XmlNode.BaseURI XmlNode.BaseURI XmlNode.BaseURI XmlNode.BaseURI Property

定義

現在のノードのベース URI を取得します。Gets the base URI of the current node.

public:
 virtual property System::String ^ BaseURI { System::String ^ get(); };
public virtual string BaseURI { get; }
member this.BaseURI : string
Public Overridable ReadOnly Property BaseURI As String

プロパティ値

ノードの読み込み元の場所。ノードにベース URI がない場合は String.Empty。The location from which the node was loaded or String.Empty if the node has no base URI.

注釈

ネットワークに接続された XML ドキュメントでは、さまざまな W3C 標準包含メカニズムを使用して集計されたデータのチャンクはで構成され、したがって異なる場所から取得したノードが含まれます。A networked XML document is comprised of chunks of data aggregated using various W3C standard inclusion mechanisms and therefore contains nodes that come from different places. BaseURIからこれらのノードが付属していたかがわかります。The BaseURI tells you where these nodes came from.

このプロパティの値は、ノードの種類によって異なります。The value of this property varies depending on the node type. たとえば、ドキュメント ノードがの場所を返す、XmlDocumentオブジェクト。For example, Document nodes return the location of the XmlDocument object. 外部の EntityReference ノードの子ノードであるノードでは、エンティティ自体の場所を返します。Nodes which are child nodes of external EntityReference nodes return the location of the entity itself. たとえば、次の XML ドキュメントがあるとします。For example, consider the following XML document:

<!DOCTYPE item [  
<!ENTITY xyz SYSTEM "a/b.xml">  
]>  
<item num='123'>&xyz;</item>  

外部エンティティa/b.xmlXML テキストが含まれています:<test>123</test>します。where the external entity a/b.xml contains the XML text: <test>123</test>.

ドキュメントが読み込まれた場合http://server/mydata.xmlBaseURIは以下を返します。If the document is loaded from http://server/mydata.xml, BaseURI returns the following:

ノード型NodeType nameName BaseURIBaseURI
属性Attribute numnum http://server/mydata.xml
ドキュメントDocument #document#document http://server/mydata.xml
DocumentTypeDocumentType 項目item http://server/mydata.xml
エンティティEntity xyzxyz http://server/mydata.xml
要素Element 項目item http://server/mydata.xml
EntityReferenceEntityReference xyzxyz http://server/mydata.xml
要素Element テストtest http://server/a/b.xml
テキストText #text#text http://server/a/b.xml

BaseURI エンティティを検索が境界を参照エンティティが展開されている場合は、この情報は保持されませんしの場所を返します、XmlDocumentのすべてのケース内のオブジェクト。BaseURI looks for entity reference boundaries, so if entities are expanded this information is not preserved and this property returns the location of the XmlDocument object in all cases.

2 番目の例としては、次の XML ドキュメントを考えてみます。As a second example, given the following XML document:

<!DOCTYPE Mydata SYSTEM "http://localhost/doctype.dtd">  
<baa>&xyz;</baa>  

DTD ファイルに次が含まれています。where the DTD file contains the following:

<!ENTITY xyz <E1>My Data</E1>  
<!ELEMENT baa #PCDATA>  
<!ATTLIST baa attr1 "woof">  

XML ドキュメントが読み込まれた場合http://localhost/mydata.xml、BaseURIは以下の各ノードを返します。If the XML document is loaded from http://localhost/mydata.xml, BaseURI returns the following for each of the nodes:

ノード型NodeType nameName BaseURIBaseURI
ドキュメントDocument #document#document http://localhost/mydata.xml
DocumentTypeDocumentType MydataMydata http://localhost/mydata.xml

XmlDocumentType.SystemIdまたはXmlDocumentType.PublicIdプロパティは、DTD ファイルがから読み込まれたかを識別するために使用できます。The XmlDocumentType.SystemId or XmlDocumentType.PublicId properties can be used to identify where the DTD file was loaded from.
要素Element baabaa http://localhost/mydata.xml
エンティティEntity xyzxyz http://localhost/doctype.dtd
EntityReferenceEntityReference xyzxyz http://localhost/mydata.xml
属性Attribute woofwoof http://localhost/mydata.xml

注意

既定の属性のベース URI は、所属する要素のベース URI の場合と同じです。The base URI of a default attribute is the same as the base URI of the element to which they belong.

このプロパティは、ドキュメント オブジェクト モデル (DOM) の Microsoft 拡張機能です。This property is a Microsoft extension to the Document Object Model (DOM).

適用対象