派生クラスでオーバーライドされると、前の WriteStartAttribute(String, String) 呼び出しを閉じます。When overridden in a derived class, closes the previous WriteStartAttribute(String, String) call.

(継承元 XmlWriter)
WriteEndAttributeAsync()

前の WriteStartAttribute(String, String) 呼び出しを非同期に閉じます。Asynchronously closes the previous WriteStartAttribute(String, String) call.

(継承元 XmlWriter)
WriteEndDocument()

派生クラスでオーバーライドされると、開いている任意の要素または属性を閉じ、ライターを Start 状態に戻します。When overridden in a derived class, closes any open elements or attributes and puts the writer back in the Start state.

(継承元 XmlWriter)
WriteEndDocumentAsync()

開いている要素または属性を非同期に閉じ、ライターを Start 状態に戻します。Asynchronously closes any open elements or attributes and puts the writer back in the Start state.

(継承元 XmlWriter)
WriteEndElement()

派生クラスでオーバーライドされると、1 つの要素を閉じ、対応する名前空間スコープをポップします。When overridden in a derived class, closes one element and pops the corresponding namespace scope.

(継承元 XmlWriter)
WriteEndElementAsync()

1 つの要素を非同期に閉じ、対応する名前空間スコープをポップします。Asynchronously closes one element and pops the corresponding namespace scope.

(継承元 XmlWriter)
WriteEntityRef(String)

派生クラスでオーバーライドされると、&name; などのエンティティ参照を書き込みます。When overridden in a derived class, writes out an entity reference as &name;.

(継承元 XmlWriter)
WriteEntityRefAsync(String)

エンティティ参照を &name; として非同期的に書き込みます。Asynchronously writes out an entity reference as &name;.

(継承元 XmlWriter)
WriteFullEndElement()

派生クラスでオーバーライドされると、1 つの要素を閉じ、対応する名前空間スコープをポップします。When overridden in a derived class, closes one element and pops the corresponding namespace scope.

(継承元 XmlWriter)
WriteFullEndElementAsync()

1 つの要素を非同期に閉じ、対応する名前空間スコープをポップします。Asynchronously closes one element and pops the corresponding namespace scope.

(継承元 XmlWriter)
WriteName(String)

派生クラスでオーバーライドされると、指定した名前を書き込み、その名前が W3C 勧告『XML 1.0』(https://www.w3.org/TR/1998/REC-xml-19980210#NT-Name)) に準拠した有効な名前であるようにします。When overridden in a derived class, writes out the specified name, ensuring it is a valid name according to the W3C XML 1.0 recommendation (https://www.w3.org/TR/1998/REC-xml-19980210#NT-Name).

(継承元 XmlWriter)
WriteNameAsync(String)

指定した名前が W3C 勧告『XML 1.0』(https://www.w3.org/TR/1998/REC-xml-19980210#NT-Name)) に準拠した有効な名前であることを確認し、それを非同期に書き込みます。Asynchronously writes out the specified name, ensuring it is a valid name according to the W3C XML 1.0 recommendation (https://www.w3.org/TR/1998/REC-xml-19980210#NT-Name).

(継承元 XmlWriter)
WriteNmToken(String)

派生クラスでオーバーライドされると、指定した名前を書き込み、その名前が W3C 勧告『XML 1.0』(https://www.w3.org/TR/1998/REC-xml-19980210#NT-Name)) に準拠した有効な NmToken であるようにします。When overridden in a derived class, writes out the specified name, ensuring it is a valid NmToken according to the W3C XML 1.0 recommendation (https://www.w3.org/TR/1998/REC-xml-19980210#NT-Name).

(継承元 XmlWriter)
WriteNmTokenAsync(String)

指定した名前が W3C 勧告『XML 1.0』(https://www.w3.org/TR/1998/REC-xml-19980210#NT-Name)) に準拠した有効な NmToken であることを確認し、それを非同期に書き込みます。Asynchronously writes out the specified name, ensuring it is a valid NmToken according to the W3C XML 1.0 recommendation (https://www.w3.org/TR/1998/REC-xml-19980210#NT-Name).

(継承元 XmlWriter)
WriteNode(XmlDictionaryReader, Boolean)

XmlDictionaryReader から現在の XML ノードを書き込みます。Writes the current XML node from an XmlDictionaryReader.

WriteNode(XmlReader, Boolean)

XmlReader から現在の XML ノードを書き込みます。Writes the current XML node from an XmlReader.

WriteNode(XPathNavigator, Boolean)

XPathNavigator オブジェクトからライターにすべてをコピーします。Copies everything from the XPathNavigator object to the writer. XPathNavigator の位置は変更されません。The position of the XPathNavigator remains unchanged.

(継承元 XmlWriter)
WriteNodeAsync(XmlReader, Boolean)

派生クラスでオーバーライドされると、リーダーのデータをすべてライターに非同期にコピーし、リーダーを次の兄弟の開始位置に移動します。Asynchronously copies everything from the reader to the writer and moves the reader to the start of the next sibling.

(継承元 XmlWriter)
WriteNodeAsync(XPathNavigator, Boolean)

XPathNavigator オブジェクトのすべてをライターに非同期にコピーします。Asynchronously copies everything from the XPathNavigator object to the writer. XPathNavigator の位置は変更されません。The position of the XPathNavigator remains unchanged.

(継承元 XmlWriter)
WriteProcessingInstruction(String, String)

派生クラスでオーバーライドされると、名前とテキストの間にスペースがある処理命令を、次のように非同期的に書き込みます: <?name text?>。When overridden in a derived class, writes out a processing instruction with a space between the name and text as follows: <?name text?>.

(継承元 XmlWriter)
WriteProcessingInstructionAsync(String, String)

名前とテキストの間にスペースがある処理命令を、次のように非同期的に書き込みます: <?name text?>。Asynchronously writes out a processing instruction with a space between the name and text as follows: <?name text?>.

(継承元 XmlWriter)
WriteQualifiedName(String, String)

派生クラスでオーバーライドされると、名前空間の限定名を書き込みます。When overridden in a derived class, writes out the namespace-qualified name. このメソッドは、指定した名前空間のスコープ内にあるプレフィックスを検索します。This method looks up the prefix that is in scope for the given namespace.

(継承元 XmlWriter)
WriteQualifiedName(XmlDictionaryString, XmlDictionaryString)

名前空間の修飾名を書き込みます。Writes out the namespace-qualified name. このメソッドは、指定した名前空間のスコープ内にあるプレフィックスを検索します。This method looks up the prefix that is in scope for the given namespace.

WriteQualifiedNameAsync(String, String)

名前空間の修飾名を非同期に書き込みます。Asynchronously writes out the namespace-qualified name. このメソッドは、指定した名前空間のスコープ内にあるプレフィックスを検索します。This method looks up the prefix that is in scope for the given namespace.

(継承元 XmlWriter)
WriteRaw(Char[], Int32, Int32)

派生クラスでオーバーライドされると、手動で文字バッファーから生のマークアップを書き込みます。When overridden in a derived class, writes raw markup manually from a character buffer.

(継承元 XmlWriter)
WriteRaw(String)

派生クラスでオーバーライドされると、手動で文字列から生のマークアップを書き込みます。When overridden in a derived class, writes raw markup manually from a string.

(継承元 XmlWriter)
WriteRawAsync(Char[], Int32, Int32)

文字バッファーから手動で生のマークアップを非同期に書き込みます。Asynchronously writes raw markup manually from a character buffer.

(継承元 XmlWriter)
WriteRawAsync(String)

文字列から手動で生のマークアップを非同期に書き込みます。Asynchronously writes raw markup manually from a string.

(継承元 XmlWriter)
WriteStartAttribute(String)

指定されたローカル名を使用して属性の開始を書き込みます。Writes the start of an attribute with the specified local name.

(継承元 XmlWriter)
WriteStartAttribute(String, String)

指定されたローカル名および名前空間 URI を使用して属性の開始を書き込みます。Writes the start of an attribute with the specified local name and namespace URI.

(継承元 XmlWriter)
WriteStartAttribute(String, String, String)

派生クラスでオーバーライドされると、指定されたプリフィックス、ローカル名、および名前空間 URI を使用して属性の開始を書き込みます。When overridden in a derived class, writes the start of an attribute with the specified prefix, local name, and namespace URI.

(継承元 XmlWriter)
WriteStartAttribute(String, XmlDictionaryString, XmlDictionaryString)

指定したプレフィックス、ローカル名、および名前空間 URI を使用して、属性の開始を書き込みます。Writes the start of an attribute with the specified prefix, local name, and namespace URI.

WriteStartAttribute(XmlDictionaryString, XmlDictionaryString)

指定したローカル名および名前空間 URI を使用して、属性の開始を書き込みます。Writes the start of an attribute with the specified local name, and namespace URI.

WriteStartAttributeAsync(String, String, String)

指定されたプレフィックス、ローカル名、および名前空間 URI を使用して属性の開始を非同期に書き込みます。Asynchronously writes the start of an attribute with the specified prefix, local name, and namespace URI.

(継承元 XmlWriter)
WriteStartDocument()

派生クラスでオーバーライドされると、バージョン "1.0" の XML 宣言を書き込みます。When overridden in a derived class, writes the XML declaration with the version "1.0".

(継承元 XmlWriter)
WriteStartDocument(Boolean)

派生クラスでオーバーライドされると、バージョン "1.0" の XML 宣言とスタンドアロン属性を書き込みます。When overridden in a derived class, writes the XML declaration with the version "1.0" and the standalone attribute.

(継承元 XmlWriter)
WriteStartDocumentAsync()

バージョン "1.0" で XML 宣言を非同期に書き込みます。Asynchronously writes the XML declaration with the version "1.0".

(継承元 XmlWriter)
WriteStartDocumentAsync(Boolean)

バージョン "1.0" とスタントアロン属性を使用して XML 宣言を非同期に書き込みます。Asynchronously writes the XML declaration with the version "1.0" and the standalone attribute.

(継承元 XmlWriter)
WriteStartElement(String)

派生クラスでオーバーライドされると、指定したローカル名の開始タグを書き込みます。When overridden in a derived class, writes out a start tag with the specified local name.

(継承元 XmlWriter)
WriteStartElement(String, String)

派生クラスでオーバーライドされると、指定した開始タグを書き込み、指定した名前空間に関連付けます。When overridden in a derived class, writes the specified start tag and associates it with the given namespace.

(継承元 XmlWriter)
WriteStartElement(String, String, String)

派生クラスでオーバーライドされると、指定した開始タグを書き込み、指定した名前空間とプリフィックスに関連付けます。When overridden in a derived class, writes the specified start tag and associates it with the given namespace and prefix.

(継承元 XmlWriter)
WriteStartElement(String, XmlDictionaryString, XmlDictionaryString)

指定した開始タグを書き込み、指定した名前空間とプレフィックスに関連付けます。Writes the specified start tag and associates it with the given namespace and prefix.

WriteStartElement(XmlDictionaryString, XmlDictionaryString)

指定した開始タグを書き込み、指定した名前空間に関連付けます。Writes the specified start tag and associates it with the given namespace.

WriteStartElementAsync(String, String, String)

指定した開始タグを非同期に書き込み、指定した名前空間とプレフィックスに関連付けます。Asynchronously writes the specified start tag and associates it with the given namespace and prefix.

(継承元 XmlWriter)
WriteString(String)

派生クラスでオーバーライドされると、指定したテキスト内容を書き込みます。When overridden in a derived class, writes the given text content.

(継承元 XmlWriter)
WriteString(XmlDictionaryString)

指定したテキストの内容を書き込みます。Writes the given text content.

WriteStringAsync(String)

指定したテキストの内容を非同期に書き込みます。Asynchronously writes the given text content.

(継承元 XmlWriter)
WriteSurrogateCharEntity(Char, Char)

派生クラスでオーバーライドされると、サロゲート文字ペアのサロゲート文字エンティティを生成し、書き込みます。When overridden in a derived class, generates and writes the surrogate character entity for the surrogate character pair.

(継承元 XmlWriter)
WriteSurrogateCharEntityAsync(Char, Char)

サロゲート文字ペアのサロゲート文字エンティティを非同期に生成して書き込みます。Asynchronously generates and writes the surrogate character entity for the surrogate character pair.

(継承元 XmlWriter)
WriteTextNode(XmlDictionaryReader, Boolean)

XmlDictionaryReader の現在の位置にテキスト ノードを書き込みます。Writes the text node that an XmlDictionaryReader is currently positioned on.

WriteValue(Boolean)

Boolean 値を書き込みます。Writes a Boolean value.

(継承元 XmlWriter)
WriteValue(DateTime)

DateTime 値を書き込みます。Writes a DateTime value.

(継承元 XmlWriter)
WriteValue(DateTimeOffset)

DateTimeOffset 値を書き込みます。Writes a DateTimeOffset value.

(継承元 XmlWriter)
WriteValue(Decimal)

Decimal 値を書き込みます。Writes a Decimal value.

(継承元 XmlWriter)
WriteValue(Double)

Double 値を書き込みます。Writes a Double value.

(継承元 XmlWriter)
WriteValue(Guid)

Guid 値を書き込みます。Writes a Guid value.

WriteValue(Int32)

Int32 値を書き込みます。Writes a Int32 value.

(継承元 XmlWriter)
WriteValue(Int64)

Int64 値を書き込みます。Writes a Int64 value.

(継承元 XmlWriter)
WriteValue(IStreamProvider)

IStreamProvider から値を書き込みます。Writes a value from an IStreamProvider.

WriteValue(Object)

オブジェクト値を書き込みます。Writes the object value.

(継承元 XmlWriter)
WriteValue(Single)

単精度浮動小数点数を書き込みます。Writes a single-precision floating-point number.

(継承元 XmlWriter)
WriteValue(String)

String 値を書き込みます。Writes a String value.

(継承元 XmlWriter)
WriteValue(TimeSpan)

TimeSpan 値を書き込みます。Writes a TimeSpan value.

WriteValue(UniqueId)

一意の ID 値を書き込みます。Writes a Unique Id value.

WriteValue(XmlDictionaryString)

XmlDictionaryString 値を書き込みます。Writes a XmlDictionaryString value.

WriteValueAsync(IStreamProvider)

IStreamProvider の値を非同期に書き込みます。Asynchronously writes a value from an IStreamProvider.

WriteWhitespace(String)

派生クラスでオーバーライドされると、指定した空白を書き込みます。When overridden in a derived class, writes out the given white space.

(継承元 XmlWriter)
WriteWhitespaceAsync(String)

指定した空白を非同期に書き込みます。Asynchronously writes out the given white space.

(継承元 XmlWriter)
WriteXmlAttribute(String, String)

現在のノードに標準 XML 属性を書き込みます。Writes a standard XML attribute in the current node.

WriteXmlAttribute(XmlDictionaryString, XmlDictionaryString)

現在のノードに XML 属性を書き込みます。Writes an XML attribute in the current node.

WriteXmlnsAttribute(String, String)

名前空間の宣言属性を書き込みます。Writes a namespace declaration attribute.

WriteXmlnsAttribute(String, XmlDictionaryString)

名前空間の宣言属性を書き込みます。Writes a namespace declaration attribute.

明示的なインターフェイスの実装

IDisposable.Dispose()

このメンバーの詳細については、「Dispose()」をご覧ください。For a description of this member, see Dispose().

(継承元 XmlWriter)

適用対象