XmlTextWriter コンストラクター

定義

XmlTextWriter クラスのインスタンスを作成します。Creates an instance of the XmlTextWriter class.

オーバーロード

XmlTextWriter(TextWriter)

指定した TextWriter を使用して XmlTextWriter クラスのインスタンスを作成します。Creates an instance of the XmlTextWriter class using the specified TextWriter.

XmlTextWriter(Stream, Encoding)

指定したストリームおよびエンコーディングを使用して、XmlTextWriter クラスのインスタンスを作成します。Creates an instance of the XmlTextWriter class using the specified stream and encoding.

XmlTextWriter(String, Encoding)

指定したファイルを使用して XmlTextWriter クラスのインスタンスを作成します。Creates an instance of the XmlTextWriter class using the specified file.

注釈

注意

.NET Framework 2.0 以降では、新しい機能を利用するXmlWriterために、 XmlWriter.CreateメソッドとXmlWriterSettingsクラスを使用してインスタンスを作成することをお勧めします。Starting with the .NET Framework 2.0, we recommend that you create XmlWriter instances by using the XmlWriter.Create method and the XmlWriterSettings class to take advantage of new functionality.

XmlTextWriter(TextWriter)

指定した TextWriter を使用して XmlTextWriter クラスのインスタンスを作成します。Creates an instance of the XmlTextWriter class using the specified TextWriter.

public:
 XmlTextWriter(System::IO::TextWriter ^ w);
public XmlTextWriter (System.IO.TextWriter w);
new System.Xml.XmlTextWriter : System.IO.TextWriter -> System.Xml.XmlTextWriter
Public Sub New (w As TextWriter)

パラメーター

w
TextWriter

書き込み先の TextWriterThe TextWriter to write to. TextWriter が既に正しいエンコーディングに設定されていることを前提にしています。It is assumed that the TextWriter is already set to the correct encoding.

注釈

注意

.NET Framework 2.0 以降では、新しい機能を利用するXmlWriterために、 XmlWriter.CreateメソッドとXmlWriterSettingsクラスを使用してインスタンスを作成することをお勧めします。Starting with the .NET Framework 2.0, we recommend that you create XmlWriter instances by using the XmlWriter.Create method and the XmlWriterSettings class to take advantage of new functionality.

XmlTextWriter(Stream, Encoding)

指定したストリームおよびエンコーディングを使用して、XmlTextWriter クラスのインスタンスを作成します。Creates an instance of the XmlTextWriter class using the specified stream and encoding.

public:
 XmlTextWriter(System::IO::Stream ^ w, System::Text::Encoding ^ encoding);
public XmlTextWriter (System.IO.Stream w, System.Text.Encoding encoding);
new System.Xml.XmlTextWriter : System.IO.Stream * System.Text.Encoding -> System.Xml.XmlTextWriter

パラメーター

w
Stream

書き込み先のストリーム。The stream to which you want to write.

encoding
Encoding

生成するエンコーディング。The encoding to generate. エンコーディングが null の場合は、ストリームを UTF-8 として書き込み、ProcessingInstruction からエンコーディング属性を省略します。If encoding is null it writes out the stream as UTF-8 and omits the encoding attribute from the ProcessingInstruction.

例外

エンコーディングがサポートされていないか、ストリームに書き込むことができません。The encoding is not supported or the stream cannot be written to.

wnullです。w is null.

注釈

注意

.NET Framework 2.0 以降では、新しい機能を利用するXmlWriterために、 XmlWriter.CreateメソッドとXmlWriterSettingsクラスを使用してインスタンスを作成することをお勧めします。Starting with the .NET Framework 2.0, we recommend that you create XmlWriter instances by using the XmlWriter.Create method and the XmlWriterSettings class to take advantage of new functionality.

XmlTextWriter(String, Encoding)

指定したファイルを使用して XmlTextWriter クラスのインスタンスを作成します。Creates an instance of the XmlTextWriter class using the specified file.

public:
 XmlTextWriter(System::String ^ filename, System::Text::Encoding ^ encoding);
public XmlTextWriter (string filename, System.Text.Encoding encoding);
new System.Xml.XmlTextWriter : string * System.Text.Encoding -> System.Xml.XmlTextWriter

パラメーター

filename
String

書き込むファイル名。The filename to write to. ファイルが存在する場合は、ファイルを切り詰め、新しい内容で上書きします。If the file exists, it truncates it and overwrites it with the new content.

encoding
Encoding

生成するエンコーディング。The encoding to generate. エンコーディングが null の場合は、ファイルを UTF-8 として書き込み、ProcessingInstruction からエンコーディング属性を省略します。If encoding is null it writes the file out as UTF-8, and omits the encoding attribute from the ProcessingInstruction.

例外

エンコーディングがサポートされていません。ファイル名が空で、空白しか含んでいないか、無効な文字を 1 つ以上含んでいます。The encoding is not supported; the filename is empty, contains only white space, or contains one or more invalid characters.

アクセスが拒否されました。Access is denied.

ファイル名が null です。The filename is null.

書き込むディレクトリが見つかりません。The directory to write to is not found.

ファイル名には、ファイル名、ディレクトリ名、またはボリューム ラベルの不正な構文または無効な構文が含まれています。The filename includes an incorrect or invalid syntax for file name, directory name, or volume label syntax.

呼び出し元に、必要なアクセス許可がありません。The caller does not have the required permission.

注釈

注意

.NET Framework 2.0 以降では、新しい機能を利用するXmlWriterために、 XmlWriter.CreateメソッドとXmlWriterSettingsクラスを使用してインスタンスを作成することをお勧めします。Starting with the .NET Framework 2.0, we recommend that you create XmlWriter instances by using the XmlWriter.Create method and the XmlWriterSettings class to take advantage of new functionality.

適用対象