XmlReader.Settings プロパティ

定義

この XmlReader インスタンスを作成するために使用された XmlReaderSettings オブジェクトを取得します。Gets the XmlReaderSettings object used to create this XmlReader instance.

public:
 virtual property System::Xml::XmlReaderSettings ^ Settings { System::Xml::XmlReaderSettings ^ get(); };
public virtual System.Xml.XmlReaderSettings Settings { get; }
public virtual System.Xml.XmlReaderSettings? Settings { get; }
member this.Settings : System.Xml.XmlReaderSettings
Public Overridable ReadOnly Property Settings As XmlReaderSettings

プロパティ値

XmlReaderSettings

このリーダーのインスタンスを作成するために使用した XmlReaderSettings オブジェクト。The XmlReaderSettings object used to create this reader instance. Create メソッドを使用しないでこのリーダーを作成した場合、このプロパティは null を返します。If this reader was not created using the Create method, this property returns null.

例外

先行の非同期操作が完了する前に、XmlReader メソッドが呼び出されました。An XmlReader method was called before a previous asynchronous operation finished. この場合、「非同期操作が既に実行されています」というメッセージと共に InvalidOperationException がスローされます。In this case, InvalidOperationException is thrown with the message "An asynchronous operation is already in progress."

注釈

重要

オブジェクトには、ユーザーの資格情報などの XmlReaderSettings 機密情報を含めることができます。The XmlReaderSettings object can contain sensitive information such as user credentials. このオブジェクトをキャッシュする場合、または別のコンポーネントに渡す場合は、アプリケーションに注意する必要があります。Applications must be careful when caching this object or passing it to another component.

クラスは、 XmlReaderSettings 作成されたリーダーインスタンスでサポートする一連の機能を指定するために使用されます。The XmlReaderSettings class is used to specify the set of features to support on the created reader instance. XmlReaderSettingsこのプロパティによって返されたオブジェクトは変更できません。The XmlReaderSettings object returned by this property cannot be modified. 個々の設定を変更しようとすると、例外がスローされます。Any attempt to change individual settings results in an exception being thrown.

適用対象