XmlDocument.BaseURI XmlDocument.BaseURI XmlDocument.BaseURI XmlDocument.BaseURI Property

定義

現在のノードのベース URI を取得します。Gets the base URI of the current node.

public:
 virtual property System::String ^ BaseURI { System::String ^ get(); };
public override string BaseURI { get; }
member this.BaseURI : string
Public Overrides ReadOnly Property BaseURI As String

プロパティ値

読み込まれたノードの読み込み元の場所。The location from which the node was loaded.

注釈

ネットワークに接続された XML ドキュメントでは、さまざまな W3C 標準包含メカニズムを使用して集計されたデータのチャンクはで構成され、したがって異なる場所から取得したノードが含まれます。A networked XML document is comprised of chunks of data aggregated using various W3C standard inclusion mechanisms and therefore contains nodes that come from different places. BaseURIからこれらのノードが付属していたかがわかります。The BaseURI tells you where these nodes came from.

ドキュメントのノードのBaseURIXML ドキュメントの場所を返します。For Document nodes, BaseURI returns the location of the XML document. たとえば場合、 XmlDocument 、次の呼び出しを使用して読み込まれたdoc.Load("http://server/mydata.xml")BaseURIドキュメント ノードはhttp://server/mydata.xmlします。For example, if the XmlDocument was loaded using the following call doc.Load("http://server/mydata.xml"), the BaseURI for the document node is http://server/mydata.xml. ただし場合、Loadメソッドがサーバーによって別の URI にリダイレクトされるBaseURIに渡される元の URI を返します、Loadメソッド。However, if the Load method is redirected by server to a different URI, BaseURI returns the original URI passed to the Load method.

このプロパティは、ドキュメント オブジェクト モデル (DOM) の Microsoft 拡張機能です。This property is a Microsoft extension to the Document Object Model (DOM). に関する追加情報についてBaseURIに他のノード タイプに、動作方法を参照してくださいとXmlNode.BaseURIします。For additional information on BaseURI and how it behaves with other node types, see XmlNode.BaseURI.

適用対象