XmlTextWriter.BaseStream プロパティ

定義

基になるストリーム オブジェクトを取得します。Gets the underlying stream object.

public:
 property System::IO::Stream ^ BaseStream { System::IO::Stream ^ get(); };
public System.IO.Stream BaseStream { get; }
member this.BaseStream : System.IO.Stream
Public ReadOnly Property BaseStream As Stream

プロパティ値

XmlTextWriter の書き込み先のストリーム。TextWriter クラスから継承されない StreamWriter を使用して null が構築された場合は XmlTextWriterThe stream to which the XmlTextWriter is writing or null if the XmlTextWriter was constructed using a TextWriter that does not inherit from the StreamWriter class.

注釈

注意

.NET Framework 2.0 以降では、新しい機能を利用するXmlWriterために、 XmlWriter.CreateメソッドとXmlWriterSettingsクラスを使用してインスタンスを作成することをお勧めします。Starting with the .NET Framework 2.0, we recommend that you create XmlWriter instances by using the XmlWriter.Create method and the XmlWriterSettings class to take advantage of new functionality.

クラスから派生したをTextWriter使用してライターを構築した場合、このStreamWriter.BaseStreamプロパティはプロパティと同じになります。 StreamWriterIf the writer was constructed using a TextWriter that is derived from the StreamWriter class, this property is equivalent to the StreamWriter.BaseStream property. ライターがをStream使用して構築された場合、 Streamこのプロパティはコンストラクターに渡されたを返します。If the writer was constructed using a Stream, this property returns the Stream passed to the constructor. ファイル名を使用してライターが構築された場合、 Streamこのプロパティはファイルを表すを返します。If the writer was constructed using a file name, this property returns the Stream representing the file.

適用対象