XmlReader.BaseURI XmlReader.BaseURI XmlReader.BaseURI XmlReader.BaseURI Property

定義

派生クラスでオーバーライドされると、現在のノードのベース URI を取得します。When overridden in a derived class, gets the base URI of the current node.

public:
 abstract property System::String ^ BaseURI { System::String ^ get(); };
public abstract string BaseURI { get; }
member this.BaseURI : string
Public MustOverride ReadOnly Property BaseURI As String

プロパティ値

現在のノードのベース URI。The base URI of the current node.

例外

先行の非同期操作が完了する前に、XmlReader メソッドが呼び出されました。An XmlReader method was called before a previous asynchronous operation finished. この場合、「非同期操作が既に実行されています」というメッセージと共に InvalidOperationException がスローされます。In this case, InvalidOperationException is thrown with the message "An asynchronous operation is already in progress."

注釈

ネットワークに接続された XML ドキュメントは、さまざまな W3C 標準包含機構を使用して集計されたデータのチャンクで構成されるため、さまざまな場所からのノードが含まれます。A networked XML document is comprised of chunks of data aggregated using various W3C standard inclusion mechanisms and therefore contains nodes that come from different places. DTD エンティティはこのような例ですが、これは Dtd に限定されません。DTD entities are an example of this, but this is not limited to DTDs. ベース URI は、これらのノードがどこから来たかを示します。The base URI tells you where these nodes came from. 返されるノードのベース URI がない場合 (たとえば、メモリ内の文字列から解析された場合)、 String.Emptyが返されます。If there is no base URI for the nodes being returned (for example, they were parsed from an in-memory string), String.Empty is returned.

適用対象