XmlDocument.NameTable XmlDocument.NameTable XmlDocument.NameTable XmlDocument.NameTable Property

定義

この実装に関連付けられている XmlNameTable を取得します。Gets the XmlNameTable associated with this implementation.

public:
 property System::Xml::XmlNameTable ^ NameTable { System::Xml::XmlNameTable ^ get(); };
public System.Xml.XmlNameTable NameTable { get; }
member this.NameTable : System.Xml.XmlNameTable
Public ReadOnly Property NameTable As XmlNameTable

プロパティ値

ドキュメント内の最小単位に分割された文字列を取得できる XmlNameTableAn XmlNameTable enabling you to get the atomized version of a string within the document.

注釈

XmlDocumentオブジェクトにはNameTable 、オブジェクトがあります。Each XmlDocument object has a NameTable object. 要素名と属性名は、最小NameTable単位に分割された文字列としてに格納されます。Element and attribute names are stored in the NameTable as atomized strings. これは、ドキュメント内で名前が複数回参照されている場合でも、 NameTableに1回だけ格納されることを意味します。This means that even if a name is referenced in the document multiple times it is stored only once in the NameTable. たとえば、ドキュメントに "Customer" という名前の要素が複数ある場合NameTable 、は、その名前の要求を受信するたびに同じオブジェクトを返します。For example, if the document had multiple elements with the name "Customer", NameTable returns the same object whenever it receives a request for that name. その結果、ユーザーは、コストのかかる文字列比較ではなく、これらの文字列のオブジェクト比較を使用してコードを記述できます。As a result, users can write code using object comparisons on these strings rather than the more expensive string comparisons.

最小単位に分割された文字列の詳細については、XmlNameTable のトピックを参照してください。For more information on atomized strings, see XmlNameTable.

このメソッドは、ドキュメントオブジェクトモデル (DOM) の Microsoft 拡張機能です。This method is a Microsoft extension to the Document Object Model (DOM).

適用対象

こちらもご覧ください