XmlNode.Normalize XmlNode.Normalize XmlNode.Normalize XmlNode.Normalize Method

定義

この XmlNode の一番下のサブツリーまで含め、すべての XmlText ノードをマークアップ (タグ、コメント、処理命令、CDATA セクション、およびエンティティ参照) だけが XmlText ノードを区分する "通常の" 書式にします。したがって、隣接する XmlText ノードはありません。Puts all XmlText nodes in the full depth of the sub-tree underneath this XmlNode into a "normal" form where only markup (that is, tags, comments, processing instructions, CDATA sections, and entity references) separates XmlText nodes, that is, there are no adjacent XmlText nodes.

public:
 virtual void Normalize();
public virtual void Normalize ();
abstract member Normalize : unit -> unit
override this.Normalize : unit -> unit
Public Overridable Sub Normalize ()

注釈

このメソッドは、ドキュメントの DOM のビューが同じである場合に、保存してから再度読み込まれると、確実に使用できます (XPointer 参照) など特定のドキュメントのツリー構造に依存する操作が使用されるときに便利です。This method can be used to ensure that the DOM view of a document is the same as if it were saved and re-loaded, and is useful when operations (such as XPointer lookups) that depend on a particular document tree structure are to be used.

適用対象