XmlReader.ReadContentAsObject XmlReader.ReadContentAsObject XmlReader.ReadContentAsObject XmlReader.ReadContentAsObject Method

定義

現在の位置でテキスト コンテンツを Object として読み取ります。Reads the text content at the current position as an Object.

public:
 virtual System::Object ^ ReadContentAsObject();
public virtual object ReadContentAsObject ();
abstract member ReadContentAsObject : unit -> obj
override this.ReadContentAsObject : unit -> obj
Public Overridable Function ReadContentAsObject () As Object

戻り値

最も適切な共通言語ランタイム (CLR) オブジェクトとしてのテキストの内容。The text content as the most appropriate common language runtime (CLR) object.

例外

試行されたキャストが無効です。The attempted cast is not valid.

文字列書式が無効です。The string format is not valid.

先行の非同期操作が完了する前に、XmlReader メソッドが呼び出されました。An XmlReader method was called before a previous asynchronous operation finished. この場合、「非同期操作が既に実行されています」というメッセージと共に InvalidOperationException がスローされます。In this case, InvalidOperationException is thrown with the message "An asynchronous operation is already in progress."

注釈

このメソッドは、テキスト、空白、有意の空白、および CDATA セクションを連結し、コメントや処理命令をスキップします。This method concatenates text, white space, significant white space, and CDATA sections, and skips any comments or processing instructions. エンティティ参照は自動的に解決されます。Entity references are automatically resolved.

コンテンツが型指定されている場合、リーダーは、 ValueTypeプロパティで指定された最も適切な型のボックス化された CLR を返します。If the content is typed, the reader returns a boxed CLR of the most appropriate type, specified by the ValueType property. コンテンツがリスト型の場合、リーダーは適切な型のボックス化されたオブジェクトの配列を返します。If the content is a list type, the reader returns an array of boxed objects of the appropriate type.

注意

コンテンツの解析中に検証エラーが発生し、リーダーがXmlReader Createメソッドによって作成されたオブジェクトである場合、リーダーはコンテンツを文字列として返します。If a validation error occurs while parsing the content and the reader is an XmlReader object created by the Create method, the reader returns the content as a string. つまり、検証エラーまたは警告が発生した場合、コンテンツは型指定されていないと見なされます。In other words when a validation error or warning occurs, the content is considered to be untyped.

コンテンツが型指定されていない場合、リーダーはコンテンツを文字列として返します。If the content is not typed, the reader returns the content as a string.

次の表では、このメソッドが各ノード型を処理する方法について説明します。The following table describes how this method treats each node type.

XmlNodeTypeXmlNodeType 戻り値Return value リーダーの動作Reader behavior
Text

CDATA

Whitespace

SignificantWhitespace

EntityReference

EndEntity
テキストの連結されたコンテンツ、CDATA、空白、および有意の空白のノードが指定された型に変換されます。Concatenated content of text, CDATA, white space and significant white space nodes converted to the requested type. 次の要素開始タグまたは要素終了タグに移動します。Moves to the next start element or end element tag. エンティティ参照は自動的に展開されます。Entity references are automatically expanded.
Attribute 属性値にXmlConvert.ToXxx対してを呼び出す場合と同じです。Same as calling XmlConvert.ToXxx on the attribute value. リーダーは現在の位置に残りますThe reader remains in the current position
Comment

ProcessingInstruction
処理命令 (PI) またはコメントは無視し、PI またはコメントに続く連結されたテキスト コンテンツを読みます。Ignores the processing instruction (PI) or comment and reads the concatenated text content that follows the PI or comment. 次の要素開始タグまたは要素終了タグに移動します。Moves to the next start element or end element tag. エンティティ参照は自動的に展開されます。Entity references are automatically expanded.
EndElement リーダーがスキーマ検証リーダー (ValidationTypeがにSchema設定されている場合) の場合は要素の値。それ以外の場合は空の文字列。The value of the element if the reader is a schema validating reader (ValidationType is set to Schema); otherwise an empty string. リーダは現在の位置に留まります。The reader remains in the current position.
Element

XmlDeclaration

None

Document

DocumentType

Notation

Entity

DocumentFragment
InvalidOperationException がスローされます。An InvalidOperationException is thrown. 未定義。ただし、リーダーは通常、現在の位置に留まります。Undefined, although typically the reader remains in the current position.

詳細については、 XmlReaderリファレンスページの「解説」 と W3C XML Schema Part 2 を参照してください。データ型の推奨。For more information, see the Remarks section of the XmlReader reference page and the W3C XML Schema Part 2: Datatypes recommendation.

このメソッドの非同期バージョンについてはReadContentAsObjectAsync、「」を参照してください。For the asynchronous version of this method, see ReadContentAsObjectAsync.

適用対象