XmlReader.NameTable プロパティ

定義

派生クラスでオーバーライドされると、この実装に関連付けられている XmlNameTable を取得します。When overridden in a derived class, gets the XmlNameTable associated with this implementation.

public:
 abstract property System::Xml::XmlNameTable ^ NameTable { System::Xml::XmlNameTable ^ get(); };
public abstract System.Xml.XmlNameTable NameTable { get; }
member this.NameTable : System.Xml.XmlNameTable
Public MustOverride ReadOnly Property NameTable As XmlNameTable

プロパティ値

XmlNameTable

ノード内の最小単位に分割された文字列を取得できる XmlNameTableThe XmlNameTable enabling you to get the atomized version of a string within the node.

例外

先行の非同期操作が完了する前に、XmlReader メソッドが呼び出されました。An XmlReader method was called before a previous asynchronous operation finished. この場合、「非同期操作が既に実行されています」というメッセージと共に InvalidOperationException がスローされます。In this case, InvalidOperationException is thrown with the message "An asynchronous operation is already in progress."

注釈

から返されるすべてのノード名と属性名 XmlReader は、を使用して最小化され NameTable ます。All node and attribute names returned from XmlReader are atomized using the NameTable. 同じ名前が複数回返された場合 (たとえば、 Customer )、 String その名前に対して同じオブジェクトが返されます。When the same name is returned multiple times (for example, Customer), then the same String object will be returned for that name. これにより、コストの高い文字列比較ではなく、これらの文字列に対してオブジェクトの比較を実行する効率的なコードを記述できるようになります。This makes it possible for you to write efficient code that does object comparisons on these strings instead of expensive string comparisons.

適用対象

こちらもご覧ください