XmlResolver.Credentials プロパティ

定義

派生クラスでオーバーライドされると、Web 要求を認証するために使用する資格情報を設定します。

public:
 virtual property System::Net::ICredentials ^ Credentials {  void set(System::Net::ICredentials ^ value); };
public:
 abstract property System::Net::ICredentials ^ Credentials {  void set(System::Net::ICredentials ^ value); };
public virtual System.Net.ICredentials Credentials { set; }
public abstract System.Net.ICredentials Credentials { set; }
member this.Credentials : System.Net.ICredentials
Public Overridable Property Credentials As ICredentials
Public MustOverride Property Credentials As ICredentials

プロパティ値

ICredentials

Web 要求を認証するために使用する資格情報。 このプロパティが設定されていない場合、既定値は null です。つまり、XmlResolver にはユーザーの資格情報がありません。

XmlUrlResolver.Credentialsこのプロパティを使用する例については、「」を参照してください。

注釈

仮想ディレクトリが認証を必要としない場合、このプロパティを設定する必要はありません。 それ以外の場合は、ユーザーの資格情報を指定する必要があります。

次の C# コードは、オブジェクトの資格情報を設定し XmlResolver ます。

NetworkCredential nc = new NetworkCredential(UserName, SecurelyStoredPassword, Domain);  
XmlUrlResolver resolver = new XmlUrlResolver();  
resolver.Credentials = nc;  

異なる Uri に異なる資格情報を関連付け、キャッシュに追加することができます。 その後、資格情報を使用して、XML の元のソースに関係なく、異なる Uri の認証を確認することができます。

NetworkCredential myCred = new NetworkCredential(UserName, SecurelyStoredPassword, Domain);   
CredentialCache myCache = new CredentialCache();   
myCache.Add(new Uri("http://www.contoso.com/"), "Basic", myCred);   
myCache.Add(new Uri("http://app.contoso.com/"), "Basic", myCred);  
XmlUrlResolver resolver = new XmlUrlResolver();  
resolver.Credentials = myCache;  

適用対象

こちらもご覧ください